ビッグTシャツのレディースコーデ!おすすめのビッグTシャツも紹介!

Tシャツの中にも色々な種類がありますが、とくに春夏に人気でおすすめなのがビッグTシャツです。

Sponsored Link

 

トレンドのゆるカジュアルな着こなしができ、ビッグサイズのTシャツをレディースが着ることで可愛く見せることができます。

 

もちろんビッグサイズのTシャツなので、レディースの体型カバーにもなるので、1着で一石三鳥とも言えるほどの可能性を秘めていますよ。

 

今年はビッグTシャツで、おしゃれに可愛くコーデを楽しみませんか?

 

今回はビッグTシャツのレディースコーデと、おすすめのビッグTシャツを紹介します。

 

contents

ビッグTシャツのレディースコーデを紹介!

日本のレディースはもちろんのこと、お隣の韓国をはじめ、世界中でビッグTシャツのコーデは注目されています。

 

ビッグTシャツは、スキニーパンツをはじめ、ワイドパンツスカートなど、合わせられるアイテムも豊富で、とても人気がありますね。

 

ただ注意しないといけないのが、ルーズなシルエットがだらしなくなることもあります。

 

おしゃれな着こなしのポイントは、いかに組み合わせの中でメリハリを作るかです!

 

おしゃれなレディースのコーデを参考にし、真似されたくなるようなコーデを作りましょう!

 

それではさっそく、ビッグTシャツのレディースコーデを紹介します。

 

 

キャップ×厚底スニーカー×カーキのビッグTシャツのレディースコーデ

キャップ×厚底スニーカー×カーキのビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp 

こちらはミリタリーテイストのカーキのビッグTシャツを使った、ワンピース風なレディースコーデです。

 

アートチックな写真が目を惹くビッグTシャツは、インパクトも抜群なので、シンプルに着こなしてみるのもおすすめ!

 

上記のコーデでは、迷彩キャップにカーキのビッグTシャツと少しメンズライクな雰囲気もありますので、メリハリをつける為にも、レディースらしいワンピース風な着こなしがとっても可愛いですね。

 

また素足にスニーカーという足元も、より健康的で若々しさをアピールできているのも◎です。

 

 

 

 

スリットワイドパンツ×麦わら帽子×白色のビッグTシャツのレディースコーデ

スリットワイドパンツ×麦わら帽子×白色のビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp

こちらは白色のビッグTシャツにベージュのスリットワイドパンツ合わせた、ナチュラルなコーデです。

 

清潔感のある白色は涼し気で好感度を与えてくれるカラーで、春夏にはとくにおすすめ!

 

こちらもビッグTシャツとワイドパンツだとメリハリ力が少ないですので、ワイドパンツにスリットが入ることで適度な抜け感が生まれています。

 

エレガントな麦わら帽子をプラスして、レディース感をアップしているのもポイントですよ。

 

ぜひ真似していただきたい、上品な大人のゆるカジュアルコーデです。

 

 

 

 

ジョガーパンツ×白スニーカー×英字プリントのビッグTシャツのレディースコーデ

ジョガーパンツ×白スニーカー×英字プリントのビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp

大きな英字プリントがワンポイントのビッグTシャツは、アメカジテイストでカッコ可愛いだけじゃなく、幅広いボトムスと合わせることができます。

 

足元もスニーカーを合わせてカジュアルに仕上げていますので、ハリ感のある素材のジョガーパンツを合わせることで大人感をアップさせています。

 

他にもシルバーのバッグを合わせて、レディー感をプラスしメリハリをつけていますよ。

 

アメカジテイストを取り入れた、大人のゆるカジュアルコーデです。

 

 

 

 

ジーンズ×スポーツサンダル×ワンピース丈のビッグTシャツのレディースコーデ

ジーンズ×スポーツサンダル×ワンピース丈のビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp 

ビッグTシャツとジーンズとの重ね着は、定番人気のおしゃれなコーデです。

 

黒色のビッグTシャツを合わせているので、ゆったりサイズもスリムに見えていいですね。

 

また足元はスポーツサンダルを合わせ、トレンド要素も取り入れて◎

 

クリアバッグもadidasを取り入れ、トレンドのスポーティ感を演出し、とてもおしゃれですね。

 

さらにビッグTシャツも無地なので、アクセントにロングネックレスを合わせれば、一気に華やかな雰囲気もあり◎

 

