マリンキャップでレディースのおしゃれなかぶり方(髪型別)!おすすめのかわいいヘアアレンジも紹介!

コーデのワンポイントに最適なマリンキャップですが、意外と悩むのが、かぶり方ではないでしょうか。

Sponsored Link

 

マリンキャップがおしゃれアイテムだからといって、ただかぶればおしゃれになれるわけではありません。

 

丸みが少ないデザインが特徴なので、一歩間違えれば警察官や兵隊さんの様になってしまいます

 

またレディースの髪型は、ショート・ボブ・ロングとさまざまですので、髪型に合うマリンキャップのかぶり方が大切です。

 

ヘアアレンジやかぶり方のポイントを知るだけで、おしゃれ度もアップしますよ。

 

そこで今回は、マリンキャップでレディースのおしゃれなかぶり方(髪型別)と、おすすめのかわいいヘアアレンジも紹介します。

 

 

contents

マリンキャップでレディースのおしゃれでかわいいかぶり方(ショートの髪型)

マリンキャップと相性抜群なショートの髪型は、マニッシュでボーイッシュな印象になりますよ。

 

ショートの髪型を生かして、前髪やサイドでヘアアレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

ワンランクアップのかぶり方を楽しめるはず。

 

それではマリンキャップでレディースの、おしゃれでかわいいかぶり方(ショートの髪型)を紹介します。

 

 

ショートの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:前髪を流す

ショートの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:前髪を流す

参照元:https://kinarino.k-img.com/

マリンキャップは、船員や漁師がかぶっていた帽子なので、ショートの髪型と合わせれば、かっこかわいい表現ができます。

 

ショートの髪型でのマリンキャップをかぶる際は、前髪を横に流し目元をスッキリと見せるようにしましょう。

 

サイドも同じように髪を耳にかけることで、顎ラインをシャープに見せれます。

 

ヘアアレンジも不要で、髪の毛がマリンキャップに収まることで、小顔効果もアップしますよ。

 

ショートの髪型だからこそマニッシュ感が引き立ち、おしゃれでかわいいかぶり方をできます。

 

 

 

 

ショートの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:浅めにかぶる

ショートの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:浅めにかぶる

参照元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

ベリーショートの髪型は、マリンキャップを浅くかぶることがオススメです。

 

短い前髪をチョコンと出すことで、若々しくボーイッシュ感をアップできます。

 

深くかぶりすぎると、前髪やサイドの髪まで隠れてしまうので注意しましょう。

 

マリンキャップはレトロな雰囲気もあるので、ベリーショートの髪型でマリンキャップをかぶれば、全体的にふっくらとしてかわいい印象になりますよ。

 

 

 

 

ショートの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:サイドを出す

ショートの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:サイドを出す

参照元:https://d3kszy5ca3yqvh.cloudfront.net/

ショートボブの髪型のレディースは、マリンキャップをかぶるときにサイドを大胆に下ろしてみてはいかがでしょうか?

 

ショートの髪型とマリンキャップは、メンズライクなスタイルになりがちですが、ショートボブの髪型なら、マリンキャップを少し後ろにずらして浅めにかぶることで、ガーリーでかわいい演出ができます。

 

とくにペーパー素材のマリンキャップは、春夏にピッタリで涼しげな印象にしてくれる素材です。

 

耳が微かに出る程度にサイドの髪をおろすことも、上品さを表現するポイントになります。

 

Sponsored Link

 

マリンキャップでレディースのおしゃれでかわいいかぶり方(ボブの髪型)

ボブの髪型でマリンキャップをかぶることで、小顔効果が期待できます。

 

ボーイッシュ感とフェミニン感を楽しめるのがボブの髪型ですよ。

 

それではマリンキャップでレディースのおしゃれでかわいいかぶり方(ボブの髪型)を紹介します。

 

 

ボブの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:ストレート

ボブの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:ストレート

参照元:http://img5.zozo.jp

こちらは、ストレートのボブの髪型を生かした、マリンキャップのかぶり方です。

 

マリンキャップを少し斜めにずらして浅くかぶることで、目元を隠すことなくおしゃれでかわいい印象に。

 

上記の髪型のままマリンキャップを深くかぶってしまうと、やや重い印象になってしまいます。

 

