帽子が風で飛ばない方法!クリップや100均アイテムで悩みを解決!

自転車に乗る時や、急に風が吹いて帽子が飛んで行ってしまう事がありますよね。

Sponsored Link

 

帽子をおしゃれにかぶっていても、飛んでしまっては意味がありません。

 

そこで今回は、帽子が風で飛ばない方法と、クリップや100均アイテムで悩みを解決する方法をご紹介します。

 

帽子が風で飛ばない方法!

帽子を風で飛ばない様に被るのはなかなか難しいですよね。

でも、少しの工夫で帽子が風で飛ばない様に出来るんです!

 

それでは早速、帽子が風で飛ばない方法をご紹介します。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

帽子が風で飛ばない方法1:内側にコームをつける

帽子が風で飛ばない方法1 (内側にコームをつける)

参照元URL kao-create.jugem.jp

帽子が風で飛ばない方法1つ目は、帽子の内側にコームを付ける方法です。

 

ポイントは糸ではなく、ゴムで取り付ける事ですね。

 

帽子を被ってコームを内側へ折り込む時に、ゴムであれば自由自在に動きます。

 

コームの根元にゴムを巻きつけて固定して、桐などで少し穴を開けてから取り付けて頂ければ完成です。

 

 

応用編

応用編

参照元URL matome.naver.jp

応用編2

参照元URL matome.naver.jp

こちらは、先程のコームの応用編で、ゴムではなくマジックテープで取り付ける方法です。

 

縫い付ける必要もなく簡単ですね。

 

また、マジックテープなので、取り外しも簡単で便利ですよ。

 

帽子を取る時に強く引っ張りすぎて、マジックテープごと取れてしまう事もあるので注意が必要です。

 

 

帽子が風で飛ばない方法2:帽子サイズ調節テープをつける

帽子が風で飛ばない方法2 (帽子サイズ調節テープをつける)

参照元URL matome.naver.jp

帽子が風で飛ばない方法2つ目は、調節テープを付ける事です。

 

帽子のサイズ自体を調節して、隙間のないピッタリとした帽子にしてしまえば、風で飛ばされてしまう心配はないですね。

 

内側にテープが付いているので、取り付けもとても簡単です。

 

 

帽子が風で飛ばない方法3:飾りピンで留める

帽子が風で飛ばない方法3 (飾りピンで留める)

参照元URL hatenanews.com

帽子が風で飛ばない方法3つ目は、飾りピンで留める事です。

 

ヘアクリップとハットピンを合体させた帽子ストッパーで、ブローチ使いも出来る2WAYタイプが嬉しいですね。

 

おしゃれをしながら帽子が風で飛ばない様にも出来る、一石二鳥のアイテムです。

 

Sponsored Link

 

帽子が風で飛ばない方法4:帽子クリップ

帽子が風で飛ばない方法4 (帽子クリップ)

参照元URL beadsmania.com

帽子が風で飛ばない方法4つ目は、帽子クリップを付ける事です。

 

帽子クリップは、チャームがついたネックレス風のタイプと、クリップタイプの2パターンあるので、シーンによって使い分けする事が可能です。

 

シャツなど襟があるファッションの場合であれば、クリップタイプをそのまま襟に留める事が出来ます。

 

とても便利なアイテムですね。

 

 

帽子が風で飛ばない方法5:飾り紐を付ける

帽子が風で飛ばない方法5 (飾り紐を付ける)

参照元URL global.rakuten.com

帽子が風で飛ばない方法5つ目は、飾り紐を付ける事です。

 

調節する紐を内側ではなく、あえて外側にぐるぐると巻き付ける事で、おしゃれも出来て一石二鳥ですね。

 

気分によって紐を変える事が出来るので、コーデによって紐やパールなどに変えれば、同じ帽子でも雰囲気がグッと変わりますね。

 

 

帽子が風で飛ばない方法6:ハットメル

帽子が風で飛ばない方法6 (ハットメル)

参照元URL i-sekkei.co.jp

帽子が風で飛ばない方法6つ目は、ハットメルです。

 

安全ピンとイヤリングを、チェーンで繋げる事で風に飛ばされない方法です。

 

帽子の外側に装着して見せてもおしゃれですし、帽子の内側に装着すればチェーンは隠れるので、ほとんど見えませんね。

 

予備チェーンもあるので、お手持ちのイヤリングへの装着も可能です。

 

Sponsored Link

 

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法!

プチプラで大人気の100均!

