レディースアウターの定番とも言えるMA1は、羽織るだけでグッとこなれた印象に見せてくれるアイテム。

ミリタリー感のあるベーシックなデザインは、メンズライクな着こなしが楽しめますよ。

ワンピースなどの女性らしいフェミニンなアイテムとも相性がよく、幅広く着こなせます。

そこで今回はMA1のレディースの秋冬コーデと、着こなしのポイントを紹介します。

Sponsored Link

MA1を秋冬に着こなす3つのポイント

人気のMA1をよりおしゃれに着こなすために、大事なポイントを押さえておきたいですよね!

購入する時の参考にもなるので、ぜひチェックしてみてください。

それではさっそく、MA1を秋冬に着こなすポイントを紹介します。

カラー

MA1を着こなすポイント:カラー参照元URL:https://item.rakuten.co.jp

定番カラーと言えば、ブラックやカーキ、ネイビーが挙げられます。

とくにカーキはMA1の代表的なカラーで、ミリタリーな雰囲気がスパイスの効いた着こなしに仕上げてくれます。

ブラックやネイビーは、都会的でスタイリッシュな印象に見せてくれますよ。

上品さをプラスしたいなら、やわらかなカラーのライトグレーやベージュがおすすめ!

レディースのMA1は定番カラーだけじゃないところが魅力で、個性を引き立てる着こなしが楽しめますよ。

デザイン

MA1を着こなすポイント:デザイン

参照元URL:https://item.rakuten.co.jp

メンズとは違い、女性にはコンパクトなデザインが人気!

中綿入りキルティング仕上げのデザインは、厚手のセーターとも相性よく、着膨れ感なくスッキリ着こなせます。

ゆるっとしたオーバーサイズのシルエットをチョイスすると、トレンドライクに仕上がりますよ。

他アイテムとの組み合わせ

MA1を着こなすポイント:他アイテムとの組み合わせ

参照元URL:https://wear.jp

メンズライクなMA1と、スポーティなキャップやニット帽は相性抜群

女性らしい雰囲気に仕上げたいなら、ベレー帽やキャスケットもおすすめ。

MA1のコンパクトなデザインを活かして、マフラーをプラスして首元にボリュームを出しても◎

上に目線を引き上げることで、スタイルアップ効果にも繋がりますよ。

小物アイテムをかけ合わせて、周りと差の付くコーデを楽しんでくださいね。

Sponsored Link

MA1のレディースの秋冬コーデ12選

さっと羽織るだけで、おしゃれ感抜群の雰囲気がただようMA1。

今年はロングスカートやワンピースなど、女性らしいコーデに合わせるのが旬なスタイル。

ハンサムなMA1と合わせることでギャップがうまれて、グッと可愛さが引き立ちますよ。

フェミニンなスタイルも甘くなりすぎず大人っぽく見せてくれるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

続いてはMA1のレディースの秋冬コーデを紹介します。

パンツスタイル

ロゴT×ホワイトデニム

スウェット×ホワイトデニム

参照元URL: https://wear.jp 

ホワイト×ブラウンの秋っぽさを感じる2色コーデ。

カレッジロゴのカットソーは、1枚持っておくとカジュアルコーデのアクセントになって便利ですよ。

ラフになりすぎないように、足元はブーツで引き締めるのがポイント。

ボーダーカットソー×黒のワイドパンツ×白のスニーカー

MA1×ボーダーカットソー×黒のワイドパンツ×白のスニーカー

参照元URL: https://wear.jp 

グレージュカラーのMA1は、ナチュラルな雰囲気のコーデに相性抜群!

