大人女子にも人気のスカンツ

数年前からワイド系シルエットが人気ですが、いくつかのアイテムは減少傾向の中、スカンツは今も人気を集め、定番アイテムになりつつありますね。

Sponsored Link

ボリュームのあるシルエットながら、パンツスタイルで足捌きよく快適に動けるスカンツ。

存在感をしっかり出せるアイテムだけに、トップスや足元との合わせた方がイマイチ掴めない方も多いはず。

そこで今回はスカンツの説明と、コーデのコツやおすすめのスカンツを紹介していきます。

スカンツとガウチョ・ワイドパンツ・スカーチョとの違いは?

ワイド系パンツが主流の今、さまざまワイド系パンツがありますよね。

スカンツとよく間違えやすいのが、ガウチョパンツ、ワイドパンツ、スカーチョですね。

ファッション業界の曖昧な部分もありますは、スカンツと思って商品を見ていたら、ワイドパンツやスカーチョだった!ということがあるはず。

まずはスカンツとガウチョ・ワイドパンツ・スカーチョの違いから紹介していきます。

スカンツとは?

https://spsoosaka.com/post-1099/

参照元URL:https://spsoosaka.com/

スカンツとはスカート+ワイドパンツを合わせた造語になります。

ベースがパンツスタイルになりますが、スカートの裾とワイドパンツのシルエットが合わさりワイドパンツよりも裾が広がったシルエットが特徴です。

足首丈が基本になっていますので、ボリュームのあるシルエットと合わさり、体型カバーをしながら大人の上品なリラックススタイルが完成しますよ。

数年前のガウチョパンツなどのワイド系パンツが人気になった時期、スカンツも人気が高まり、今の流行りであるゆったりとしたリラックススタイルにマッチすることもあり、今や定番アイテムの1つになっています。

ワイドパンツ・ガウチョパンツ・スカーチョとは?

続いては他のワイド系パンツとの違いを見ていきましょう!

とくに間違えやすい、ワイドパンツ・ガウチョパンツ、スカーチョの特徴を紹介します。

知ってしまえばとても簡単な違いですので、ぜひお持ちのアイテムも見てみてください。

ワイドパンツ・ガウチョパンツ・スカーチョとは?

参照元URL:https://towa-jyoshi.com/

ワイドパンツ

  • 足首丈
  • もも辺りから裾までワイドなシルエット

ガウチョパンツ

  • 7分丈
  • もも辺りから裾に広がっていくシルエット

スカーチョ

  • スカート+ガウチョを合わせた造語
  • 7分丈
  • スカートの様に見えるガウチョパンツ
まとめ
  • スカンツ:足首丈+ワイドパンツよりもボリュームのあるシルエット

スカンツは他のアイテムに比べ、ボリュームのあるシルエットに女性らしさをしっかり出せるアイテムです。

Sponsored Link

スカンツを着こなすコツやコーデ方法は?

どんなアイテムもただ着るだけはアイテムの良さを表現できません。

アイテム毎に特性がありますので、スカンツに合った着こなし方を意識すれば、より可愛く大人っぽく着こなす事ができます。

それではスカンツを着こなすコツやコーデ方法を紹介します!

上下でメリハリ

スカンツはスカートに見えてパンツスタイルですので、もちろん両足を通す為に真ん中で分かれていますね。

分かれている事でロングスカートよりもボリュームのあるシルエットが出せる事ができるので、まずはしっかり上下でのメリハリを出し、スッキリとしたシルエットで着こなすことが大切です。

黒のTシャツ

上下でメリハリ:ベージュのスカンツ×黒のTシャツ

参照元URL:https://www.instagram.com/

こちらは黒のTシャツをインスタイルにした着こなし。

ウエストマークができるベージュのスカンツとの着こなしなので、しっかりメリハリ感を出せていますね。

またカラーでもメリハリがあるので上品にまとめつつ、足元はビーチサンダルでカジュアルダウンさせてリラックス感も演出しています。

黒のレースタンクトップ

上下でメリハリ:ピンクのスカンツ×黒のレースタンクトップ

参照元URL:https://www.instagram.com/

スカンツの特徴を活かした着こなしで、ボリュームのあるシルエットにタイトなショートのタンクトップでメリハリスタイル!

