スノーボードの必需品であるゴーグル

つい不要では?と思われがちなアイテムですが、しっかりしたゴーグルを選ばないと、あとで必ず後悔することになってしまうので、自分にあったゴーグルを選ぶのが大切です。

Sponsored Link

「機能性の高いゴーグル=ブランドのゴーグル」と位置つけるには少し強引かもしれませんが、やはりブランドのゴーグルには、お値段に見合った機能性を与えてくれるのも事実!

雪山という普段とはまったく違う世界で、傾斜を勢いよく滑っていくスポーツがスノーボードですので、しっかり機能性+おしゃれなデザインのゴーグルを選ぶという点では、やはりブランドのゴーグルがおすすめです。

では「どのような物を選べばいいのか?」「どこのブランドがいいのか?」「自分に合うゴーグルを選ぶにはどうすればいいのか?」など、気になる点をしっかり解説!

今回はスノーボードのゴーグルで人気ブランド15選!選び方からレディースにおすすめのブランドも紹介していきます。

スノーボードにゴーグルは必要なのか?

スノーボードにゴーグルは必要なのか?

参照元URL:https://ranking.goo.ne.jp/

スノーボードには、本当にゴーグルは必要なのか?という声を聞きますが、これは間違いなく必要なアイテムです!!

「吹雪いた時には必要だと思うけど、天気がいい日は必要ないのでは?」と感じる方もいます。実際ゲレンデでも、天気のいい日はゴーグルを付けずに滑っている方もいますが、これは事故防止の観点から見ても間違い!

スノーボードのゴーグルでレディースにおすすめ

参照元URL:https://dmksnowboard.com/

傾斜を滑っていくので、滑り出しと比べてどんどんスピードも上がっていきますので、当然、目を開いた状態が難しくなってきますね。ゴーグルは風の防止にもなりますので、スピードが出ていても目を開けた状態が継続できます。

また女性にとっては天敵である紫外線対策も!

雪山では真夏並みの紫外線量がありますので、UV加工がしっかりしたゴーグルを選ぶことで、目を保護する事ができるんです。

そしてスポーツする上で大事なのが怪我をしない事!

滑走中に転けた時、他の人と接触した時、木や障害物にぶつかった時など、目が丸裸の状態に比べると、少しでも衝撃を抑えてくれます。

スノーボードゴーグルのメリット
  • 良好な視界確保
  • 紫外線対策
  • 目の保護
Sponsored Link

スノーボード用ゴーグルの選び方!

自分にぴったりのゴーグルを見つける為に何を注意をすればいいのか?

店頭やネットで検索して見てもたくさんの種類がありますので、自分にどれがいいのか?と悩んでしまいますよね。

せっかくいいゴーグルを購入しても、自分に合っていなければゴーグルのよさも半減>_<。

隙間から風が入ってきたり、レンズのカラーで逆に見にくい状態になってしまう事もありますので、しっかり正しい選び方を把握し、自分にぴったりなゴーグルを見つけるヒントにしてください。

それではスノーボード用ゴーグルの選び方を紹介していきます。

フィット感をチェック!!

スノーボード用ゴーグルの選び方:フィット感をチェック!!

参照元URL:https://www.ocstyle.jp/

どれだけ可愛いく機能性が高いゴーグルでも、自分の輪郭に合ったゴーグルを選ばないと意味がありません。

ゴーグルを付けた時、ゴーグルの内側のスポンジと自分の頬と鼻がぴったりフィットいていることが大切です。

スノーボードを楽しむ上で欠かせないのが視界です。フィット感を大事にすることで無駄なストレスを軽減し、安全に楽しむことができますよ。

スノーボードゴーグルのメリット
  • ゴーグルの内側のくもり軽減
  • 滑走時や強風時の目の乾燥防止
  • ゴーグル内への雪の侵入防止

国内ブランドとJAPAN FITモデルを選ぶ

スノーボード用ゴーグルの選び方:国内ブランドとJAPAN FITモデルを選ぶ

参照元URL:https://www.focusing-therapy.com/

こちらはフィット感を求める時に役立つ事ですが、ゴーグルのブランドだけでも国内外合わせてたくさんありますので、その中から自分にあったゴーグルを選ぶのは大変ですね。

そこで自分にぴったりなゴーグルを探すヒントになるのが、国内ブランド海外ブランドのJAPAN FITモデル(ASIAN FIT)からチェックしてみてください。

国内ブランドは日本人向けに作られているので、自分にフィットしやすいのが見つかりやすいです。

注意なのが海外ブランド!

