トップスをボトムスにインするタックインは、即こなれコーデができる小技。

タックインには、「全部イン」「前だけイン」に加え「片方だけイン」の3つがあります。

雑誌や街中のおしゃれさんの着こなし方で見るテクニックですが、いざトライしてみようとなった時、「あれ?うまくできない….」「逆にダサくない?」と感じた事も多いと思います。

手軽なテクニックだけに、しっかり習得して、周りとしっかり差をつけたいですね。

そこで今回はタックインの着こなし方!レディースのこなれて見える方法を紹介します。

Sponsored Link

タックインとは?

タックインとは?

タックインとは、押し込むという意味です。つまりトップスをボトムスに入れて着こなすテクニックのことですよ。

  • 全部イン(オールイン):Tシャツコーデもきちんと感を加えられる
  • 前だけイン(フロントイン):適度な抜け感でこなれコーデができる
  • 片方だけイン(ハーフイン):即おしゃれ見せができる

タックインするメリットは、「見せ方=着こなしの」幅を増やすだけでなく、見えるボトムスの面積が大きくなる分、スタイルアップにも繋がります。

春夏秋冬で使えるテクニックですので、活用しない手はないですよ!

但しただインすればいいだけではなく、「タックインがしやすいアイテム」「トップスとボトムスのバランス」「カラーのバランス」が大事になってきます。

簡単なテクニックですが、しっかりコツを掴む必要がありますので、今から紹介する内容をぜひ参考にしてくださいね。

【動画付】タックインの種類と着こなし方のコツ!

男性がタックインしている動画になりますが、女性でも使える着こなし方です。

先ほど紹介した、「全部イン(オールイン)」「前だけイン(フロントイン)」「片方だけイン(ハーフイン)」の3つ着こなし方を紹介しています。

以下ではそれぞれの着こなし方のコツや注意点をまとめました!

動画には出てこなかった細かなテクニック部分も紹介していますので、動画と合わせてチェックしてくださいね。

オールイン

タックインの種類と着こなし方のコツ:オールイン

 

オールインとは、トップスの前後すべてをボトムスにインするスタイルのことです。

合わせるトップスの種類も幅広く活用できるのがいいところですが、裾が長すぎるビッグシルエットはインしないのがおすすめ。

インしてしまうと、ボトムスの股上部分がトップスの生地の量でふっくらと膨らんで見えてしまいますよ。

注意点を意識して活用すれば、オールインは上半身をスッキリと上品に見せてくれるので、タックインの種類の中でも初心者さんにもおすすめです。

ポイント
  • ベルト無しでもOKだが有りの方がメリハリをつけやすい
  • ベルトの半分くらいまで出してたるませる
  • 横は前後より気持ち多めに出すと前からのシルエットが綺麗に
  • トップスとボトムスの比率は、トップス(1):ボトムス(2)

フロントイン

タックインの種類と着こなし方のコツ:フロントイン

 

フロントインとは、トップスの前の部分だけをボトムスに入れるテクニックです。

女性の中では、近年のリラックススタイルがトレンドになっていることもあり、とくに人気の高い着こなし方ですね。

上品だとアウトの部分が程よいラフさを出してくれ、ウエスト回りをカバーもしてくれるので、トレンド+脚長効果が叶うテクニックでもありますよ。

ポイント
  • オールインの状態から後ろから出す
  • サイドも出るがインしなおさない
  • バックルに近いベルトループの外側まで出す(両手を入れた外側)

ハーフイン

タックインの種類と着こなし方のコツ:ハーフイン

 

ハーフインはシャツを使った着こなしのテクニックで、1番下のボタンを外しシャツの半分だけをボトムスにイン&半分だけをアウトするスタイルのことです。

メンズではかなり人気の高い着こなし方ですが、レディースでも人気は高まっています。

オールイン同様に、あまりオーバーサイズのシャツを使うと、ダボっとしてしまうのでサイズ感は大切ですよ。

見るからにこなれた雰囲気が作れるので、ぜひトライしてみてください。

着こなし方のコツ
  • シャツのインナーは薄手アイテムを着る
  • フロントインの状態から形を作る
  • シャツを重ねた時に上になる部分を出す
  • サイドも出るがインし直さない!
  • バックルに近いベルトループの外側まで出す(両手を入れた外側)
Sponsored Link

タックインが似合わないレディースとその対策!

