カウチンニットとは?レディースコーデのコツやおすすめのカウチンニットを紹介!

ボリューム感のあるカウチンニットは、レディースに人気ですね!

Sponsored Link

 

寒い季節も厚手の毛糸が、全体を優しく包んでくれます。

 

カウチンニットを取り入れたおしゃれなファッションを知れば、その魅力をもっと知りたくなりますよね。

 

今回は、カウチンニットの説明やレディースコーデのコツと、おすすめのカウチンニットを紹介します。

 

カウチンニットとは?

カウチンニットとは?

参照元URL matome.naver.jp

カウチンニットは、カナダのバンクーバー島に住んでいた、カウチン族から生まれた民族衣装で、伝統的な柄編み込んだニットです。

 

基本的に白やグレーを基調にしたシンプルなカラーに、化学繊維や脱色済みの太い毛糸でざっくりと編まれています。

 

カーディガンタイプやセーターなど、色々なファッションに取り入られていますよ。

 

Sponsored Link

 

カウチンニットとノルディック柄の違いは?

カウチンニットノルディク柄はよく似ている為、人に教えて貰わないと気付かない事がよくありますよね。

 

それではカウチンニットとノルディック柄の違いを紹介します。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ノルディック柄

ノルディック柄

参照元URL http://img.world.co.jp/

ノルディック柄は、雪の結晶、トナカイ、もみの木、ハート等のモチーフが多く、幾何学模様を繰り返したデザインになります。

 

ノルウェーなど北欧の伝統的な柄の事を指します。

 

寒冷地の北欧で生まれたノルディク柄は、厚手に仕上がっており保温性が高いニット素材ですよ。

 

 

 

 

カウチンニット

カウチンニット

参照元URL http://ic3-a.dena.ne.jp/

カウチンニットは、ノルディク柄と非常によく似ています。

 

実はカナダのバンクーバー島で生まれた柄です。

 

手で紡いだ毛糸や本来は脱色しない羊毛を使用して、伝統的な柄をデザインしたものがカウチンニットと呼ばれています。

 

Sponsored Link

 

カウチンニットのレディースコーデのコツは?

レディースのカウチンニットは、柄やカラーも色々と選べます。

 

何気ない普段のコーデに、カウチンニットを合わせてみませんか?

 

続いてはカウチンニットのレディースコーデのコツを紹介していきます。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

白シャツ×ジーンズ×カウチンニット

白シャツ×ジーンズ×カウチンニット

参照元URL http://i7.wimg.jp/

白シャツにジーンズの定番コーデをおしゃれに着こなすコツは、グレーのカウチンニットがおすすめです。

 

白シャツとジーンズではシンプル過ぎて、少し味気ない雰囲気ですよね。

 

そこでグレーのカウチンニットを羽織ることで、一気に冬らしい季節感を醸し出し、スタイリッシュなメンズライクコーデが完成します。

 

 

 

 

リネンシャツ×チェック柄スカート×カウチンニット

リネンシャツ×チェック柄スカート×カウチンニット

参照元URL rr.img.naver.jp

リネンシャツにチェック柄スカートをおしゃれに着こなすコツは、ベストタイプのカウチンニットがおすすめです。

 

リネンシャツにブロックチェックのフレアスカートは、ガーリースタイルで可愛い印象があります。

 

ネイビーのカウチンニットと合わせることで、さらに全体をギュッと引き締めてくれます。

 

 

 

 

チェックネルシャツ×ロングスカート×カウチンニット

チェックネルシャツ×ロングスカート×カウチンニット

参照元URL http://blog.stripe-club.com/

チェック柄のネルシャツにフレアロングスカートをおしゃれに着こなすコツは、アイボリーカラーのカウチンニットカーディガンがおすすめです。

 

ライトなチェック柄シャツにグレーのロングスカートだけでは、シンプルボーイッシュなコーデですよね。

 

ざっくり厚手のカウチンニットを合わせることで、女性らしいふんわり優しいコーデになります。

 

冬の定番であるニット帽をプラスするとより温かみがアップしますね。

 

 

 

 

プリントTシャツ×デニムショートパンツ×カウチンニット

プリントTシャツ×デニムショートパンツ×カウチンニット

参照元URL rr.img.naver.jp

プリントTシャツにデニムのショートパンツをおしゃれに着こなすコツは、白色のカウチンニットカーディガンがおすすめです。

 

ちょっとワイルドなプリントTシャツにデニムのショートパンツでは、少し物足りないですよね。

 

厚手のカウチンニットを羽織ることで女性らしさを引き出し、全体のバランスもよく、脚痩せコーデが完成しますよ!