ゴーグルの多くはアメリカなどの海外ブランドになりますので、鼻の高さや骨格が欧米人に合わせて作られています。

そこでこういった部分をカバーしてくれるのが、海外ブランドの中でもJAPAN FITモデル。

鼻の低い日本人に合いやすいようにゴーグルのスポンジが作り替えられていますよ。

国産の代表的ブランド
  • SWANS(スワンズ)
  • DICE(ダイス)
JAPAN FITの代表的な海外ブランド
  • DRAGON(ドラゴン)
  • OAKLEY(オークリー)
  • SMITH(スミス)

ダブルレンジなのかをチェック!

スノーボード用ゴーグルの選び方:ダブルレンジなのかをチェック!

参照元URL:https://smithjapan.co.jp/

ゴーグルのレンズには、1枚レンズとダブルレンズが存在しますが、選ぶならダブルレンズ。

レンズが2枚ある事で外側と内側に分ける事ができますね。つまり内側のレンズは外気に触れる事がないので、レンズのくもり止め防止になってくれます。

現在販売されているブランドのゴーグルにはダブルレンズがほぼ採用されていますので、そこまで意識する必要はないですが、稀に1枚の時もありますので、覚えておくと便利ですよ。

レンズの形をチェック!

スノーボード用ゴーグルの選び方:フィットレンズの形をチェック!

参照元URL:https://www.tanabesports.com/

スノーボード用のグゴーグルは、各ブランドが共通して、「平面レンズ」と「球面レンズ」の2種類があります。

平面レンズ

  • レンズが平になっている
  • レンズがやわらかく曲がりやすくフィットしやすい
  • 目とレンズの距離が近く視界の歪みが少ない
  • 球面レンズに比べると強度は弱い

球面レンズ

  • レンズに丸みがある
  • レンズは硬めで曲がりずらい
  • 平面レンズより強度は強い
  • 眼球と形が同じく湾曲しているので視点が合いやすい
結果

2つの種類があるのでどちらがいいの?となりますが、正解は、あなたの好きなデザインでOKなんです。

現在ではレンズの技術も発達しているので、お互いのメリットデメリットをしっかりカバーしているので、どちらも使いやすいですよ。

Sponsored Link

レンズの種類(偏向レンズと調光レンズ)の違い

偏向レンズ

スノーボード用ゴーグルの選び方:偏向レンズ

参照元URL:https://www.tanabesports.com/

雪山では太陽からの光が雪面に乱反射して、さまざまな方向の光がでてしまいます。

何もないレンズで滑走すると、雪面が眩しく、凸凹の斜面が見づらくなりとても危ないですね。

偏向レンズであれば、乱反射されて光の中で、不要な方向の成分のみを遮断してくれるので、画像の様にしっかり斜面を見ることができますよ。

結果

晴天時には大活躍!視界を良好にしてくれます。

調光レンズ

スノーボード用ゴーグルの選び方:調光レンズ

参照元URL:https://www.tanabesports.com/

どんな天気にも対応してくれるのが調光レンズです。

紫外線量に反応してレンズの明るさを変化させてくれるので、紫外線量が多いとレンズカラーが濃くなり、紫外線量が少ないとレンズカラーは薄くなることでレンジを明るくしてくれます。

結果

どんな天気にも対応の万能型!

降雪、降雨、雨天と、幅広く天候に合わせてレンズの明るさを自動調整をしてくれます。

可視光線透過率(VLT)をチェック!

スノーボード用ゴーグルの選び方:フィット光線透過率(VLT)をチェック!