タックインは手軽にできるテクニックですが、誰でも似合う訳ではありません。

しっかりとポイントを押さえないと、似合うものも似合わなくなってしまいますのでチェックしてくださいね。

続いてはタックインが似合わないレディースとその対策を紹介していきます。

体型

タックインが似合わないレディースとその対策:体型

参照元URL:https://wear.jp/

タックインが似合わない1番の大きな問題は体型です。

タックインはお腹回りのシルエットが綺麗になり、スタイルアップが叶うテクニックですが、体のラインが目立ってしまうデメリットがあります。

そんな時はトップスとボトムスの生地選び

本来はやわらかい生地やさらテロ素材がおすすめですが、ぽっこりお腹は肉感が強調されてしまうので、コットン素材や生地のしっかりとした網目のあるやわらかすぎないニット生地がおすすめです。

またボトムスもデニムやチノ素材を選美、着膨れしない程度にインしてくださいね。

比率=バランス

タックインが似合わないレディースとその対策:比率=バランス

参照元URL:https://wear.jp/

タックインは上下のバランスがしっかり出るテクニックです。

メリハリが生まれることでスタイルアップにもなり、上品さも出せますが、ここで大事なのが、トップスとボトムスのバランスです。

つまり胴長短足にならないようにすることが大切ですね。

  • 比率(バランス)=「トップス:ボトムス=1:2」

この比率をしっかり守ることで、上記の画像のようにしっかりと脚長効果が生まれ、スタイルアップに繋がります。

組み合わせるアイテムが間違っている

タックインが似合わないレディースとその対策:組合わせるアイテムが間違っている

参照元URL:https://ryuryumall.jp/

タックインは多くのトップスに使えるテクニックですが、アイテムによっては上級者なものもあります。

たとえばカジュアルシャツの代表であるチェックシャツとデニムパンツのタックイン。

おしゃれに着こなしができれば◎ですが、一歩間違えれば一昔前の「オタク」を想像させてしまいますね。

基本はアウトスタイルがおすすめですが、タックインするなら黒のパンツやスラックスなどの上品さのあるアイテムがおすすめ!

ブルーカラーのデニムとは違うパンツがおすすめですよ。

あきらめも肝心!

タックインが似合わないレディースとその対策:あきらめも肝心!

参照元URL:https://www.iroma.jp/

酷なようですが、おしゃれは諦めも肝心です。

トレンドのアイテムや着こなし方が毎年出ますが、体型は人それぞれですので、すべてのトレンドを取り入れるのは難しいことも知っておくのが大切ですね。

自分に合う合わないは存在しますので、あきらめも肝心です。

ただし知って欲しいのは、「自分には似合わないからいいや」はダメですよ!

それはあくまでイメージですので、しっかりトライしてみてから判断してくださいね。

Sponsored Link

【Tシャツ/カットソー】タックインしたレディースコーデ6選

カジュアルなTシャツ/カットソーコーデ。

夏はとくにボトムスとのシンプルなコーデが多くなるので、タックインなどのテクニクでこなれ感を加えたいところですね。

街中のおしゃれさんはどのような合わせ方でタックインを活用しているのか?

それではさっそく、Tシャツ/カットソーをタックインしたレディースコーデを紹介していきます。

ブラウンのカーディガン×白のリブカットソー×白デニムパンツ

Tシャツ/カットソーのタックイン:ブラウンのカーディガン×白のリブカットソー×白デニムパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

全部イン+ショート丈のカーディガンでメリハリコーデ。

カジュアルなデニムパンツコーデですが、全部インすることできちんと感をしっかり出せていますね。

足元はパンプスを合わせ、女性らしさもしっかり加えられています。

白のTシャツ×ブラウンのスラックス×白のスニーカー

Tシャツのタックイン:白のTシャツ×ブラウンのスラックス×白のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

白のTシャツとスラックスとのタックイン。

キレイめパンツの代表格であるスラックスには、大人っぽく着るにはタックインがベスト!

