今や花粉の時期だけでなくマスク需要が高まっている昨今。

普段からメガネを掛けている方がマスクで悩む問題と言えば、マスクをしてメガネが曇る問題

メガネを外してレンズを拭くことで曇り除去をするのは簡単ですが、この手間がストレスですよね。

コロナの影響もあり今までなかったストレスも増えていますので、無くせるストレスは無くしたいところ!

マスクでメガネが曇らないようにできる対策は、「曇り止め機能があるレンズを使う」「マスクの付け方を工夫する」「スプレー・クロス・ジェルなどのレンズを曇らせないグッズ」「グッズ以外の代用品アイテム」など。

自分に合った対策方法を見つけ、ストレスなく「メガネ+マスク」をつけたいですね。

そこで今回はマスクをしてもメガネが曇らない方法!対策グッズや裏ワザ、メガネでマスクが曇る原因まで解説していきます。

Sponsored Link

メガネをしてマスクが曇る原因は結露!

メガネが曇る原因は「結露」「油分」「レンズの状態」によって曇ります。

  • 結露:急激な温度差で曇る
  • 油分:顔や体から出る汗や皮脂、まつ毛の先についた油分で曇る
  • レンズ状態:レンズ汚れやコーティング剥がれで曇る

上記3つの原因の中でも大半の原因が「結露」による問題です。

急激な温度差や湯気によって空気中の水分がレンズに水滴としてつき、細かな水滴に光が反射してメガネが曇って見えます。

なぜマスクをするとメガネが曇るのか?

参照元:https://www.j-cast.com/

冬になると窓ガラスが結露でびっしり濡れているのを見たことがあると思います。

この原理と同じく、「メガネ+マスク」の場合は、水分を含んだ暖かく湿った息がマスク上部の隙間からメガネに流れて曇ってしまいます

つまりこの対策として考えられるのが、「マスク選び」「マスクの付け方」「曇り止めレンズの使用」「曇り止め対策グッズ」ですので、一つずつ紹介していきます。

Sponsored Link

【マスクへの対策】マスクでメガネが曇らない対策と便利アイテム

マスクでメガネが曇る原因の大半は結露。

つまりマスクからメガネに向かって息が流れないようにすることができればベストですね。

それではマスクでメガネが曇らないマスク側でできる対策と便利アイテムを紹介していきます。

マスクの選び方

マスクにはサイズや種類がありますね。

しっかり自分に合ったマスクを手に入れることで、マスクから漏れる吐息を抑えられますよ。

それではマスクでメガネが曇らないマスクの選び方を紹介していきます。

サイズ選び

マスクでメガネが曇らないマスク側でできる対策と便利アイテム:マスクの選び方(サイズ選び)

参照元URL:https://shop.shirt.co.jp/

マスク選びで大事になってくるのが、自分の顔のサイズに合ったマスクを選ぶことが大切ですね。

顔のサイズや大きさは人それぞれですので、人によってフィット感のあるマスクも自分がつけると隙間ができてしまいます。

自分に合ったサイズのマスク長さは、「耳の付け根上部から鼻の付け根1cm下までの距離を測ること」。

マスクのサイズ
  • 子供用:9~11cm
  • 小さめサイズ:10.5~12.5cm
  • レギュラーサイズ:12~14.5cm
  • 大きめサイズ:14cm以上

マスクの種類選び

マスクでメガネが曇らないマスク側でできる対策と便利アイテム:マスクの選び方(種類選び)

参照元URL:https://www.photo-ac.com/

自分のサイズに合ったものを選ぶだけでは足りませんよ。

市販のサイズは一般的に使えるサイズになっているので、完全にフィットするのは難しくなりますね。

マスクがメガネで曇らないようにするには「立体型」がおすすめです。

マスクには「平面サイズ」「プリーツ型」「立体型」の3つがあり、それぞれにメリットデメリットがあります。

立体型はしっかり顔にフィットしてくれるので、平面サイズやプリーツ型に比べると、断然に吐息漏れが少なく曇りにくいのが特徴です。

マスクの種類
  • 平面型マスク(×):高い保湿性と保温性
  • プリーツ型マスク(△)プリーツを上下に広げて息苦しさを回避
  • 立体型マスク(◎):隙間なくフィットしつつ口元に空間があり口紅写りも少ない
メガネが曇りにくいおすすめの立体型マスク