細めラインのボーダーカットソーと合わせて、カジュアルに仕上げています。

きれい見えするセンタープレスパンツで、全体を大人っぽい雰囲気にまとめてトレンドライクなコーデの完成。

Sponsored Link

スウェット×黒のスキニーパンツ×白のスニーカー

MA1×スウェット×黒のスキニーパンツ×白のスニーカー

参照元URL: https://wear.jp 

ボリューミーなMA1は、タイトなシルエットのボトムスと合わせるのが正解。

メリハリが出て、スタイルをよく見せながらこなれた印象を演出できますよ。

カジュアルな白のスニーカーで足元に抜け感をプラスし、軽やかに仕上げると◎

チェックベスト×ベージュのワイドパンツ×黒のローファー

MA1×チェックベスト×ベージュのワイドパンツ×黒のローファー参照元URL: https://wear.jp 

あえてメンズアイテムをゆるっと着こなした上級者コーデ。

ビックサイズのシルエットが、今っぽい雰囲気を盛り上げてくれますよ。

足元は黒のローファーできちんと見せることで、抜かりのないコーデに仕上がります。

白のタートルネック×黒スキニー×白のキャップ

MA1×白のタートルネック×黒スキニー×白のキャップ

参照元URL: https://wear.jp 

ホワイト×ブラックの2色でまとめたシンプルなコーデ。

スポーティテイストをミックスさせることで、いつものコーデも旬な雰囲気に。

メガネやピアスをプラスして、顔回りにアクセントをつけるとグッとアカ抜けたコーデを作れますよ。

sponsored link

スカートスタイル

白のトップス×白のスカート×白のパンプス

MA1×白のトップス×白のスカート×白のパンプス

参照元URL: https://wear.jp 

オールホワイトコーデにベージュのMA1で、ほどよいカジュアルさをプラスした女性らしい仕上がり。

メンズライクなアイテムも淡いカラーをチョイスすると、上品なコーデにもマッチしてくれますよ。

フェミニンコーデが多い方には、ボリュームを抑えたMA1がおすすめ。

カレッジロゴT×チェックのロングスカート×黒のスニーカー

MA1×カレッジロゴT×チェックのロングスカート×黒のスニーカー

参照元URL: https://wear.jp 

こちらもカレッジロゴTをインナーに取り入れたコーデ。

ダークカラーでまとめてマニッシュな雰囲気を演出しつつ、フリルスカートで女性らしさをプラス。

ハンサムなカーキのMA1は、大人カジュアルなコーデに大活躍してくれますよ。

sponsored link

ボルドーのトップス×黒のチュールスカート×黒のギブソンシューズ×黒のベレー帽

MA1×ボルドーのトップス×黒のチュールスカート×黒のギブソンシューズ×黒のベレー帽

参照元URL: https://wear.jp 

シャープなシルエットのMA1は、パンツからスカートまで幅広くマッチするのが魅力。

秋冬定番のボルドーをアクセントカラーにして、黒でまとめた辛口なスタイル。

MA1がガーリーなチュールスカートの甘さを和らげて、大人っぽいクールな雰囲気を表現してくれますよ。

黒のタートルネック×スウェードスカート×黒のショートブーツ

MA1×黒のタートルネック×スウェードスカート×黒のショートブーツ

参照元URL: https://wear.jp 

スウェード素材のスカートが、季節感をプラスしてこなれた雰囲気に。

アースカラーのカーキは、落ち着いたキャメルカラーに合わせると自然に馴染んでくれますよ。

トップスと足元は黒でまとめて、全体を引き締めながらカジュアル感をおさえるのがポイント。

白のトップス×黒のロングスカート×黒のブーツ

MA1×白のトップス×黒のロングスカート×黒のブーツ

参照元URL: https://wear.jp 

他と違った印象に見せたい方は、カラーで差をつけるのがおすすめ。

ほどよいツヤ感のあるピンクカラーで、シンプルなコーデも一気に華やかな仕上がりに。

コンパクトな着丈のMA1は、ふわっとシルエットのロングスカートともバランスよく着こなせますよ。

sponsored link

ワンピーススタイル

マーメイドワンピース×黒のスニーカー×レオパード柄バッグ

MA1×マーメイドワンピース×黒のスニーカー×レオパード柄バッグ

参照元URL: https://wear.jp 

ボリューミーな袖丈で女性らしい仕上がりのMA1は、フェミニンなマーメイドワンピースに合わせてもしっくり馴染んでくれます。

首元がすっきりとしたアウターなので、フード付きアイテムと合わせてももたつかずに着こなせますよ。

スポーティなスニーカーとレオパード柄バッグを投入して、シンプルなコーデのアクセントに。

黒のニットワンピース×黒のブーツ×キャスケット×レオパード柄バッグ

 MA1×黒のニットワンピース×黒のブーツ×キャスケット×レオパード柄バッグ

参照元URL: https://wear.jp 

ブラックのワントーンコーデですが、地味見えしないように小物使いがポイント。

MA1の鮮やかなオレンジの裏地がほどよい差し色となり、レオパード柄バッグがインパクト抜群のアクセントをプラス。

サングラスやキャスケットのおしゃれアイテムを投入することで、スパイスの効いた完成度の高いコーデに仕上がりますよ。

関連記事

<色別>

<ブランド>

まとめ

メンズライクな着こなし以外にも、フェミニンなコーデとも相性抜群なMA1。

カラーやサイズ感が違うだけで、印象を変えられるのも魅力ですよ。

コンパクトに着こなせて、スタイルよく見せてくれるのも人気の理由。

定番アウターだからこそ、自分らしいアレンジをプラスして着こなしてみてくださいね。

今回はMA1のレディースの秋冬コーデと、着こなしのポイントを紹介しました。

sponsored link