大人レディースでも着こなしができる、ビッグTシャツを使ったおすすめのコーデです。

 

 

 

 

ベレー帽子×スウェットパンツ×ビッグTシャツのレディースコーデ

ベレー帽子×スウェットパンツ×ビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp

ビッグTシャツにスウェットとかなりラフなコーデですので、少しメリハリをつけるアクセントが欲しいですね。

 

上記のコーデでは、黒色のベレー帽子を合わせて大人感をプラスしています。

 

ラフすぎるスタイルはルームウェアに見えてしまいますので、メリハリ必須ですよ。

 

ビッグTシャツとベレー帽子の色を合わせ、モノトーンも雰囲気も落ち着きがあり◎

 

また赤色の大きなバッグを差し色に使うことでメリハリも作るなど、とてもおしゃれなコーデに仕上げています。

 

Sponsored Link

 

ヒョウ柄のスカート×キャップ×ビッグTシャツのレディースコーデ

ヒョウ柄のスカート×キャップ×ビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp

こちらはビッグTシャツにヒョウ柄のスカートを合わせたコーデです。

 

ビッグTシャツ×スカートも人気の組み合わせですね。

 

スカートコーデで人気の一つが、ビッグTシャツをタックインするコーデです。

 

タックインすることでスタイルアップもできるので人気ですね。

 

上記コーデでは、ヒョウ柄のスカートを合わせて個性も演出したコーデです。

 

さらにキャップとスニーカーを合わせてスポーティ感をプラスするなど、とてもおしゃれにまとめたコーデの完成です。

 

 

 

 

黒デニム×白カーディガン×ビッグTシャツのレディースコーデ

黒デニム×白カーディガン×ビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp 

こちらは白色のビッグTシャツと黒色のデニムを合わせた人気のコーデです。

 

白×黒の組み合わせは他のアイテム同士でも使える組み合わせですが、ビッグTシャツでの組み合わせなら、トップスは白色がおすすめ!

 

トップスが大きめサイズなので、ボトムスは収縮色である黒色で引き締めたい所です。

 

また足元はサンダルですが、上品さを出せるシルバーカラーを合わせているのもメリハリ力ですね。

 

モノトーンカラーでまとめた、上品な大人のビッグTシャツコーデです。

 

 

 

 

黒レギンス×厚底シューズ×ロック系ビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp

こちらはビッグTシャツにレギンスを合わせた人気のコーデです。

 

ビッグTシャツにレギンスの組み合わせは、カジュアルだけでなくスポーティな着こなしもでき、スタイルアップにも繋がるので、人気の高い組み合わせですね。

 

上記のコーデは、レギンスにインパクトを与えるロック系のビッグTシャツを合わせたコーデです。

 

ちょうどビッグTシャツのカラーの切替があることで、より脚長効果もありますね。

 

ロック系のビッグTシャツに合わせた厚底シューズも美ラインを後押ししています。

 

かっこ可愛いビッグTシャツを使ったコーデです。

 

 

 

 

黒デニム×緑のキャップ×白のビッグTシャツのレディースコーデ

黒デニム×緑のキャップ×白のビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp

チュニック丈の白のビッグTシャツと黒デニムを合わせた人気のレディースコーデです。

 

ビッグTシャツのコーデに迷ったときにおすすめしたい、間違いない着こなしですよ。

 

ただ注意点は、それだけだとシンプルすぎて物足りなくなってしまいますので、カラーでの差し色や追加のアイテムは必須です!

 

上記コーデでは鮮やかなグリーンのキャップが差し色になり、サンダルや小ぶりのショルダーバッグを合わせることで、レディースらしさを感じさせています。

 

清涼感のある夏カラーを取り入れたレディースコーデです。

 

 

 

 

ジーンズ×ショルダーバッグ×黒色のビッグTシャツのレディースコーデ

ジーンズ×ショルダーバッグ×黒色のビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp

こちらは人気の英字デザインのビッグTシャツを使ったコーデです。

 

人気のスキニーデニムにスニーカーを合わせた、定番のゆるかじコーデですね。

 

シンプルな着こなしにするなら、人気のフロントに英字デザインされたビッグTシャツがおすすめ!