こちらはグンゼから販売されている日本製の洗える立体型マスク。

耳も痛くなりにくく、肌に優しい綿混素材で長時間利用も安心ですよ。

Sponsored Link

マスクの付け方

自分に合ったマスクを見つけられれば、マスクからの吐息漏れも減らせますが完全ではありません。

立体型以外のマスクでもできるマスクの付け方と裏ワザを紹介します。

マスク上部を折り曲げる

マスクでメガネが曇らないマスク側でできる対策と便利アイテム:プリーツ型はマスク上部を折り曲げる

参照元URL:https://weathernews.jp/

プリーツ型マスク着用する場合は、マスク上部を内側に0.5cm~1cmほど折り曲げてください。

つけ心地と見た目には違和感がでてしまいますが、緊急時の対策や今あるプリーツ型マスクでもできるの◎。

但し簡易的に折り曲げているので、少しずれると曇ってしまうデメリットはあります。

マスク上部にティッシュを仕込む

マスクでメガネが曇らないマスク側でできる対策と便利アイテム:マスク上部にティッシュを仕込む

参照元URL:https://weathernews.jp/

マスク上部を折り曲げるよりも効果があるのは、マスク上部にティッシュを添えること。

マスクが少し膨らんで見えてしまいますが、見た目の違和感が少ないのが◎。

但し長時間利用になると、ティッシュと肌が触れてムズムズしたり、ティッシュが吐息で湿ってしまったりズレてしまう場合があります。

マスクの重ね付け

マスクでメガネが曇らないマスク側でできる対策と便利アイテム:マスクの付け方(重ね付け)

参照元URL:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

息苦しさはありますが、マスクから漏れる吐息によってメガネが曇らなかったのが重ね付け方法です。

マスクには種類がありますが、感染対策として不安に感じる方は「布マスク」「不織物マスク」がおすすめですよ。

ポイント
  • 布製マスクの上から不織物マスク:メガネの曇りなし。布マスクの密着度がUP
  • 不織物マスクの上から布製マスク:メガネの曇りなし。代わりに不織物が原因で肌荒れの可能性あり

マスクの曇り止めに使える便利アイテム

マスクでできる予防の最後は裏ワザや便利アイテムです。

今あるマスクでもできる曇り止めに使える便利アイテムを紹介しますので参考にしてください。

鼻パッド

ティッシュはちょっと….と感じる方には、マスクにつける鼻パッドが販売されています。

使い勝手はティッシュと同じで、マスク上部につけて隙間を無くして軽減させる方法です。

インナーマスク

こちらはロボット研究所が開発した新技術を使ったインナーマスク。

空気を上から下に流れやしすくすることで、マスクの上部から出る自分の吐息を下側に逃して結露を防止するアイテムです。

マスク特有の息苦しさも軽減でき、口の周りに熱気がこもることがないので、ロングシーズン快適に使えますよ。

鼻パッド付きのマスク

マスクにティッシュをつけるのが面倒な方は、鼻パッドがついたマスクがおすすめ!

こちらは洗って何度も使える安心の日本製でもあります。

ティッシュなどの取り付けが面倒!作業が苦手!という方は、鼻パッド付きマスクならその日から使えますね。

メガネをかける人の為に作られたマスク

メガネの曇り止めを防止するために設計された新形状のマスクです。

鼻に沿ってフィットさせる形状になっており、隙間を限りなくゼロに近づけてメガネの曇りを防いでくれます。

鼻回りはやわらかいウレタンクッションで長時間利用も違和感なく、圧倒的な密着感を生み出すアルミ素材のワイヤーで、ズレや息漏れが気にならないですよ。

sponsored link

【メガネへの対策】マスクでメガネが曇らない対策と便利アイテム

マスクの対策だけでなく、メガネにも対策する事でより曇らない様にする事ができますよ。

マスクでメガネが曇らないメガネ側でできる対策と便利アイテムを紹介していきます。

防曇レンズを使用

マスクでメガネが曇らないメガネ側でできる対策と便利アイテム:防曇レンズを使用

参照元URL:https://oceans.tokyo.jp/

防曇レンズとは「レンズ表面に付着してしまう水分を水滴にせず、特殊コーティングの吸水層により、蒸気・呼気・水は吸水膜に吸い込まれ、乾燥・蒸発する事で吸水性能が回復する」レンズのこと。