春夏の季節にマッチするかぶり方は抜け感ですので、ストレートのボブを生かすには、斜めにずらして浅くかぶることが大切です。

 

 

 

 

ボブの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:ふんわり結び

ボブの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:ふんわり結び

参照元:http://img5.zozo.jp/

ガーリーなファッションコーデの日は、ボーイッシュな髪型よりもフェミニンな髪型の方がオススメです。

 

無造作に手ぐしで束ねたボブの髪を、ふんわりと一本に結んで、マリンキャップを浅めにラフにかぶってください。

 

程よいレトロ感大人っぽい魅力が引き立ち、おしゃれでかわいいかぶり方になりますよ。

 

 

 

 

ボブの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:ゆるウェーブ

ボブの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:ゆるウェーブ

参照元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

ゆるくウェーブがあるボブの髪型には、マリンキャップを深めにかぶるのがオススメです。

 

大人っぽく少しセクシーさを感じる、おしゃれでかわいいかぶり方になります。

 

カジュアルコーデ好きなボブの方や、ちょっとモード的なファッションコーデをしたい日にもぴったりなかぶり方です。

 

Sponsored Link

 

マリンキャップでレディースのおしゃれでかわいいかぶり方(ミディアムの髪型)

ミディアムの髪型は、ヘアアレンジも自由度が高いので、かぶり方も髪型に合わせる必要がありますね。

 

オススメのミディアムの髪型との、おしゃれなかぶり方を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

それではマリンキャップでレディースの、おしゃれでかわいいかぶり方(ミディアムの髪型)を紹介します。

 

 

ミディアムの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:耳出し

ミディアムの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:耳出し
参照元:https://img08.magaseek.com/

ミディアムの髪型にマリンキャップは、ガーリーな雰囲気が出てとってもかわいいですよね。

 

女の子らしくガーリーテイストを演出するなら、マリンキャップは少し浅くかかぶることがオススメ。

 

なるべく顔を出すようにすると重くならずにカジュアル感もアップしますよ。

 

さらにマリンキャップを耳にかけるように斜めに持ち上げ、ミディアムの髪は自然な感じで外ハネさせるようにすれば、一体感あるスタイルになります。

 

 

 

 

ミディアムの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:ハーフアップ

ミディアムの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:ハーフアップ
参照元:https://resource.shoppies.jp/

ミディアムの髪型に、涼しげな天然素材のマリンキャップをかぶるなら、髪を束ねることがオススメ。

 

サイドの髪を両方から束ねてハーフアップをつくり、マリンキャップをしっかりと深めにかぶると清潔感があります。

 

ただ普通にかぶるよりも、季節にマッチした清涼感のあるおしゃれでかわいいかぶり方の完成です。

 

 

 

 

ミディアムの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:前髪だし

ミディアムの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:前髪だし
参照元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

ミディアムの髪型で、フェミニンな演出をするマリンキャップのかぶり方は、前髪をおろし少し深めにかぶることです。

 

とくに前髪がキレイに揃っていると、よりフェミニンでガーリーなイメージになりますよ。

 

ヘアアレンジをする必要はなく、マリンキャップがヘアアクセのように髪の毛を固定してくれます。

 

存在感のあるカラーのマリンキャップを選ぶと、よりおしゃれでかわいいかぶり方になるので、覚えておいてくださいね。

 

 

マリンキャップでレディースのおしゃれでかわいいかぶり方(ロングの髪型)

ロングの髪型でマリンキャップをかぶると、ちょっとおしゃれでかわいいきれい系になります。

 

またロングの髪型だからこそ、モードな雰囲気も表現することができます。

 

ただロングの髪型だからこそ、マリンキャップのかぶり方を間違えれば、暗い雰囲気にもなりかねません

 

好感度が上がる、おしゃれでかわいいかぶり方のコツを教えます。

 

それではマリンキャップでレディースの、おしゃれでかわいいかぶり方(ロングの髪型)を紹介します。

 

 

ロングの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:深めにかぶる

ロングの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:深めにかぶる
参照元:https://www.anapnet.com/

ロングの髪型のレディースは、深めにマリンキャップをかぶるスタイルがオススメですよ。

 

コテで巻き髪を作ると大人っぽくセクシーな印象になりますが、ボーイッシュなマリンキャップを深くかぶることで、モードテイストになります。

 

