マタニティウェアを検討すると、一番購入を悩みのがマタニティパンツ。

体型も変わっていきお腹への締め付け感を考えると、あれば間違いなく便利ではありますが、使える期間も短く、何よりお値段もします。

そこで便利なのが、普段から着用している普通のパンツをマタニティパンツに変えてくれるアジャスター

Sponsored Link

普段のパンツをマタニティ用にしてくれる便利なアイテムで、市販で購入も可能ですが、自分でも手作りできるのがポイント!

1,000円以内で気軽に作ることができるので、ぜひ挑戦して欲しいです。

そこで今回は普通のパンツをマタニティパンツに!マタニティアジャスターの手作り方法と、おすすめのアジャスターも紹介します。

マタニティアジャスターとは?

「マタニティアジャスター」とは、妊娠中の大きなお腹でも、妊娠前に着用していた普段のパンツを履く頃ができる便利なアイテムです。

普段着用しているパンツのファスナーやボタンを全開にしたまま穿き、そのパンツのボタンとボタンホールにアイテムを装着し、パンツもズレずに穿くことができます。

マタニティアジャスターとは?

参照元URL:https://mamakao-web.com/

アジャスターバンドやベリーベルトとも呼ばれており、スーツなどにも使えるプレママにはとっても便利なアイテムなんです。

もちろん産後もしばらく体型も戻りませんので、産前から産後まで使えますよ。

またサイズは基本的にフリーサイズになっています。パンツのウエストのサイズをどこまで伸ばすかで自分にあったサイズかを判断しますので、購入時期がまだお腹が小さい時は、できるだけウエストのサイズを伸ばせるものを選ぶと安心です。

マタニティ専用のマタニティパンツは便利なアイテムですが、費用もかかって期間も短いですので、普段使っているパンツが使えるなら嬉しいですよね。

Sponsored Link

マタニティアジャスターの種類!

マタニティアジャスターは大きく分けて2種類があります。

「ベルトタイプ」「腰巻きタイプ」に分かれますので、それぞれの特徴を紹介しますので、参考にしてください。

ベルトタイプ

マタニティアジャスターの種類:ベルトタイプ

ベルトタイプの中でも2つに分かれます。

  • ゴムベルト(画像左)

左右のパンツのベルト通しにゴムベルトをつけるタイプ。

  • ボタンタイプ(画像右)

アジャスターベルトについたボタンを、パンツのボタン穴に通し、パンツのボタンにアジャスターベルトの穴を通すタイプ。

腰巻きタイプ

マタニティアジャスターの種類:腰巻きベルト

参照元:https://item.rakuten.co.jp/

ゴム製のアジャスターベルトの穴にパンツのボタンを通し、パンツの穴にアジャスターベルトのボタンを通します。

最後にアジャスターベルトに付属の腹巻きを折り返して、腹部の見える部分を隠して使います。

Sponsored Link

マタニティアジャスターの3つの手作り方法!

平ゴム

マタニティアジャスターの手作り方法:平ゴム

参照元URL:https://japantk.hatenablog.com/

まず1つめのは、平ゴムを使った方法です。

用意する物

  • 平ゴム(パンツのベルト部分と同じくらいの太さの平ゴム)
  • ボタン

手芸屋さんや100円ショップなどで売っています。

手順

  1. 平ゴムをボトムスのウエストの開き具合に合わせて長さをカット
  2. カットした平ゴムの左端にボタンを縫いつけ
  3. 右端にボタン穴を作る

ヘアゴム

マタニティアジャスターの手作り方法:ヘアゴム

参照元URL:http://kechilog.exblog.jp

平ゴムよりももっと便利なのがヘアゴムを代用した手作りアジャスターです。

用意する物

  • ヘアゴム1つ

手順

  • ウエストのボタンとボタンボールにヘアゴムを通す
  • 両サイドを引っ張っぱりくくりつける

縫いつけたりすることがないので、短時間でさっと実践することができます。

ただヘアゴムの伸びる長さも限度がありますので、妊娠初期などにおすすめです。

腹巻

マタニティアジャスターの手作り方法:腹巻

参照元URL http://shop-list.com

最後は腹巻を使った、マタニティアジャスターの代用です。

裁縫が苦手だけど、ヘアゴムのように前は隠したい!という方には、腹巻がおすすめ。

手作りといっても何かを手を加えるのではなく、パンツのファスナーを苦しくないところまで上げその上から腹巻を巻くだけです。

苦しくない程度にお腹にフィットして、パンツもズリ落ちないんです。

お腹が大きくなりズリ落ちが心配になってきたら、サスペンダーをプラスしてくださいね。

sponsored link

おすすめのマタニティアジャスター4選!

手作りもいいけど、やっぱり裁縫も苦手だし、市販のものがあるならそれがいい!という方もいますね。

最後はマタニティにおすすめのマタニティアジャスターを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

リボンデザイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1000円(税込、送料無料) (2021/10/9時点)

可愛いリボンデザインです。

ボタンとフックの両方に対応しているから、さまざまなボトムスに使えますよ。

最大28cmまで伸ばすことができ、伸縮性も抜群です。

布付き

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:800円(税込、送料無料) (2021/10/9時点)

こちらはアジャスターベルトに布がセットになっています。

アジャスターベルトだけでは、長めのトップスで隠すしかないですが、下着が見える心配ゼロではないですよね。

こちらは布がセットになっているので、ズボンの内側にあることで、トップスをインしている状態に見せることができます。

sponsored link

サッシュ付き

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2090円(税込、送料別) (2021/10/9時点)

一般的なアジャスターベルトのデメリットは、ウエストを開くのでお腹が見えてしまうところですね。

こちらは腹巻のようにお腹の冷え対策ができるサッシュ付きのです。

通常にようにアジャスターベルトを装着後、その上からサッシュを穿けば隠せますね。

腹巻タイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1290円(税込、送料無料) (2021/10/9時点)

本体の上半分を折り返し腹巻の様にして隠せます

しっかり包み込んでくれるので、冷え対策もばっちりです。

マタニティアジャスターに関連する記事

まとめ

いかがでしたか?

マタニティアジャスターは、意外にも簡単に自分で作ることができます。

上記で紹介した代用のものでも機能性はあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

今回は普通のパンツをマタニティパンツに!マタニティアジャスターの手作り方法と、おすすめのアジャスターも紹介しました。

sponsored link