LINE@の登録はコチラ

フレアスカート(ボーダー)のコーデ!人気のボーダーフレアスカートを紹介!

ボーダーデザインがトレンドファッションとして定着しており、トップスとボトムどちらも人気で可愛いですね。

Sponsored Link

 

とくこれからの春の季節では、ボーダーのフレアスカートがおすすめ!

 

手軽に春のマリン感を演出でき、カジュアルな柄ながら、フレアなシルエットが上品に仕上げてくれます。

 

そこで今回はボーダーフレアスカートのコーデと、人気のボーダーフレアスカートを紹介します!

 

ボーダーのフレアスカートのコーデ

既に色々なボーダーのコーデを持っているレディースにも、とても役立つコーデパターンが満載です。

10パターンのコーデを紹介しますので、毎日のおしゃれやマンネリ解消につなげるコーデを見つけてくださいね!

 

それではさっそく、ボーダーのフレアスカートのコーデを紹介します!

 

 

ボーダーのフレアスカート×ボートネックTシャツ×トレンチコート

ボーダーのフレアスカート×ボートネックTシャツ×トレンチコート

参照元URL http://wear.jp

黒無地のボートネックTシャツとベージュのトレンチコートに、白黒ボーダーのフレアスカートはメリハリ感がありますね!

 

カジュアルなイメージの強い太めのボーダフレスカートも、大人アイテムをプラスすることで、おしゃれな大人のコーデに!

 

大人の春のカジュアルコーデが完成です。

 

 

 

ボーダーのフレアスカート×カラーシャツ×ピンクパンプス

ボーダーのフレアスカート×カラーシャツ×ピンクパンプス

参照元URL http://wear.jp

爽やかな青のカラーシャツとエナメル素材のピンクパンプスに、白黒ボーダーのフレアスカートはミモレ丈で、スッキリスタイルに仕上がります!

 

こちらも太めのボーダーフレアスカートなので、シャツはインしてきちんと感を演出

インすることでメリハリも生まれておしゃれ!

 

最後に足元をエナメルの光沢が上品さもプラスしています。

 

 

 

ボーダーのフレアスカート×プリントTシャツ×Gジャン

ボーダーのフレアスカート×プリントTシャツ×Gジャン

参照元URL http://wear.jp

上品な英字プリントTシャツと白のGジャンを羽織り、透け感あるライトな花柄ボーダーのフレアスカートを合わせるととても上品な仕上がりに。

 

きれいめカジュアルなボーダーのフレアスカートのコーデが完成です。

 

Sponsored Link

 

ボーダーのフレアスカート×黒Tシャツ×ミニタリージャケット

ボーダーのフレアスカート×黒Tシャツ×ミニタリージャケット

参照元URL http://wear.jp

シンプル無地の黒Tシャツとカーキーのミリタリージャケットに、白黒ボーダーのフレアスカートを合わせると、フンワリと少しボーイッシュなスタイルに。

 

足元はサンダル にソックス見せで、とことんカジュアルに!そして個性を演出しています。

 

メンズすぎないおしゃれなボーダーのフレアスカートのコーデが完成です。

 

 

 

ボーダーのフレアスカート×Gジャン×赤パンプス

ボーダーのフレアスカート×Gジャン×赤パンプス

参照元URL http://wear.jp

ブルーのGジャンとVカットの赤いパンプスに、ボーダーのフレアスカートを合わせると、大人きれいなカジュアルスタイルになります!

 

ボーダーのフレアスカートにGジャンでカジュアルにまとめていますが、Gジャンはウエスト位置でスッキリと着こなしているので、ルーズ感も出すぎないのが◎

 

最後に足元もパンプスで上品に仕上げて完成ですね。

 

 

 

ボーダーのフレアスカート×黒Tシャツ×赤ハイヒール

ボーダーのフレアスカート×黒Tシャツ×赤ハイヒール

参照元URL http://wear.jp

フレア感の高いアイテムにはスッキリフィットのトップスがおすすめです。

 

モノトーンなコーデですが、足元を真っ赤カラーで合わせることで一気にインパクトあるコーデに!