参照元URL:https://www.tanabesports.com/

ゴーグルに必ず記載されているのが可視光線透過率です。

「レンズの外側から内側に入ってくる光の量を%で表した数値」になりますが、簡単に説明すると、どのくらい眩しいかを表しています。

数値が0%に近い程まったく光が入ってこず100%に近いほど光が目に届くという感じです。

つまり外の天気に合わせて決めると、より視界がクリアになり、快適な滑走が楽しめますよ。

選ぶ際の目安
  • 晴天用:15%前後
  • 曇り用:45%前後
  • ナイター用:90%前後
  • 晴天〜曇り日用:50%前後

◆選ぶレンズの色で明るさの感じ方は変わりますので、レンズ選びの目安に使ってください。

レンズの色の違いを把握しよう!!

スノーボード用ゴーグルの選び方:レンズの色の違いを把握しよう!!

参照元URL:https://www.tanabesports.com/

ゴーグルを選ぶ点で大事なくもり止め防止と並んで大切なのが、視界を左右するレンズの色です。

レンズは天候によって大きく左右されるので、天気と相性のいいレンズの色を知っておくのは大切ですよ。

オールマイティな定番カラー:オレンジ系とピンク系

晴天時から降雪時まで対応している定番カラーで、幅広く初心者にもおすすめの色ですよ。

ピンク系のレンズの方が少し明るいのが特徴ですが、、日本では曇りや降雪が多いので、ピンク系レンズを選ぶのがベターですよ。

快晴向けレンズ:ミラー系

ミラー系は光を反射してレンズ内に入る光を調整してくれるので、快晴時には便利です。

但し目に入ってくる光が限られる事がデメリットにもなりますので、ナイターなど外が暗い時にはとても見ずらくなってしまうので、快晴時にのみ使うようにしてください。

晴天用レンズ:グレー系

少し暗めの色になりますので、晴天時の眩しい光を軽減してくれますよ。

曇り用のレンズ:ブルー系

グレー系より明るく、オレンジやピンク系よりも暗めに見えるレンズ色になっています。もちろん晴天時でも使える色になっているので、定番色と合わせて使いやすい色ですよ。

ナイターや降雪時用:イエロー系やクリア系

イエロー系はとくに明るくなるので降雪時にぴったり。

クリア系は裸眼時と同じ状態なので、降雪時にもおすすめですが、一番はナイター時です。

ゴーグルのベルトをチェック!

スノーボード用ゴーグルの選び方:ゴーグルのベルトをチェック!

参照元URL:https://snowhack.net/

ゴーグルですのでレンズを注目にしますが、ゴーグルのベルト選びも大切ですよ。

ゴーグルのベルトには、バックルタイプと1本タイプの2種類がありますので、どっちがいいのか?と悩む方もいますね。

1本ベルト(画像左):帽子の上からかぶるタイプ

  • ベルトが基本的には長いので調整がしやすい
  • フィット感が高くメルメットの上からでもしっかりフィットしてくれる
  • 装着時には帽子がズレる場合がある

バックルベルト(画像右):顔をつけてから留めるタイプ

  • ベルトの長さが短いものが多い
  • 装着がとても楽ちん
  • メルメット着用時は基本的に専用の延長ベルトが必要
結果
  • 脱着を楽したい方:バックベルト
  • メルメット着用時の延長ベルトが不要な方:1本ベルト

女性人気が高いのはバックベルトタイプです。装着時の帽子のズレによる化粧崩れがないのが1番の理由ですね。

但し1本ベルトも慣れれば帽子もズレれる事なく装着ができるので、上記の内容で判断すると決めやすいですよ。

sponsored link

【レディース向け】おすすめのブランドのスノーボードのゴーグル6選!