上品でガーリーなイメージのロングの髪型も、たまにはマリンキャップでイメチェンするのも楽しいですよ。

 

深くかぶることで小顔効果も期待できるので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

ロングの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:オデコだし

ロングの髪型のマリンキャップのかわいいかぶり方:オデコだし
参照元:https://img5.zozo.jp/

ロングの髪型だからこそ可能な、おしゃれでかわいいかぶり方は、大胆なオデコだしです。

 

ロングの髪をかきあげるようにして、マリンキャップを髪にフィットさせてかぶることで、大人っぽく品のよさがアップします。

 

ゆるくロングの髪を巻いておくと、よりスタイリッシュなおしゃれでかわいいかぶり方になります。

 

 

 

 

ロングの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:大人ポニー

ロングの髪型でマリンキャップのかわいいかぶり方:大人ポニー
参照元:https://img.fril.jp/

ロングの髪型でマリンキャップをかぶると、やっぱりボーイッシュ感が引き立ちそうと悩んでいるレディースもいますよね。

 

ロングの髪型を一つに束ねて大人ポニーテールをつくり、マリンキャップは浅めにかぶってサイドの後れ毛は耳にかけます

 

マリンキャップが品よいクラシカル感を引き立て、大人きれいなおしゃれでかわいいかぶり方になりますので、デートにもオススメです。

 

sponsored link

 

マリンキャップに似合うレディースにおすすめのかわいいヘアレンジを紹介!

マリンキャップは、キャップの中でも存在感のあるデザインですね。

 

だからこそ「私は絶対にマリンキャップが似合わないかも」と思ってませんか?

 

マリンキャップをかわいくかぶるポイントは、マリンキャップに似合うヘアアレンジが大切です。

 

ロングやミディアムさんはもちろんですが、ショートの髪型でもマリンキャップに似合うアレンジがありますよ。

 

続きましてマリンキャップに似合う、レディースにおすすめのかわいいヘアレンジを紹介します。

 

 

ショートの髪型でマリンキャップに似合うかわいいヘアアレンジ:水木あお

最近、人気が高まっている水木あおさんが紹介する、ショートの髪型のかわいいヘアアレンジです。

 

動画ではキャップで説明していますが、マリンキャップにも似合いそうなショートのヘアアレンジが紹介されていましたので、紹介します。

 

  • シンプルなショートの髪型のヘアアレンジとかぶり方
  • かっこ可愛いヘアアレンジとかぶり方(1分2秒頃)
  • 大人セクシーでかっこいいヘアアレンジとかぶり方(2分40秒頃)
  • 外ハネのヘアアレンジとかぶり方(4分55秒頃)

 

上記以外にも動画では紹介されていますが、この4つがマリンキャップにオススメの、ショートの髪型のヘアアレンジです。

 

結ぶことが出来ないショートの髪型でも、とくにピンやワックス等を使うわけではないから、すぐに誰にでもチャレンジ出来そうですので、試してみてください。

 

 

 

ミディアムやロングの髪型でマリンキャップに似合うかわいいヘアアレンジ:HowTwo3選

こちらはミディアムロングの髪型のレディースにオススメのヘアアレンジ方法です。

 

  • ポニーテールのヘアアレンジ(40秒頃)
  • フィッシュボーンのヘアアレンジ(1分19秒頃)
  • マリンキャップを脱いでも可愛いねじりお団子のヘアアレンジ(2分48秒頃)

 

実際にマリンキャップをかぶりながら説明しているので、とっても分りやすいですよ。

 

とくに難しそうなフィッシュボーンも、案外簡単にヘアアレンジできますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

短めなミディアムの髪型でもできるマリンキャップに似合うかわいいヘアアレンジ

こちらの動画は、プロが教えてくれる少し短めなミディアムの髪型でもできる、かわいいヘアアレンジです。

 

誰でもできる三つ編みを作って巻きつけて、マリンキャップからチラリと見せるスタイル。

 

ポイントは、三つ編みの毛先をヘアアイロンで内巻きにすること。

 

あとは作った三つ編みを後ろで丸めてとめて、全体の髪の毛をルーズに崩していき、顔の両サイドの髪の毛をゆるく巻けば完成です。

 

とってもかわいいヘアアレンジが完成しますよ。

 

 

 

ロングの髪型でマリンキャップに似合うかわいいヘアアレンジ:逆りんぱと三つ編み

マリンキャップに似合う、大人の三つ編みヘアアレンジです。

 

三つ編みを作りながら逆くるりんぱすればOK。

 

少し崩した抜け感のあるヘアアレンジだから、幼くなりすぎないのが嬉しいですね。

 

マリンキャップをかぶればガーリーで上品な印象になりますよ。

 

三つ編みが苦手なレディースでも、逆くるりんぱを続けてヘアアレンジすることもできるので、ぜひ試してみてください。

 

sponsored link

 

レディースにおすすめのマリンキャップを紹介!