種類は2つあり、「ノーメンテナンスタイプ」「メンテナンスタイプ」がありますよ。

ポイント
  • ノーメンテナンスタイプ:メンテナンス不要で効果は2年間持続
  • メンテナンスタイプ:専用メガネ吹きでメンテナンスすることで2年〜3年効果が持続
sponsored link

メガネを曇らないようにする対策グッズ

メガネに直接対策できるグッズは、「クロスタイプ」「ジェルタイプ」「スプレータイプ」の3タイプがあります。

それぞれの特徴やおすすめのアイテムも紹介しますので、参考にしてください。

クロスタイプ

メガネを曇らないようにする対策グッズ:クロスタイプ

参照元URL:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

クロスタイプは、「クロスに曇り止めの成分が含まれたもの」です。

そのクロスでレンズを拭くことで成分がレンズに付着し曇り止めをしてくれます。

コンパクトのサイズでバッグの中に収納でき、1回で複数回使えるものが多く、効果の持続時間も長いのが特徴です。

さまざまなブランドから展開されており、100円均一のダイソーなどからも販売されているので、お手頃価格で手に入りますよ。

おすすめのクロスタイプ

特殊コーティング液をたっぷり配合したクロスタイプです。

メガネクリーナーと同じ感覚でレンズを丁寧に拭くだけで、曇り止めの効果は8時間〜12時間持続してくれ、レンズの清潔感もキープしてくれますよ。

ジェルタイプ

メガネを曇らないようにする対策グッズ:ジェルタイプ

参照元URL:https://mobile.twitter.com/

ジェルタイプは、「レンズにジェルをそのまま馴染ませて使う」タイプです。

ジェル状なので周りに飛び散ることもなく、一度濡れば持続効果も長いのが特徴です。

おすすめのジェルタイプ

こちらはメガネに米粒サイズのジェルを塗るタイプです。

1回で24時間の曇り止め効果が期待でき、小さなチューブですが、30~40回の使用が可能です。

ただ使う際には注意が必要!

レンズに汚れがあると均一にコーティングする事ができないので、レンズを綺麗にクリーニングしてから行ってくださいね。

スプレータイプ

メガネを曇らないようにする対策グッズ:スプレータイプ

参照元URL:https://weekly.jins.com/

スプレータイプは、「レンズに直接スプレーを吹きかけて拭き取る」タイプです。

レンズ全体に吹きかけられてムラができにくいのが特徴ですよ。

ムース状に出るので、レンズも傷つけにくいのも◎です。

おすすめのスプレータイプ

こちらはメーカー独自開発のコーティング剤が使われています。

使う度に被膜が厚みを増して汚れが定着しにくくなっていますよ。

また撥水効果もあるので、常にクリアな視界を実現してくれます。

メガネのお手入方法

メガネの曇り止め防止アイテムを使っても効果が半減してしまうことがあります。

それはメガネ自体に汚れが残っている時です。

「クロスタイプ」「ジェルタタイプ」「スプレータイプ」でも、メガネに直接行うアイテムですので、メガネ自体のお手入れはしっかりしてかた行うのが大切ですよ。

sponsored link

【裏ワザ】自宅にあるアイテムを活用する方法

メガネのレンズが曇る大半の原因は結露が問題ですね。

つまり車のフロントガラスの油膜と同じく、中性洗剤や石鹸など、自宅にも比較的ある洗剤で洗うことでコーティングする事ができますよ。

但し防曇レンズの様な特殊なコーティングがされているレンズには使わないでください。

また歯磨き粉も注意が必要!研磨剤が入っているので、レンズに傷がつく場合もありますので注意してくださいね。

自宅にある代替えグッズ
  • 中性洗剤
  • 台所洗剤
  • リンス
  • 石鹸
  • 歯磨き粉

関連記事

まとめ

メガネは曇るのは結露が原因!

気温変化の激しい秋冬には、しっかりとした対策をしないと確実に曇ってしまいます。

今はマスクが必須の時代だからこそ、安易にマスクを外したらメガネを外すのも避けたいところですので、しっかりとした対策でお出かけしてくださいね。

そこで今回はマスクをしてもメガネが曇らない方法!対策グッズや裏ワザ、メガネでマスクが曇る原因まで解説していきます。

sponsored link