足元でしっかり春感を演出したコーデの完成です。

Sponsored Link

 

ボーダーのフレアスカート×Vネックニット×スニーカー

ボーダーのフレアスカート×Vネックニット×スニーカー

参照元URL http://wear.jp

グレーのVネックニットとニューバランスのスニーカーで上品なカジュアルコーデですね。

 

程よいミニ丈のボーダーフレアスカートを合わせて、可愛いらしさをプラスしています。

少し大人セクシーなボーダーのフレアスカートのコーデが完成です。

 

 

ボーダーのフレアスカート×パフ袖ニット×パンプス

ボーダーのフレアスカート×パフ袖ニット×パンプス

参照元URL http://wear.jp

ライトグレーの可愛いパフ袖ニットとベージュのパンプスに、ミニ丈の青白ボーダーのフレアスカートを合わせると、若々しい印象になります。

 

爽やか&フェミニンなボーダーのフレアスカートのコーデが完成です。

 

 

 

ボーダーのフレアスカート×ラウンドネックニット×ハイヒール

ボーダーのフレアスカート×ラウンドネックニット×ハイヒール

参照元URL http://wear.jp

ライトグレーのラウンドネックニットとグレーのハイヒールに、ミニ丈のボーダーのフレアスカートはハイウエストで脚長シルエットになります。

 

セクシー系でフェミニンなボーダーのフレアスカートのコーデが完成です。

 

 

 

ボーダーのフレアスカート×カラーシャツ×MA1

ボーダーのフレアスカート×カラーシャツ×MA1

参照元URL http://wear.jp

ライトブルーのカラーシャツとカーキのMA1に、ネイビー&ブラックのボーダーのフレアスカートはミニ丈でアクティブな印象に仕上がりますね。

 

トラッドカジュアルなボーダーのフレアスカートのコーデが完成です。

 

sponsored link

 

人気のボーダーのフレアスカートを紹介

ボーダーのフレアスカートのコーデは楽しんでもらえましたか?

ボーダーは人気デザインなので、色々なコーデパターンを知っておいても着回しに困らないのでいいですよね。

 

それでは続いて人気のボーダーのフレアスカートを紹介します!

 

おしゃれに着こなせるアイテムをぜひ見つけてください!

 

 

Aライン

アラサーのためのAラインスカートを実現させると言うコンセプトで、見事にレディースのハートを掴んだ人気のボーダーのフレアスカートです。

 

フレアスカートを使い、映画女優の様なエレガントで上品なシルエットを演出したいけど、なかなか実現するのが難しいですよね。

そんなジレンマを抱えたレディース達の声をマーケットから聞き、どうすれば製品化できるかを考え抜かれたボーダーのフレアスカートがこちら。

 

トップスをどんなアイテムでコーデしても、ボトムはエレガントにシルエットが崩れないラインが素晴らしいですね。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

ミモレ丈

先ほど紹介したAラインシルエットとベースは同じで、生地とボーダー柄を変えたフレアスカートですよ。

 

生地はオックスフォードを使い、より生地感に表情がついています。

ボーダーは細めのラインなので、太めはカジュアルすぎてちょっと苦手というレディースに人気があります。

 

上品で大人の雰囲気をより高め、アラサーでも十分に着こなせます。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

デザインが素敵

こちらは波デザインがとても綺麗なフレアスカートです。

 

変化を加えたボーダーのデザインで、フレアシルエットがデザインをより引き出す形になっています。

インパクトもあるので、歩く度に揺れるシルエットがとてもセクシー!

 

マリン感もあり春夏にぴったりな人気のフレアスカートですよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

落ち着いた印象のロング丈

ロング丈のボーダーフレアスカートは、おしゃれに使える人気のボーダーのフレアスカート

 

軽量でやわらかい素材なので、エアリーな着こなしができます。

また肌触りも抜群にいいのでおすすめ!

 

大人コーデにぴったりな、人気のあるボーダーのフレアスカートです。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

マルチボーダープリーツ

こちらは落ち着いたマルチボーダーカラーで仕上げられた、ミモレ丈プリーツデザインのフレアスカートです。

 

ニット素材なので広がりすぎることもなく、またウエストはゴム仕様なので、フレアながらスッキリと着こなしができます。

またプリーツのデザインが上品さも演出してくれ人気!

 

大人フェミニンなコーデに最適な、人気のボーダーのフレアスカートです。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

ボーダーはいつ履いてもしっかりと季節感を演出でき、色目のキレイなトレンドデザインです。

 

フレアスカートのふんわりとボリュームのあるシルエットで、ガーリーでソフトな魅力のあるコーデをチャレンジしてみてください。

 

今回はボーダーのフレアスカートのコーデと、人気のボーダーのフレアスカートを紹介しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