 

1枚でこなれ感のあるコーデとなります。

 

スニーカーを合わせているので、少しスポーティ感をプラスするなら、ショルダーバッグを斜めかけにするといいですよ。

 

これだけでもこなれ感を演出できるのでおすすめです。

 

Sponsored Link

 

ギンガムチェックのマキシ丈スカート×黒色のビッグTシャツのレディースコーデ

ギンガムチェックのマキシ丈スカート×黒色のビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp

こちらはモノトーンカラーでまとめたレディースコーデです。

 

モノトーンでまとめると少し重くなりがちですが、ビッグTシャツをスカートにタックインすることでメリハリが生まれ、スッキリとしたバランスをキープできています。

 

こなれ感に向け、

  • キャップ
  • トートバッグ
  • スニーカー

を合わせて、可愛くまとめていますね。

 

ギンガムチェック柄は少しカジュアルすぎたり可愛くなりすぎる所がありますが、バランスよく合わせることで、程よい可愛いさのあるカジュアルコーデが完成します。

 

 

 

 

白デニム×キャップ×プリントロゴのビッグTシャツのレディースコーデ

白デニム×キャップ×プリントロゴのビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp 

夏の季節は白色のデニムパンツが人気ですが、短めなTシャツだとボトムラインが気になるレディースも多いですよね。

 

ちょっと着こなしに勇気がいる白色のデニムパンツには、ビッグTシャツがおすすめですよ。

 

ゆったりとしたビッグTシャツのシルエットが、上半身からヒップ、腰回りをカバーしてくれますので、バランスいいコーデに仕上がりますよ。

 

プリントロゴのビッグTシャツは存在感があるので、目線を上に向けることができます。

 

キャップやスニーカーを合わせてカジュアルボーイッシュなスタイルに仕上げ、人気のクリアバッグで夏らしい爽やかなレディースコーデの完成です。

 

 

 

 

フレアスカート×厚底サンダル×英字ロゴのビッグTシャツのレディースコーデ

フレアスカート×厚底サンダル×英字ロゴのビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp 

こちらもビッグTシャツにスカートタックインしたコーデです。

 

少しキレイめなスカートも、ビッグTシャツと厚底サンダルでカジュアルダウンさせ、とてもバランスがいいですね。

 

シンプルな着こなしも、ロックテイストなビッグTシャツを合わせる事で、よりおしゃれに見えます!

 

キレイめとカジュアルレディー感とメンズ感のバランスが絶妙なコーデです。

 

 

 

 

ジーンズ×ビーサン×シュガーピンクのビッグTシャツのレディースコーデ

ジーンズ×ビーサン×シュガーピンクのビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp 

こちらはスリット入りのビッグTシャツを合わせたコーデです。

 

ジーンズと合わせた定番コーデですが、ただ無地のビッグTシャツを合わせるだけではメリハリに欠けますね。

 

上記画像の様に、スリット入りのビッグTシャツを合わせる事で抜け感を演出しています。

 

また淡いシュガーピンクのビッグTシャツは女性らしさを感じさせますね。

 

足元はビーサンを合わせて季節感もあり、大人レディースにもピッタリのコーデです。

 

 

 

 

ダメージジーンズ×ピンクのビッグTシャツのレディースコーデ

ダメージジーンズ×ピンクのビッグTシャツのレディースコーデ

参照元URL http://wear.jp 

こちらはビビットなピンクが目を惹くビッグTシャツです。

 

ビビットなピンクはメリハリ感があるので、スタイルをよく魅せ大人の魅力を惹き出すことができます。

 

ボトムスはきれいめジーンズよりもダメージジーンズを選ぶことで、シンプルになりすぎなようにしています。

 

もちろんスキニータイプを選ぶ事で、上下でメリハリを作る事も大切です。

 

大人の魅力を感じさせるレディースコーデの完成です。

 

sponsored link

 

レディースにおすすめのビッグTシャツを紹介!

ビッグTシャツを選ぶポイントは、いくつかありますよね。

 

デザインはもちろんのこと、素材やシルエットは、ビッグTシャツを選ぶうえで重要なポイントになります。

 

ゆったりと着こなしたいけれど、コーデが合わせにくいデザインでは意味がありませんし、ゆったりしすぎてスタイルが悪く見えてしまうことも。

 

レディースにおすすめしたい、着心地がよくコーデに合わせやすいビッグTシャツを見つけました。

 

続きましてレディースにおすすめのビッグTシャツを紹介します。

 

 

レディースにおすすめのビッグTシャツ:サイドスリット

こちらは1枚でもおしゃれなコーデが完成する、レディースにおすすめのサイドスリット入りのビッグTシャツです。

 