 

 

 

 

デニムシャツワンピース×ショートブーツ×カウチンニット

デニムシャツワンピース×ショートブーツ×カウチンニット

参照元URL cdn.kaumo.jp

デニム素材のシャツワンピースにショートブーツをおしゃれに着こなすコツは、グレーカラーのカウチンニットがおすすめです。

 

インティゴブルーのデニムワンピースとフリンジショートブーツはレトロコーデですね。

 

トレンドを取り入れたカウチンニットを羽織ることで、全体を引き締めることができ、アクティブでキュートなレディースコーデになります。

 

sponsored link

 

レディースにおすすめのカウチンニットを紹介!

カウチンニットのおしゃれな着こなしのコツは分かりましたか?

 

コーデにピッタリな可愛いカウチンニットを探したくなりますよね。

 

続いてはレディースにおすすめのカウチンニットを紹介します。

 

ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

 

 

ウール100%のレディースにおすすめのカウチンニット

こちらのレディースにおすすめのカウチンニットは、ウール100%のカウチンニットです。

 

オーバーシルエットで仕上がっており、今期らしいおしゃれなシルエットがカーディガンタイプのカウチンニットですよ。

 

色々な模様で編み込まれているので、可愛いらしさもアップ!

 

 

大人可愛く着こなせる、レディースにおすすめのカウチンニットです。

 

このカウチンニットをもっと詳しくみる

 

 

色合いがおしゃれなレディースにおすすめのカウチンニット

こちらのレディースにおすすめのカウチンニットは、色合いがおしゃれなカウチンニットです。

 

淡い色合いで仕上げられ、ブルー・オフホワイト・ブラックの3色がとてもおしゃれですよ。

 

濃い色合いではないので、上品な雰囲気があります。

 

スリムパンツと合わせれば、人気のサーフ系コーデにも使える、レディースにおすすめのカウチンニットです。

 

このカウチンニットをもっと詳しくみる

 

 

モノトーンカラーのレディースにおすすめのカウチンニット

こちらのレディースにおすすめのカウチンニットは、モノトーンカラーのカウチンニットです。

 

白・黒・グレーのモノトーンカラーで仕上げられており、さきほどの淡い色合いのカウチンニットと同じく、大人感の高い仕上がりになっています。

 

モノトーンにネイティブ柄を施すことでとてもクールな雰囲気もあり、落ち着いたスタイルが完成しますよ。

 

品よく上品に着こなすなら、黒色のパンツやスカートに合わせるがおすすめですよ。

 

このカウチンニットをもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

チャムスのレディースにおすすめのカウチンニット

こちらのレディースにおすすめのカウチンニットは、Chumsのカウチンニットです。

 

チャムスと言えばペンギンのモチーフが有名ですよね。

 

カラーは3色より選ぶことができ、カジュアルなスタイルが楽しめますよ。

 

この一着で十分に季節感を演出できる、レディースにおすすめのカウチンニットです。

 

このカウチンニットをもっと詳しくみる

 

 

着心地よくデザインもおしゃれなレディースにおすすめのカウチンニット

こちらのレディースにおすすめのカウチンニットは、着心地もよくデザインもおしゃれなカウチンニットです。

 

ふわもこ素材で仕上げられており、それでいて軽量に仕上げなので、快適に着こなすことができますよ。

 

また袖も少し長めになっているので、レディースらしい可愛らし溢れる仕上がりになった、レディースにおすすめのカウチンニットです。

 

このカウチンニットをもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

カウチンニットのおしゃれな着こなしのコツは分かりましたか?

 

カウチンニットは何と言っても、伝統的な柄が存在感ありますよね。

 

厚手のニットなので一枚羽織るだけでコーデが完成します。

 

シンプルで無地なデザインはもちろんですが、チェック柄とも相性が良いのがカウチンニットです!

 

冬の人気アイテムであるニット帽をプラスして、ほっこりコーデを楽しむ事もおすすめです。

 

今回は、カウチンニットの説明やレディースコーデのコツと、おすすめのカウチンニットを紹介しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