LINE@の登録はコチラ

パンプスで痛いと感じた時の対処法!痛くならない方法を紹介!

パンプスを長時間履いた時、つま先が痛い!足の甲が痛い!となったことありませんか?

Sponsored Link

 

普段でもそうですが、仕事でパンプスを履く機会が多い女性は、常につきまとってくる悩ましい問題ですよね。

もちろん仕事中ですので、泣き言など言っている場合ではありませんので、我慢すればするほど痛みもましますし、決して足にとっていいことではありません。

 

足が痛くて歩けない!なんてことになるない為にも、パンプスの痛みを感じた時の対処法や、痛くならない方法を知って、足が痛くなっても対処できるようにしましょう!

 

そこで今回はパンプスで痛いと感じた時の対処法と、痛くならない方法を紹介します。

 

パンプスを履いて痛いと感じた時の対処方法を箇所別に紹介

パンプスを履いて痛みを感じる方は多いですね。

痛みを感じた時の対処法を知りたいですよね?

 

それではさっそく、パンプスを履いて感じる痛い時の対処方法を箇所別に紹介します。

 

 

つま先が痛いと感じた時の対処法

パンプスでつま先が痛いと感じた時の対処法

パンプスを履いて痛みを感じやすい場所と言えば、つま先ですね。

 

つま先が痛くなる理由は2つ

  • パンプスのサイズや形が合っていない
  • 外反母趾で締め付けが原因

になっていることです。

また高いヒールを履いている時は、どうしても体重が前のめりになり、つま先側に体重の負荷が掛かってしまうときですね。

 

そんな時はお化粧パフをつま先の痛い部分に乗せると、

  • クッション
  • 滑り止め

の効果があり、痛みを軽減する事ができます。

 

またお化粧パフで厚みが出てしない圧迫感を感じてしまう場合は、コットンやティッシュを敷くだけでも、緩和することができますよ。

 

 

 

かかとが痛いと感じ時の対処法

パンプスでかかとが痛いと感じ時の対処法

かかとが痛くなる時は、新しいパンプスを履くときに多いですね。

基本的に新しいパンプスは革など素材が硬い状態ですので、痛くなる可能性がとても高いです。

 

新品のパンプスは素材が硬いのは仕方ありませんので、まず新品のパンプスを履く場合は、事前に対策をする必要があります。

 

事前の対策の対策として、ドライヤーの熱を使った対策方法があります。

細かい方法に関しては、この後の章で詳しく紹介しますね。

 

また新品のパンプスを履いた場合に外出時に痛みを感じてしまった時は、かかとに絆創膏を貼るのが緊急の対処法です。

また他の部位への影響が無いようであれば、絆創膏とパンプスの間にティッシュを挟むのも、外出時でも出来る対処法ですよ。

 

 

 

足の甲が痛くなる時の対処法

パンプスで足の甲が痛くなる時の対処法

足の甲に痛みがでてしまう原因は、パンプスのヒールの高さや足の甲が人より高いことに原因があります。

 

普段からヒールの高いパンプスを履いていない方は、とくに足の甲が痛くなりがちです。

そんな時は、事前に下記のようなアイテムで、パンプスの形を自分サイズに合わせましょう。

パンプスそのものが大きいと足の甲に負担をかけてしまうので、購入の際、必ず事前に履いてサイズ感を確かめることは必須です。

 

もしサイズ感を間違ってしまったり、今あるもので調整する時は、中敷をパンプスの中に入れて、しっかり足の甲を密着させれるように、パンプスのズレを防止しましょう。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

Sponsored Link

 

パンプスを履く時の事前の痛み防止対策のまとめ!

パンプスを履いて痛くなる前に、事前に自分にあったパンプスに合わせることは、痛みを防止する為に欠かせない作業です。

 

そこでパンプスを履く時の事前の痛み防止対策をまとめてみました。

参考にしてみてください。

 

 

歩き方

パンプスを履く時の事前の痛み防止対策:歩き方

参照元:http://josei-bigaku.jp/tukarenaikutu17301/

パンプスにまだ慣れていない方や、新しいパンプスに馴染んでいない時には、歩き方を意識する事はとても大切です。

 

歩き方のポイントは、大股でなく小股で歩く事ですよ。

小股で歩く事で少しでも重心がずれる事を防げるので、痛みの原因を作らない様にできます。

 

また着地の際には、膝を曲げない事も大切ですよ。

美しいシルエットになる為でもありますが、上半身と一緒に脚を移動させる事で、膝を曲げずに綺麗な姿勢のまま歩く事ができます。

 

美しいだけなく脚への無駄な負担をなくす為でもありますので、ぜひ意識してみてください。

 

 

 

ドライヤーを利用してパンプスを自分のサイズに合わせる

痛みの原因はサイズがとても関係しています。

 

パンプスはエナメルやレザー系の素材が多いですよね。

新しいパンプスは形を整えていることもあり、非常に硬いことが足を痛める原因になっています。

 

