LINE@の登録はコチラ

ヘムスカートが流行り!コーデのコツや着こなし方はこちら!おすすめのヘムスカートも紹介!

魅力的な大人な着こなしができるヘムスカート

普段のスカートコーデに投入するだけで、一気に華やかで上品な雰囲気に仕上げてくれる優秀な大人アイテムですね。

Sponsored Link

 

デザインも豊富に揃っており、個性的なデザインからキレイめ雰囲気までさま様。

この独特なシルエットに魅了され、1着は持っている方も多いのではないでしょうか?

でもこの独特なシルエット故に、いざ着こなそうと鏡を前にしてみると、

  • 何かしっくりこない!
  • 合う服装がない!
  • どうやって合わせばいいのかわからない!

でもシルエットが綺麗だから手放すのももったいないしと、クローゼットの奥に潜んでないですか?

 

そこで今回はヘムスカートのコーデのコツや着こなし方と、おすすめのヘムスカートも紹介していきます。

 

ヘムスカートとはどんなアイテム??

ヘムスカートとはどんなアイテム?

参照元URL zozo.jp

ヘムスカートのヘムは、「衣服のフチ=裾」。

つまり裾が前後・左右非対称になったスカートの事になります。

呼び方は複数あり、ヘムスカート以外には、イレギュラーヘムスカートやイレヘムとも呼ばれています。

通常のスカート裾とは違い、アシンメトリーなデザインになる事で、一気にこなれ感が生まれるんですね。

しかも裾のデザインによって与える印象も変わってきますので、実はとても奥の深いアイテムでもあるんですよ。

 

Sponsored Link

 

ヘムスカートを着こなすコツやコーデ方法は?

アシンメトリーなヘムスカートは、トップス合わせに迷いますよね。

デザインやカラーに合わせたおしゃれな着こなしで、流行りのコツが知りたいですね!

それではヘムスカートを着こなすコツやコーデ方法を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ヘムスカート×オフショルダーニット

ヘムスカート×オフショルダーニット

参照元URL wear.jp

柄物のヘムスカートのトップス合わせは迷いますよね!

シンプルな白のオフショルダーニットにボリューム感あるチェックのヘムスカートを合わせば、フェミニンな着こなしが完成しますよ。

今年流行りのクラシカルな雰囲気が、可愛らしさをアップしてくれます。

 

 

ヘムスカート×トレーナー×キャップ

ヘムスカート×トレーナー×キャップ

参照元URL wear.jp

上品なヘムスカートを少しカジュアルに着こなすなら、ボーイッシュなキャップやトレーナーとの組み合わせがおすすめ!

上下でしっかりメリハリを作る事で、大人可愛いカジュアルな着こなしが完成しますよ。

 

 

ヘムスカート×襟付きニット×ニット帽

ヘムスカート×襟付きニット×ニット帽

参照元URL wear.jp

チェック柄のヘムスカートをガーリーに着こなすなら、襟付きニットにニット帽を合わせるのがおすすめです。

白黒ブロックチェックのロングヘムスカートは存在感があり、ほっこりとしたキュートなコーデが完成しますよ。

 

Sponsored Link

 

ヘムスカート×Gジャン

ヘムスカート×Gジャン

参照元URL wear.jp

秋冬に人気のアウターといえばレトロなGジャンです。

エレガントな小花柄のヘムスカートと合わせれば、キュートな雰囲気になりますよ。

インナーに合わせた白いタートルネックがヘムスカートとマッチし、アメカジ系コーデが完成です。

 

 

ヘムスカート×襟出しセーター

ヘムスカート×襟出しセーター

参照元URL wear.jp

白いヘムスカートは、仕切りが高いイメージがありますね!

襟付きブラウスとグレーのセーターを重ね着した上品なトップスと合わせることで、大人っぽく落ち着いたコーデになります。

白のヘムスカートはインパクトがあるので、シンプルなトップスがおすすめです。

 

 

ヘムスカート×ストライプ柄シャツ

ヘムスカート×ストライプ柄シャツ

参照元URL wear.jp

ミモレ丈でふんわり感のあるヘムスカートを可愛く着こなすなら、トップスにはきちんと感のあるシャツがおすすめ!