またレース仕様で甘さもあるので、大人の甘辛MIXコーデが完成しています。

ベージュのチャイナブラウス

上下でメリハリ:ピンクのスカンツ×ベージュのチャイナブラウス

参照元URL:https://wear.jp/

今度はブラウスをインした着こなし。

人気のチャイナデザインのブラウスを合わせ、よりトレンド感のある着こなしに。

またベージュとピンクのスカンツの淡い色合いですが、スカンツのウエストがしっかり引き締まっているので、上下でのメリハリがしっかり出せていますね。

ボーダートップス

上下でメリハリ:ネイビーのスカンツ×ボーダー

参照元URL:https://wear.jp/

今度はボーダーニットとの着こなし。

マキシ丈のボリュームのあるスカンツとの着こなしなので、ボーダートップスはしっかりインして上品に着こなした秋スタイル!

メリハリ感をしっかり出しつつ、上下で同じネイビカラーを使って統一感もあり◎。

Sponsored Link

Iラインを意識!

スカンツはボリュームのあるリラックスしたシルエットが特徴ですね。

このシルエットを活かしつつ、大人っぽくナチュラルな着こなしをするのであれば、Iラインを意識するのが大切!

縦のラインをしっかり意識した着こなしをすれば、グッと大人っぽさを加えることができますよ。

ベージュのロング丈シャツ

Iラインを意識!:ベージュのスカンツ×ベージュのロングシャツ

参照元URL:https://wear.jp/

こちらはロングシャツを合わせた着こなし。

ボリュームのあるスカンツに、ロングシャツを合わせることで縦のラインがしっかり表現できていますね。

またリラックス感を高める抜き襟で着こなすことで、よりナチュラルで上品なスタイルに仕上がっています。

黒のシャツワンピース

Iラインを意識!:ドット柄のスカンツ×黒のシャツワンピ

参照元URL:https://wear.jp/

今度はシャツワンピを使ったIラインの演出!

可愛くカジュアルなドット柄のスカンツも、シャツワンピを合わせて上品カジュアルに見せています。

またシャツワンピの上のボタンを閉めることで、ラフすぎない大人な雰囲気を出せているのもポイントです。

足元選び!