最後はレディースにおすすめのマリンキャップを紹介します。

 

レディースのマリンキャップは色も豊富で、春夏にマッチする涼しげなベージュホワイトもあれば、コーデに合わせやすい定番カラーのネイビーブラックもあります。

 

もちろんボーダーと相性のいいデニム素材もオススメです。

 

おしゃれなマリンキャップを集めてみましたので、参考にしてください。

 

 

レディースにおすすめのマリンキャップ:New York Hat

アメリカ老舗ブランドのニューヨークハットは、世界中にファンをもつハットメーカーで、おしゃれなレディースにオススメしたい、本格派のマリンキャップですよ。

 

キャンバス地にレザーを合わせた、インパクトのあるデザインです。

 

ボーダートップスと合わせれば、夏にピッタリなマリンキャップコーデを楽しめますよ。

 

また程よくハリ感をキープしているので、型崩れしないところもレディースにオススメポイントです。

 

このマリンキャップをもっと詳しくみる

 

 

レディースにおすすめのマリンキャップ:コットン素材

こちらは、やや硬めでハリのあるコットン素材を使用した、レディースにオススメのマリンキャップです。

 

フロントは2本のロープを施し、サイドのボタンがキラリと輝くワンポイント。

 

コーデにも合わせやすいベーシックなブラックカラーで、顔周りもスッキリ感をキープできます。

 

メリハリ感のあるマリンキャップだから、大人レディースにもオススメです。

 

このマリンキャップをもっと詳しくみる

 

 

レディースにおすすめのマリンキャップ:デニム素材

やや幅広で浅いマリンキャップで、デニムキャンバス素材を使用したカジュアルなデザインです。

 

春夏の季節にマッチした涼しげなベージュカラーや、定番のブラックやボーイッシュなインティゴもオススメ。

 

フロントにはロープを施し、サイドには上品なパール調のボタンでアクセント。

 

髪を束ねてもオシャレに決まる、レディースにオススメのマリンキャップです。

 

このマリンキャップをもっと詳しくみる

 

 

レディースにおすすめのマリンキャップ:選べるカラー

コロンと丸みが強いマリンキャップは、ガーリーなコーデにもオススメです。

 

通気性のいいコットン素材を使用して、程よい透け感をキープ。

 

シンプルなデザインでありながらも、ロープとボタンの装飾がオシャレですね。

 

マリンキャップ初心者のレディースにも使いやすい、オススメのマリンキャップです。

 

このマリンキャップをもっと詳しくみる

 

 

レディースにおすすめのマリンキャップ:素材を選べる

大人レディースにオススメしたい、素材を選べるマリンキャップです。

 

夏にピッタリな綿&麻を使用したマリンキャップは、通気性もよく肌触りも抜群ですよ。

 

長時間のお出掛けもストレスを感じることがありません。

 

もう1点はカジュアルなコーデにピッタリなデニム素材です。

 

子供っぽくならずに大人のメンズライクを楽しめます。

 

また少しつばが深めになっているので、日差し避け&小顔効果も期待できる、レディースにオススメのマリンキャップです。

 

このマリンキャップをもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

マリンキャップのおしゃれなかぶり方のコツは分りましたか?

 

マリンキャップのかぶり方ヒトツで、イメージは大きく変わるもの

 

せっかくおしゃれなファッションコーデをしても、かぶり方がイマイチだと全身決まらないですよ。

 

個性的なマリンキャップなので、もっと活かさないともったいないです。

 

髪型別のヘアアレンジを活用し、この夏は普段と違うマリンキャップコーデを楽しんでください。

 

今回は、マリンキャップでレディースのおしゃれなかぶり方と、おすすめのかわいいヘアアレンジも紹介(髪型別)しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