スノーボードのゴーグルにはレディース用やメンズ用などの区分がありません。

サイズが合えばユニセックスで使用ができますので、レディースはメンズよりも顔が小さいので、ゴーグルを選びにくいのが現状です。

少しでも選びやすい様に、サイズが大きすぎないものや可愛いデザインを厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

レディースにおすすめのブランドのスノーボードのゴーグルを紹介していきます。

DRAGON(ドラゴン):DX2

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:10450円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

アメリカ発のアイウェアブランドです。

名前の通りスタイリッシュでクールなデザインや機能性の高さで人気がありますよ。

「DX2 」はドラゴンの中でも、レディースにつけやすいミドルサイズにベルトがバックルタイプになっています。

またレンズには日本人の目の色に合わせられたJAPANレンズも使われているので、日本の雪山でも見やすいのが特徴です。

ROXY(ロキシー):SUNSET ART SERIES AF erjtg03117

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:8650円(税込、送料別) (2021/10/3時点)

ロキシーはレディースの為のサーフブランドとしてはじまったブランドですね。

夏に人気のブランドで、女性らしくキュートなデザインが揃っていますね。

こちらはフレームとストラップに鮮やかなプリントがデザインされて可愛いモデル。

サイドにはブランドのロゴデザインも入ってブランドらしい仕上がりです。

アジアンフィットに球面レンズになっており視界も良好!またダブルレイヤーのフェイスフォームにポーラーフリースでつけ心地も快適ですよ。

OAKLEY(オークリー):Flight Deck XM

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:27720円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

オークリーは世界的に認知度の高い、サングラスやゴーグルを扱っているブランドです。

見た目も視界もよさも抜群として人気が高いですよ。

こちらはブランド中でも、女性や顔の小さい男性に向けて作られたミドルサイズのモデル。

フレームがないスッキリとしたタイプでかっこ可愛く合わせれますよ。

DICE(ダイス):JACKPOT(ジャックポット)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:17798円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

ダイスは国産ブランドですよ。

日本の雪山に合わせた日本人のためのゴーグルブランドです。

こちらはブランドの代表モデルであり、ミドルサイズで女性にも使いやすいゴーグルです。

少し角ばって見えますが、レンズには丸みがあります。

またヘルメット対応の可動式バックルタイプになっているので、ストレスなくつけれますよ。

ELECTRIC(エレクトリック):KLEVELAND(クリーブランド)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:17820円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

サングラスで有名なブランドです。

こちらはブランドの中でもとくにフレームがやわらかいのが特徴で、抜群のフィット感がありますよ。

もちろんJAPAN Fitにサイズもミドルサイズで女性にぴったりですよ。

GIRO(ジロ):MILLIE(ミリー)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:12320円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

ジロはヘルメットで有名なブランド。

その為ヘルメットにあいやすいデザインが揃っており、レンズのクオリティも高いブランドとして有名ですよ。

またVIVIDレンズという色のコントラストを上げる技術も使われています。

こちらは女性にぴったりな小さめサイズ

顔にふんわり感を与えてくれるマイクロフリースのトリプルレイヤーフェイスフォームに、強化された曇り止め効果が視界も良好ですよ。

sponsored link

【国産ブランド】人気でおすすめのスノーボードのゴーグル5選!

それでは続いては国産ブランドの人気でおすすめのスノーボードのゴーグルを紹介していきます。

値段も海外製に比べると魅力的ですので、ぜひ参考にしてみてください。

SWANS(スワンズ):ROVO(ロヴォ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:17980円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

国産ブランドの中ではトップクラスのブランドです。

国内のアイウェアブランドを牽引し、日本の変化する雪山に対応したゴーグルの開発を行なっており、レンズ部分をワンアクションで動かして一気に換気ができるシステムなど、国産らしい高い技術力が人気ですね。

こちらは球面レンズを使った「呼吸するゴーグル

レンズとフレームの間に隙間を作り、リフトに乗っている間に曇りの原因である熱気を排出してくれます。

大きいフレームとレンズで視界の広さもありながら、フィット感も損なわない仕上がりです。

DICE(ダイス):BANK(バンク)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:27720円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

こちらは先ほどのスワンズが展開するブランド。

日本の天気、日本人の骨格や目に合わせた展開をしており、まさに日本人の為のブランドと呼んでもいいブランドです。

こちらもモデルは今までのゴーグルの常識を変化させたモデル。

ビッグフレームで視界は広く、ワンタッチでゴーグルの換気を行う「A-BLOW SYSTEM」という革新的な技術が搭載されていますよ。

REVOLT(リボルト):SUPER LIGHT FRAME(スーパーライトフレーム)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:26400円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