コーデ紹介でもありましたが、スリットがある事でメリハリが生まれるので、1枚で着こなしが完成しますよ。

 

さらにこちらのビッグTシャツは、英字デザインも入っているので、よりおしゃれなコーデが完成しそうです。

 

カラーはホワイトとブラックの2色展開で、サイズはM~XXLまで揃っています。

 

上品なスリットと英字プリントのロゴが大人レディースにおすすめしたい、おしゃれなビッグTシャツです。

 

 

 

レディースにおすすめのビッグTシャツ:太ボーダー

夏におすすめしたい柄のひとつがボーダー柄です。

 

こちらのビッグTシャツは、太いボーダー柄で若々しくカジュアルな印象を与えてくれますよ。

 

しかも大きすぎない絶妙なサイズ感になっているので、あまり大きすぎるTシャツはコーデが難しそうと思うレディースも、気軽におしゃれに着こなすことができます。

 

また裾は後ろが少し長くなっているので、フロントインスタイルもしやすいので、適度な抜け感あるコーデが完成します!

 

紫外線の透過を緩和するUVカットと、汗吸収をしやすい吸水速乾の素材も魅力的ですね。

 

ゆるい肩落ちシルエットが可愛い、レディースにおすすめしたいビッグTシャツです。

 

このビッグTシャツをもっと詳しくみる

 

 

レディースにおすすめのビッグTシャツ:刺繍ワンポイント

こちらはワンポイントの刺繍が施された、キュートなデザインのビッグTシャツです。

 

左胸に小さな刺繍を施すことでコーデのワンポイントになり、

  • ヒゲおじさん
  • ステッキおじさん
  • くまの学生

など、全部で5種類の可愛いデザインから選べます。

 

カラーはすべて白色ベースの無地なので、コーデにも取り入れやすく、スカートやボトムスと選ばず着こなせます。

 

おしゃれなコーデ画像でもありました、タックインやフロントインスタイルでメリハリをつけてもいいですね。

 

またサイドの裾には短めなスリットも入っているので、1枚での着こなしもOK!

 

クスッと思わず笑みがこぼれるキュートな刺繍が可愛いく、大人可愛いカジュアルコーデが楽しめる、おすすめのビッグTシャツです。

 

このビッグTシャツをもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

レディースにおすすめのビッグTシャツ:豊富なサイズから選べる

こちらのおすすめのビッグTシャツは、Sから4Lまでサイズを選ぶことができます

 

身長の小さいミニマムさんにノッポさんも、自分のスタイルにピッタリのビッグTシャツを選択できますよ。

 

  • LLサイズを購入してワンピースのように着こなす
  • 少し大きめサイズを選び、袖を少しロールアップしてこなれ感UP

な着こなしもいいですね。

 

6.2ozヘビーウエイトの綿100%は程よい生地の厚みで、洗濯するほどやわらかくなり肌に馴染んでくれますよ!

 

そして18種類のカラーを選べるのも、レディースにおすすめしたいポイントのひとつです。

 

このビッグTシャツをもっと詳しくみる

 

 

レディースにおすすめのビッグTシャツ:ネックラインが選べる

こちらのおすすめのビッグTシャツは、前後のどちらでも着る事ができる、2wayタイプのビッグTシャツです。

 

  • 前はUネック
  • 後ろはVネック

になっており、程よいネックデザインになっているので、どちらでも着ることができます。

 

カラーは無地タイプなので、コーデにも合わせやすくおすすめ!

 

またこちらのビッグTシャツは、綿100%で肌触りも抜群ですよ。

 

夏のお出かけは汗もかきやすいですよね。

 

おしゃれ心も大事ですが、やはり素材選びも大事なポイントです。

 

綿100%でノンストレスな着心地のビッグTシャツは、お出かけはもちろんのこと、ライフスタイルに着たくなりますね。

 

このビッグTシャツをもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

今期も継続して人気のビッグTシャツ!

 

トレンドのゆるカジュアルに着こなせるだけでなく、大きいサイズを活かしたメリハリある着こなしができるのも魅力ですね!

 

もちろんサイズ感を活かすことで、気になる体型カバーもできるので、人気の理由がよくわかります!

 

幅広いアイテムと着こなしてこそおしゃれさんですので、ぜひお持ちのアイテム+新アイテムで、ビッグTシャツコーデを楽しんでください。

 

今回はビッグTシャツのレディースコーデと、おすすめのビッグTシャツも紹介しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