しっかりきちんと感と出せるので、カジュアルの中でもしっかり上品さを出せます。

グレーのロゴTシャツ×黒のタイトスカート×黒のローファー

Tシャツ/カットソーのタックイン:グレーのロゴTシャツ×黒のタイトスカート×黒のローファー

参照元URL:https://wear.jp/

グレー×黒のモノトーンコーデ。

モードの雰囲気で着こなしつつ、トップスはラフに前だけインすることでゆるさを演出。

キメすぎ感をうまくタックインで着崩しているのが◎です。

黒のハイネック×イエローのスカート×黒のサンダル

Tシャツ/カットソーのタックイン:黒のハイネック×イエローのスカート×黒のサンダル

参照元URL:https://wear.jp/

タックインで大人のメリハリコーデ。

黒のハイネックカットソーとイエローのスカートを合わせ、カラーのメリハリがよく引き立っていますね。

アクセントにファーのバッグを合わせて季節感もあり◎。

白のロンT×チェックパンツ×ベージュのモカシン

Tシャツ/カットソーのタックイン:白のロンT×チェックパンツ×ベージュのモカシン

参照元URL:https://wear.jp/

大人のクラシカルカジュアルコーデ。

トップスは今季トレンドのカレッジロゴでカジュアル+トレンドを意識。

同じくカジュアルのチェックパンツを合わせているので、全部インでしっかりきちんと感を出し、カジュアルすぎない大人の着こなしに仕上げていますよ。

ベージュのモッズコート×黒のTシャツ×黒のスニーカー

Tシャツのタックイン:ベージュのモッズコート×黒のTシャツ×黒のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

タックインで気になるのが後ろのシルエットですね。

腰回りも気になるなら、アウターやシャツで隠せばOK!

デニムとスニーカーとのカジュアルなコーデも、ロング丈のコートとタックインで上品な雰囲気を作れています。

sponsored link

【シャツ・ブラウス】タックインしたレディースコーデ6選

シャツやブラウスのタックインも抜群に相性のいいアイテムですね。

Tシャツとは違い、3種類のタックインが使えるのでバリエーションも豊富!

続いてはシャツやブラウスをタックインしたレディースコーデを紹介していきます。

白のノースリーブブラウス×ブラウンのパンツ×白のサンダル

シャツ・ブラウスのタックイン:白のノースリーブブラウス×ブラウンのパンツ×白のサンダル

参照元URL:https://wear.jp/

夏の大人の上品スタイルですね。

ノースリーブにパンツコーデは定番の夏スタイル!シンプルだけに綺麗めパンツで合わせつつ、タックインで上品さをキープ。

しっかちきちんと感があるので、サンダルでもラフになりすぎませんよ。

黒のブラウス×ブラウンのパンツ×黒のトングサンダル

シャツ/ブラウスのタックイン:黒のブラウス×ブラウンのパンツ×黒のトングサンダル

参照元URL:https://wear.jp/

旬な黒のビッグカラーブラウスの着こなし。

フリルデザインがとっても可愛いですが、黒×ブラウンで上品に引き締めて中和。

全部インにキャメルの上品なバッグも合わせ、きちんと感をしっかり出して大人の可愛いカジュアルコーデです。

白のシャツ×総柄のプリーツスカート×ブラウンのサンダル

シャツ・ブラウスのタックイン:白のシャツ×総柄のプリーツスカート×ブラウンのサンダル

参照元URL:https://wear.jp/

春夏のこなれ感抜群な大人女子コーデ!