便利なアイテムがたくさん揃っています。

 

続いては、100均アイテムを使った、帽子が風で飛ばない方法をご紹介します。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法1:内側に隙間テープを付ける

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法1 (内側に隙間テープを付ける)

参照元URL next.spotlight-media.jp

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法1 (内側に隙間テープを付ける)2

参照元URL note.peachbloom.jp

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法1つ目は、内側に隙間テープを付ける事です。

 

作業としては、必要なサイズにカットして内側に貼るだけです。

 

スポンジがついているのでもちろん痛みもなく、ふんわりとしていて被り心地もアップしますよ。

 

 

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法2:内側にゴムを付ける

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法2 (内側にゴムを付ける)

参照元URL matome.naver.jp

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法2つ目は、内側にゴムを付ける事です。

 

100均で売っているズボン用などの、平たいゴムを縫い付けるだけの方法です。

 

ポイントは自分の頭のサイズプラス1cm程の長さにカットして縫い付ける事です。

 

きつ過ぎず、ユル過ぎずない感覚で、縫い付けてくださいね。

 

 

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法3:ピンを付ける

i320-1

参照元URL matome.naver.jp

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法3つ目は、帽子の内側にピンを付ける方法です。

 

100均に売っているヘアーアレンジ用のピンを、帽子の内側に固定するだけです。

 

ヘアーアレンジで使用するピンなので、家に何本かはあるのではないでしょうか?

 

糸とピンがあればすぐ出来る、帽子が風で飛ばない方法です。

 

 

ひと工夫♪

ひと工夫♪

参照元URL segeres.net

こちらは、先程ご紹介したピンを取り付ける方法に、ひと工夫プラスした方法です。

 

帽子にピンを直接固定するのではなく、ゴムを1本プラスして縫い付けてみてください。

 

ゴムが1本あるだけで、髪の毛の奥の方で固定する事が可能になります。

 

髪の多い方などにおすすめですよ。

 

sponsored link

 

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法4:マジックテープを付ける

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法5 (マジックテープを付ける)

参照元URL matome.naver.jp

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法4つ目は、マジックテープを付ける方法です。

 

マジックテープをカットして付けるだけなのでとても簡単です。

 

マジックテープのザラザラの部分が髪の毛に引っかかるので、飛ばされにくくなります。

 

ぐるっと1周つけてもいいですし、上記画像の様に耳上部分だけ付けてもいいですね。

 

 

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法5:テグスとクリップを組み合わせる

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法6 (テグスとクリップを組み合わせる)

参照元URL by-s.me

100均アイテムを使った帽子が風で飛ばない方法5つ目は、テグスとクリップを組み合わせる事です。

 

伸びるタイプのテグスとクリップを組み合わせた目立ちにくい、帽子クリップを作る方法です。

 

どちらも100均で簡単に購入出来るアイテムなので、すぐに作る事が出来ますよ!

 

テグスはとても細いビニール素材の紐なので、目立ちにくいですね。

 

髪が長い方であれば見えずに隠れてしまうので、風から帽子を守ってくれますよ。

 

sponsored link

 

帽子を風で飛ばなくするアイテムを紹介!

帽子を飛ばなくするいろんな方法がありましたね。

 

続いては、帽子を飛ばなくするアイテムをご紹介します。

 

こちらもぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

帽子を風で飛ばなくするアイテムの帽子クリップ

こちらの帽子を風で飛ばなくするアイテムは、帽子クリップです。

 

帽子のツバに装着しても、帽子の内側に装着しても使用可能です。

 

紐の先端にはチャームが付いているので、装着時はアクセサリーを付けているような感覚ですね。

 

サイズ調整も可能なので、自分にあった長さで使用可能な帽子を風で飛ばなくするアイテムです。

 

この帽子を風で飛ばなくするアイテムをもっと詳しくみる

 

 

帽子を風で飛ばなくするアイテムの隙間テープ

こちらの帽子を風で飛ばなくするアイテムは、隙間テープです。

 

隙間テープはスポンジ+テープなので、痛くなくつけていられますね。

 

ある程度スポンジに厚みがあり、かなり大きいサイズなので、1周ぐるっと取り付けて頂いて、調節程度なのであればサイズに合わせてカットして取り付けてみてください。

 

好きな長さにカット出来るので、自分のサイズにあった大きさに出来ますね。

 

この帽子を風で飛ばなくするアイテムをもっと詳しくみる

 

 

帽子を風で飛ばなくするアイテムの帽子サイズ調節テープ

こちらの帽子を風で飛ばなくするアイテムは、帽子サイズ調節テープです。

 

帽子のサイズダウンが出来る便利なアイテムです。

 

最初からテープがついているので、すごく簡単で帽子の内側に貼付けるだけです。

 

ブカブカだった帽子がぴったりフィットするので、風に飛ばされる心配が減りますね。

 

帽子のサイズが大きくて、風に飛ばされてしまう時に便利なアテムです。

 

この帽子を風で飛ばなくするアイテムをもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

これさえあれば今まで悩んでいた、帽子が飛ばされるなんてこともなくなりそうですね。

 

オシャレなコーデのプラスアイテムとして、ぜひ帽子を合わせてみてくださいね。

 

今回は、帽子が風で飛ばない方法と、クリップや100均アイテムで悩みを解決する方法をご紹介しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