そこで自分のサイズにぴったり合わせるために、ドライヤーの熱風を使います。

 

実際に履いた時と同じ状態にすることが大切ですので、靴下を履いた状態でパンプスを履き、そこにドライヤーの熱風を当てて、パンプスの生地を少しやわらかくしてあげましょう。

 

Sponsored Link

 

下敷きやクッションを利用する

パンプスを履く時の事前の痛み防止対策:下敷きやクッションを利用する

参照元:http://www.matinos-shoes.net/

重心がズレた状態で歩き続けることで、足の痛みがでます。

 

重心がブレてパンプスの中で足が動かないように、中敷やクッションを入れるようにしましょう。

 

下記の様なアイテムがおすすめです。

パンプスのつま先の先に入れるだけの、簡単なインソールです。

パイル生地でムレにくく、足にフィットするのでとても楽ですよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

かかと部分へは下記の様なアイテムがおすすめです。

かかとが抜けやすいのであれば、かかと部分に滑り止めがおすすめです。

 

靴擦れ防止にもなるので、かかとが少し空いているのであれば、事前に貼って対策をしてくださいね。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

痛くならないパンプスの選び方を紹介

パンプスを購入する前に、失敗しないパンプスを選びをしましょう。

 

続きまして痛くならないパンプスの選び方を紹介します。

こちらも参考にしてみてください。

 

 

靴を買う時間

痛くならないパンプスの選び方1:靴を買う時間

参照元:https://en-konkatsu.com/

パンプスを履く上でサイズ感はとても大切と紹介してきましたが、このサイズ選びでよく失敗するのが、足のむくみを忘れてしまうことです。

 

女性の天敵とも言えるむくみですので、可能であればこのむくみが出やすい夕方を狙ってパンプスを買いに行ってくださいね。

 

また試し履きはとても大切です。

  • 両足を履く
  • 両足を履いた状態で歩いて確認する
  • 横幅のサイズを確認
  • かかと部分に隙間はないかの確認

上記のポイントをしっかり抑えることで、パンプスを履いた時の痛みを少しでも防止できます。

 

 

 

足のタイプを知る

痛くならないパンプスの選び方2:足のタイプを知る

参照元:http://www.urehada.com/trouble/legs/page/2/

パンプスにも幾つの形がある通り、足にも3つのタイプが存在します。

 

上記の画像を参考にして頂くと、

  • 人差し指が長いギリシャ型は、足先が尖ったパンプス
  • 親指が一番長いエジプト型は、どんなパンプスOK
  • 指の長さがほぼ同じスクエア型は、足先を圧迫しないパンプス

自分の足にあったパンプスを選ぶことは、痛みを防止できるとても大切なことなので、しっかり把握してくださいね。

 

 

 

ヒールの高さ

痛くならないパンプスの選び方3:ヒールの高さ

参照元:https://item.rakuten.co.jp/

ヒールが細いタイプや高さがあるものは、パンプス初心者は避けるようにしてください。

またローヒールのペッタンコタイプでも疲れやすいですので、パンプス初心者さんは、3~4cm程度の太いチャンキーヒールがおすすめで、上限としては6cmを覚えてくださいね。

 

ヒール幅があることで安定感があり、パンプスを履いても痛くならなくなり、足が疲れにくく歩きやすいですよ。

 

sponsored link

 

やわらかい素材を選ぶ

痛くならないパンプスの選び方4:柔らかい素材を選ぶ

参照元:https://shop-list.com/women/

パンプスの生地が硬いものは、足に馴染むまで時間がかかります。

 

パンプスを触ってやわらかな素材を選ぶようにすることで、足にフィットしやすくなり、痛みの防止に繋がります。

 

 

 

つま先選び

痛くならないパンプスの選び方5:つま先選び

参照元:https://matome.naver.jp/

パンプスのつま先には色々とデザインがあります。

 

痛くならないパンプス選びとしては、つま先は細く尖っているデザインよりも、丸みがあるラウンドトゥや、幅広いスクエアトゥがおすすめです。

 

 

 

ストラップ付きを選ぶ

痛くならないパンプスの選び方6:ストラップ付きを選ぶ

参照元:https://belluna.jp/ryuryu/

ストラップ付きのパンプスを選んでください。

 

パンプスに馴れていないと、パンプスにベルトやストラップが付いていないと非常に歩きにくいです。

またサイズが合っていないと、歩くときにパカパカとして足に負担をかけてしまいます。

 

その為、足首に近い甲をささえるストラップ付きパンプスを選ぶと、しっかりと足とパンプスをフィットしてくれるので、痛みの軽減に繋がります。

 

(関連記事)

 

せっかくおしゃれなパンプスを購入しても、痛くて履けないともったいないですよね。

パンプスを履いても痛くならないアイテムや対処法を知って、かっこよくパンプスを履きこなしましょう。

 

今回はパンプスで痛いと感じた時の対処法と、痛くならない方法を紹介しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