白のシャツはシアー素材で抜け感たっぷり!バンドカラーでリラックス感がありますが、さらにタックインはフロントインで上品カジュアルに。

総柄のスカートが品よく見せています。

青のシャツ×青のパンツ×ベージュの靴

シャツ・ブラウスのタックイン:青のシャツ×青のパンツ×ベージュの靴

参照元URL:https://wear.jp/

爽やかなブルー系のワントーンコーデ!

大人のリラックス感たっぷりな着こなしが素敵ですね。

そこに前だけインで上品カジュアルに引き締めて大人っぽく見せています。

青のシャツ×白のロゴTシャツ×デニムパンツ×白のスニーカー

シャツ・ブラウスのタックイン:青のシャツ×白のロゴTシャツ×デニムパンツ×白のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

こちらは全部インをしながら上のボタンを開けた着こなし。

シンプルなオールインにアクセントを加えて着こなしが◎。

袖をまくって上品さとカジュアルさをしっかりキープし、大人のカジュアルスタイルが仕上がっています。

ブラウンのシャツ×黒のキャミソール×ブラウンのパンツ×黒のグルカサンダル

シャツ・ブラウスのタックイン:ブラウンのシャツ×黒のキャミソール×ブラウンのパンツ×黒のグルカサンダル

参照元URL:https://wear.jp/

こちらはブラウンのシアーシャツをハーフインで着こなしています。

シアーシャツは着るだけでこなれ感を出せるトレンドアイテムですが、さらにアクセントをつけるならハーフイン。

透け感を活かした上品さと、ハーフインのこなれ感でおしゃれ度は抜群!

存在感をしっかり出せるコーデです。

白シャツ×オレンジのカットソー×黒のパンツ×黒のスニーカー

シャツ/ブラウスのタックイン:白シャツ×オレンジのカットソー×黒のパンツ×黒のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

白シャツのハーフインコーデ。

定番の白シャツなので、ハーフイン+抜襟で着こなすことで、グッと垢抜けた雰囲気に!

またインナーには鮮やかなオレンジカラーで差し色に使い、パンツとスニーカーを黒で合わせているので、しっかりメリハリを出せています。

sponsored link

【トレーナー】タックインしたレディースコーデ5選

カジュアルなトレーナー!

一歩間違えばオタクなイメージがつきそうですが、しっかり着こなせば大人ぽさを出せる上品カジュアルコーデが完成しますよ。

続いてはトレーナーをタックインしたレディースコーデを紹介していきます。

グレーのトレーナー×白のデニムパンツ×ベージュのスニーカー

トレーナーのタックイン:グレーのトレーナー×白のデニムパンツ×ベージュのスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

シンプルなタックインのオールイン。

ポイントはトレーナーの程よい出し具合。

ハイウエストのデニムともよくマッチしており、大人カジュアルに着こなしができています。

白のトレーナー×グリーンのスラックス×ベージュのパンプス

トレーナーのタックイン:白のトレーナー×グリーンのスラックス×ベージュのパンプス

参照元URL:https://wear.jp/

こちらはとてもシンプルな着こなし。

トレーナーはカジュアルアイテムなので、大人っぽく見せるなら上品なボトムスがおすすめ。

グリーンのスラックスを合わせてカラーも品よく◎

トレーナーの袖もまくって大人っぽさをキープし、上品カジュアルコーデの完成です。

白のトレーナー×黒のレザースカート×白のスニーカー

トレーナーのタックイン:白のトレーナー×黒のレザースカート×白のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

カジュアルなトレーナーにレザーのスカートで引き締め。

シンプルだけど、上下でしっかりメリハリがあるので、それだけでラフなカジュアル感を回避!