スカンツは春から秋での着こなしがおすすめです。

着こなしに合わせて合わせる足元も変わってきますが、スカンツには不向きな足元アイテムもありますよ。

コンバースのスニーカー

足元選び!:コンバースのスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

スカンツにスニーカーを合わせるなら、コンバースのスニーカーの様な、シンプルで丸みのあるシルエットのデザインがおすすめ。

ボリュームのあるスカンツだけに、流行りのダッドスニーカーやボリュームスニーカーとの相性は悪いので、コンバース系のシンプルスニーカーがおすすめです。

足袋パンプス

足元選び!:足袋パンプス参照元URL:https://www.instagram.com/

スカンツに足袋パンプスはおすすめの合わせ方です。

先程のスニーカーと同じく、フラットなデザインの足袋パンプスとは好相性!トレンドのアイテムでもあるので、おすすめな組み合わせです。

普段のパンプスなら上品な雰囲気ですが、足袋パンプスで上品カジュアルにするのが今時ですよ。

足元選び!:ウェッジソールサンダル

参照元URL:https://wear.jp/

ウェッジソールで上品カジュアルな合わせ方です。

フラットスタイルもいいですが、ヒールを程よく出すことで大人っぽさを出しつつ、決めすぎないデザインでリラックスカジュアルな着こなしができますよ。

クロスストラップ

足元選び!:クロスストラップ

参照元URL:https://wear.jp/

フラットサンダルに少し変化をつけるならクロスストラップデザイン。

シンプルなデザインだけでなく、少し変化をつけて抜け感を出すのも大切です。

画像の様にしっかりアピールしてもいいですし、少し長め丈のスカンツで、チラリと見せるクロスデザインもおしゃれで素敵ですよ。

まとめ

    上品に着こなすなら

    • ヒールのあるサンダルやパンプス
    • 足袋パンプス

    ラフに着こなすなら

    • ビーチサンダル
    • フラットサンダル

    カジュアルやスポーティ

    • スニーカー
    • スポーツサンダル
    sponsored link

    色別

    黒のスカンツ×ボーダー×白のサンダル

    黒のスカンツ×ボーダー×白のサンダル

    参照元URL:https://wear.jp/

    黒と白で合わせたモノトーンコーデ。

    黒のスカンツはしっかり引き締まるアイテムなので、スタイルアップして着こなしができますね。

    ボーダーやサンダルを合わせて、しっかり夏感を演出しています。

    白のスカンツ×黒のTシャツ×白のサンダル

    白のスカンツ×黒のTシャツ×白のサンダル

    参照元URL:https://wear.jp/

    今度は白をベースにした着こなし。

    足元も白で合わせて清潔感があり上品ですね。

    またトップスを黒Tシャツで合わせてしっかり引き締めているので、スカンツをボリューム感をうまく引き立てています。

    ベージュのスカンツ×ベージュのニット×ベージュのサンダル

    ベージュのスカンツ×ベージュのニット×ベージュのサンダル

    参照元URL:https://wear.jp/

    こちらがベージュのワントーンコーデ。

    ソフトで落ち着きのあるベージュは、今季のトレンドカラー!

    リラックスナチュラルな旬な着こなしが完成しますよ。

    ブラウンのスカンツ×ベージュのノースリーブ×ブラウンのサンダル

    参照元URL:https://wear.jp/

    こちらはブラウンとベージュのアースカラーコーデ!

    トレンドカラーで旬なカラー使いですね。

    落ち着きのあるカラーで大人っぽく、首にスカーフを巻いてエレガントに見せていますね。

    足元はブラウンのクリアサンダルでうまくカジュアルダウンさせています。

    花柄のスカンツ×グリーンのフリルトップス×白のサンダル

    花柄のスカンツ×グリーンのフリルトップス×白のサンダル

    参照元URL:https://wear.jp/

    花柄デザインが存在感のあるスカンツですね。

    そこに鮮やかなグリーンのフリルトップスを合わせてフェミニン。

    足元は白で夏感をしっかり演出し、爽やかな大人のカジュアルスタイルが完成です。

    sponsored link

    おすすめのスカンツ4選!

    レディースのスカンツは、色柄物が多くて迷ってしまいますね!

    今人気のおすすめしたいスカンツを見つけました。

    続いてはおすすめのスカンツを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

    プリーツデザイン

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


    価格:4054円(税込、送料無料) (2021/4/23時点)

    とっても上品なプリーツデザインです。

    細めのプリーツに艶のある上質な生地で、美ラインを演出してくれますよ。

    女性らしさだけでなく、クールな雰囲気でも着こなしができます。

    上品な着こなしができる

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


    価格:1690円(税込、送料無料) (2021/4/23時点)

    たっぷりとタックが入って気になるお腹周りもカバーしながら、軽いジョーゼット素材でエアリーなシルエットが素敵でよ。

    またバックウエストにシャーリングゴムが使われているので、気軽にフロントインコーデがしやすいのも◎。

    カラーも豊富で、定番無地からドットに花柄まで揃っていますよ。

    大人な着こなしを目指すなら、まずはこのスカンツからがおすすめです。

    sponsored link

    楊柳スカンツ

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


    価格:2189円(税込、送料別) (2021/4/23時点)

    清涼感のある軽やかなレーヨンブレンド生地で、暑い夏でも快適な着こなしが実現!

    抜け感のあるふんわりシルエットに品のあるニュアンスカラーが揃い、大人のナチュラルなスタイルが完成します。

    普段使いはもちろん、着心地も楽なので、家でのリラックススタイルにもおすすめです。

    綿麻混合素材

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


    価格:2480円(税込、送料無料) (2021/4/23時点)

    素材を活かしたシワ感や清涼感が、自然と夏の抜け感のあるコーデに仕上げてくれます。

    歩く度に空気をはらんでふんわりとしたシルエットがとても綺麗で、カジュアルなTシャツからシャツスタイルまで幅広く合わせれますよ。

    年代を問わず使えておすすめです。

    スカンツに関連する記事

    まとめ

    着心地もよくてスタイルカバーもしてくれるスカンツは、人気になるのも当然ですよね!

    カラフルなカラーにキュートな柄物と、デザインも幅広く選べるスカンツ。

    リラックスしたスタイルを作りつつ、上品な着こなしを作ってくださいね。

    今回はスカンツの説明と、コーデのコツやおすすめのスカンツを紹介しました。

    sponsored link