またシャツはしっかりインして着こなす事でメリハリが生まれ、綺麗なシルエットが完成しますよ。

足元にはレースアップサンダルを合わせて美脚ラインをキープし、大人可愛いコーデが完成です。

 

 

ヘムスカート×ボーダー柄ニット

ヘムスカート×ボーダー柄ニット

参照元URL wear.jp

爽やかなブルーカラーのヘムスカートは、色鮮やかなコーデが完成しますよね!

カジュアルなボーダー柄ニットと合わせることで、流行りのナチュラルな着こなしが完成します。

デイリーコーデやちょっとしたお出掛けにピッタリです。

 

sponsored link

 

おすすめのヘムスカート10選!

おしゃれな着こなしのコツが分かれば、素敵なヘムスカートがほしくなりますよね。

続いてはレディースにおすすめのヘムスカートを紹介します。

ぜひお買物の参考にしてみてください!

 

プリーツデザイン

ロング丈のプリーツスカートですよ。

ふんわりと広がるシルエットがとても女性らしく、そこに変化のあるアシメデザインがしっかりアクセントになっています。

トップスをインして着こなせば、メリハリのあるコーデが完成しますよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

タイトシルエット

オフィススタイルにも活用できるタイトなデザインになっています。

膝丈に左右非対称なシルエットがとても上品ですね。

またフロントボタンもアクセントになってくれ、魅力ある大人な着こなしが完成します。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

フレアシルエット

こちらは前後で裾の長さが違うデザインになっています。

後ろが長い着丈になる事で、美脚効果も高まりますよ。

ただ歩くだけでも脚が細く見え、とても綺麗なシルエットで見せる事ができます。

無地のシンプルなデザインなので着こなしもしやすく、洗練された大人な着こなしが完成しますよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

スカーフ柄

こちらは左右非対称のデザインになっています。

無地とスカーフの切替しになっており、どの角度からみてもとても綺麗ですよ。

またウエストはゴム仕様で楽チンに着こなせるのもいいですね。

シンプルなコーデにあわせるだけで、こなれ感のある着こなしが完成します。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

アンバランスラッフルデザイン

ちょっと個性的な前後が非対称なデザインになっています。

前は膝上丈の長さでスッキリと見せながら、ラッフルデザインで魅惑的なデザインに!

また上品さもしっかりあるにも関わらず、気負いしないラフなデザインでもあるので、トップスは少しきちんと感のあるシャツなどを合わせれば、メリハリのある大人な着こなしが完成しますよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

ウエストスカーフデザイン

取り外し可能なスカーフがセットになっています。

シンプルな前後非対称の無地のデザインになっているので、スカーフがある事で、歩く度に華やかな着こなしになりますよ。

またフロントはスッキリと仕上げてきっちり感があるので、フロントインで着こなせば、メリハリのある大人な着こなしが完成しますよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

フロントボタン&ウエストリボン

フロントのボタンデザインがアクセントになった、前後左右非対称なデザインです。

ほんのり微起毛ピーチ素材のスカートで、バックサテン素材で裏地なしでも透けないので安心!

爽やかなカラーが揃っており、大人フェミニンな着こなしが完成します。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

ペイズリー柄

上品な大人の雰囲気を醸し出してくれるペイズリー柄です。

透け感のある素材なので春夏におすすめ!

前後で長さが違うデザインになっており、歩く度に揺れるシルエットがとても上品ですよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

新聞柄

こちらは前後着丈の長さが違うスカートですよ。

ノスタルジックな英字新聞がデザインされ、遊び心をたっぷりと感じるデザインですね。

巻きスカート風なシルエットがとても綺麗で、フロントにはリボンもついて、メリハリのある着こなしが完成します。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

チェック&プリーツ切替

やわらかく程よい厚みの生地で仕上げられているので、オールシーズン活用できますよ。

ロング丈の独特なアシメデザインになっており、切替デザインと合わせて、大人の遊び心と洗練さがありますね。

またウエストのベルトにはバックルもついているので、着るだけでこなれ感のある着こなしが完成しますよ。

デザインがしっかりしているので、最初はシンプルな無地トップスとの着こなしがおすすめです。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

お気に入りのヘムスカートの着こなしは見つかりましたか?

個性的なヘムスカートで、オリジナリティ溢れるコーデを楽しんでくださいね!

 

今回はヘムスカートのコーデのコツや着こなし方と、おすすめのヘムスカートを紹介しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