そこにトレーナーを前だけインで着こなし、上品さの中にラフさを加え、バランス感抜群な着こなしができています。

グレーのトレーナー×白のシャツ×グリーンのパンツ×ブラウンのローファー

トレーナーのタックイン:グレーのトレーナー×白のシャツ×グリーンのパンツ×ブラウンのローファー

参照元URL:https://wear.jp/

トレーナーに白のシャツの重ね着。

トレーナー×パンツだとカジュアル感が強くなるので、シャツを首元で見せてきちんと感をプラス。

そこにトレーナーは前だけインでカジュアルさと上品さのバランスをうまく作っています。

グリーンのトレーナー×スエットパンツ×白のスニーカー×バンダナ

トレーナーのタックイン:グリーンのトレーナー×スエットパンツ×白のスニーカー×バンダナ

参照元URL:https://wear.jp/

こちれは上下スエット素材の着こなし。

まさに一歩間違えればおじさん臭い上級者コーデですね。

タックインの仕方、アイテムのサイズ感が絶妙なので、ラフでもラフすぎないシルエットに!

バンダナを巻いて女性らしさを加えて完成です。

sponsored link

【ニット】タックインしたレディースコーデ5選

秋冬に必須なニット!

タックインするときは、あまり厚手の素材は避けるのが基本ですよ。

とっても可愛い着こなしが完成しますので、ぜひ参考にしてください。

最後はニットをタックインしたレディースコーデを紹介していきます。

オレンジのメッシュニット×ベージュのパンツ×ベージュのサンダル

ニットのタックイン:オレンジのメッシュニット×ベージュのパンツ×ベージュのサンダル

参照元URL:https://wear.jp/

抜け感たっぷりで大人可愛い着こなし。

オレンジのメッシュニットは前だけインでこなれ感を加え、アクセントにしています。

全体的にカジュアルでルーズな雰囲気なので、前だけインの程よい上品さが素敵ですね。

ベージュのリブタートルネックニット×デニムパンツ

ニットのタックイン:ベージュのリブタートルネックニット×デニムパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

ベージュのリブタートルネックでスッキリとした着こなし。

デニムパンツに全部インしてシルエットをキープしつつ、人気のパンツはセミフレアにスリットが入ってアクセントになっています。

メリハリと抜け感をしっかり表現したコーデです。

黒ニット×グリーンパンツ×黒のブーツ

ニットのタックイン:黒ニット×グリーンパンツ×黒のブーツ

参照元URL:https://wear.jp/

袖のラグランスリーブがとても可愛い黒ニット。

グリーンパンツを合わせてメリハリを出していますが、全部インすることでグッと大人の雰囲気を高めています。

シンプルですが、カラーの切り替えがよくわかる上品コーデの完成です。

ベージュのタートルネックニット×黒のパンツ×黒のスニーカー

ニットのタックイン:ベージュのタートルネックニット×黒のパンツ×黒のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

こちらはベージュのニットに黒のトラウザーパンツの着こなし。

上品なカラーで品がありますが、さらにタックインでスッキリと着こなしています。

ベルトでしっかりメリハリもあるので、上品な大人カジュアルコーデが完成です。

ベージュのタートルネックニット×デニムスカート×黒のスニーカー

ニットのタックイン:ベージュのタートルネックニット×デニムスカート×黒のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

こちらは前だけインでラフカジュアルな着こなし。

オールインだと少しきちんとしてしまう時は、前だけインで程よくラフさを出すのがおすすめ。

ベージュのニット×白のデニムパンツ×ブラウンのパンプス

ニットのタックイン:ベージュのニット×白のデニムパンツ×ブラウンのパンプス

参照元URL:https://wear.jp/

上品カジュアルな着こなし。

程よいルーズシルエットのパンツにニットをオン。

リラックス感のある雰囲気なので、フロントインで程よく大人っぽさを出してアクセントに!

大人のバッグや足元で品よくまとまっています。

まとめ

タックインのコツは掴みましたか?

トップスをボトムスにインするだけの簡単なテクニックですが、タックインの仕方や他のアイテムとの合わせ方で大きく見え方も変わってきます。

しっかりコツを掴んで、ワンランク上のコーデに仕上げてくださいね。

今回はタックインの着こなし方!レディースのこなれて見える方法を紹介しました。

sponsored link