2005年に中井孝治プロを中心にスタートしたブランドです。

コンセプトからデザインまで、ライダーの意見をしっかり取り入れ、フレーム、レンズ、バンドまですべて国内製造されています。

またブランドオリジナル設計によるフレームで、シャープなシルエットに広い視界が確保で、顔当たり面も日本人の顔にフィットする様に設計されています。

RAGE EYE INTERFACE(レイジ・アイ・インターフェイス):LUG2

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:10780円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

2004年に日本人ライダーズによる、日本人ライダーの為のゴーグルの開発をコンセプトに誕生。

フレームやベルトがアシンメトリーな配色と取り入れ、ポップでカラフルなデザインが特徴です。

こちらはベルトデザインがアシメでカラフルなデザインが可愛くらしく◎。

ゲレンデ映えするデザインですね。

AXE(アックス)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1710円(税込、送料別) (2021/10/3時点)

日本の老舗ブランドでよ。

知名度はそこまで高くないですが、低価格ながら品質の高いゴーグルを展開しています。

ダブルレンズ使用にミラーレンズ加工がされて見た目もOK!

ベルトは取り外しができ、バックルタイプなので装着もとても楽ですよ。

sponsored link

【定番人気ブランド】おすすめのスノーボードのゴーグル4選

最後は定番人気ブランドのおすすめのスノーボードのゴーグルを紹介していきます。

国産ブランドに比べると上がりますが、確かにデザイン性と機能性ですよ。

海外ブランドだけですが、すべてJAPAN FIT(アジアンフィット)モデルですので、ぜひチェックしてみてください。

SMITH(スミス):I/O(アイオー)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:27720円(税込、送料別) (2021/10/3時点)

レンズ性能でいえばトップクラスにあるブランドです。

アメリカ製のゴーグルにこだわりを持つ世界一のゴーグルメーカーですよ。

やわらかい素材を使ったレンズになっており、凸凹の斜面もしっかり見せてくれますよ

アジアンフィットでフィット感も安心!初心者さんにも安心なゴーグルです。

OAKLEY(オークリー)スプライス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:16810円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

スポーツジャンルのあらゆるアイウェアを扱う世界的に人気の高いブランド。

全世界で約600の特許を取得し、プロの愛用者もとても多いです。

こちらは少し大きめの作りになったアジアンフィットモデル

また最高強度を誇るスケルタルシステム搭載で、フィット感だけでなく、衝撃保護も実現してくれています。

anon(アノン):SYNC(シンク)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:21450円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

スノーボードでトップブランドであるバートンが展開しているブランドです。

Wall-to-Wallワイドビジョンという最適な視界を提供し、斜面をより見やすくしてくれるPERCEIVEレンズも採用されています。

こちらはメガネをかけたままでも使えるアジアンモデルです。

M-FUSIONという技術を使うことで簡単にレンズ交換ができ、くもりづらく快適な視界を保ち続けるICTという技術が使われていますよ。

SPY(スパイ):RAIDER(レイダー)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:16500円(税込、送料無料) (2021/10/3時点)

ハイコントラストレンズの先がけであるHAPPY LENSというレンズが特徴のカリフォルニア発のブランド。

こちらは平面レンズを使用したモデルで、最新の技術を駆使しながらも、どこか懐かしいオールドスクール感もある仕上がりです。

視界が広いとまではいかないですが、HAPPY LENSで見やすく、なによりコスパがいいのが◎です。

スノーボードのゴーグルに関連する記事

まとめ

お気に入りのブランドのゴーグルは見つかりましたか?

スノーボードのゴーグルは必須です。

しっかり自分に合ったスノーボードゴーグルを見つけ、快適な滑走を楽しんでくださいね。

今回はスノーボードのゴーグルの人気ブランド15選!選び方からレディースにおすすめのブランドも紹介しました。

sponsored link