今年も厚底サンダルがトレンドになっていますが、厚底タイプのスリッポンも注目を集めています。

歩きやすくアクティブに動けるので、レジャーやお出かけにも向いていて、手軽におしゃれを楽しめることも魅力の一つ。

基本的にシンプルなデザインが多く、存在感のあるカラーでも幅広い着こなしにマッチします。

また脚長&美脚効果があり、カジュアルでラフな着こなしでも簡単にスタイルアップができるのも嬉しいですよね。

シーズン問わず履ける厚底スリッポンが、あなたの足元を大人レディな足元に彩ってくれますよ。

そこで今回はレディースに人気の厚底スリッポンと、おしゃれな厚底スリッポンを紹介します。

Sponsored Link

厚底タイプのスリッポンがレディースに人気な理由は?

カジュアルコーデに欠かせないアイテムとなったスリッポンを、今っぽくおしゃれに履きこなすなら厚底タイプが絶対おすすめ!

スリッポンはカジュアルになりすぎず、キレイめな大人コーデにもうまく合わせることができます。

ですが「厚底だからインパクトが強く、履きこなすのに勇気がいる」という方もいるはず。

なぜ今厚底スリッポンが人気なのか?その理由を知れば、厚底スリッポンの魅力にハマりますよ。

それではさっそく、厚底タイプのスリッポンがレディースに人気な理由を紹介します。

脚長効果

厚底スリッポンの脚長効果

参照元:https://wear.jp/

厚底スリッポンの魅力の一つは、やっぱり脚長効果ですね。

3.5cmソールなら、脚の長さを3.5cmアップすることが可能。

脚が長く見えることで縦ラインが強調されて、トータルバランスが整いスタイルアップが叶います。

スポーティ系やマニッシュな着こなしでも、足元に高さをプラスすることで、女性らしさとこなれ感を演出することができますよ。

美脚効果

厚底スリッポンの美脚効果参照元:https://wear.jp/

厚底スリッポンで脚がキレイにキープされることによって、美脚効果も期待できます。

女性なら誰でも美脚に見せたいですよね。

厚底スリッポンのボリューム感で、足首や脚の細さが強調されて細見えします。

脚長・美脚効果が叶う厚底スリッポンなら、コンプレックスを解消してくれるので選ばない理由がありませんね。

安定感

厚底スリッポンの美脚効果参照元:https://wear.jp/

厚底スリッポンの魅力は見た目だけではありません。

どんなに脚長・美脚効果があっても、安定感のないヒールの高いサンダルやパンプスは痛くなったり疲れやすく、抵抗がある方もいますよね。

でもしっかり安定感がある厚底スリッポンなら、そんな悩みも解消してくれます。

厚いクッションで意外にも歩きやすく長時間履いていても疲れにくいですよ。

またスリッポンだから脱ぎ履きもとっても楽チン!アウトドアなどアクティブなシーンにも活躍してくれます。

Sponsored Link

おしゃれな厚底スリッポン9選

厚底スリッポンはカラーやデザインが豊富に展開されていることも魅力。

履きこなしやすいベーシックなデザインから、スタイリッシュで洗練された足元を演出してくれるレザータイプなどがあります。

シンプルな着こなしに合わせるだけでも、おしゃれ度をアップすることができますよ。

続いてはおしゃれな厚底スリッポンを紹介していきます。

定番のベーシックカラー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3890円(税込、送料別) (2022/4/22時点)

定番カラーのブラック・ホワイト・ベージュの3色展開です。

シンプルなデザインでベーシックカラーのスリッポンは、どんなコーデにも合わせやすいですよ。

ヒールは4cmでしっかりスタイルアップ効果もあってヘビロテ間違いなし。

合皮素材なのでスリッポンでもカジュアルになりすぎず、足元はキレイめに仕上げたい方におすすめ。

カラー展開が豊富なカジュアルデザイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1980円(税込、送料別) (2022/4/22時点)

シンプルな厚底スリッポンですが、キルティングデザインでこなれた印象です。

ソールは5.5㎝でボリューム感があり、脚長効果もより期待できますね!

また10色展開と豊富なバリエーションなのに、プチプラなのも嬉しいポイント。

カラー違いで揃えて、着こなしや気分に合わせておしゃれを楽しむことができますよ。

星型ラインストーン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:7480円(税込、送料別) (2022/4/22時点)

星型ラインストーンがインパクト抜群!

ソールにもラインストーンやメタリックシルバーのラインがあしらわれていて、豪華に仕上がっていますね。

華やかなスリッポンを一点投入するだけで、コーデを一気に格上げしてくれる優秀アイテムです。

デニムとも相性がよく、大人っぽい着こなしに遊び心をプラスしてくれますよ。

Sponsored Link

高反発クッション入りインヒール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2999円(税込、送料無料) (2022/4/22時点)

低身長がお悩みでスタイルアップをされたい方は、6cmの厚底スリッポンはいかがですか?

ソールとインヒールを合わせて6cmなので、より美脚・脚長効果を発揮します。

シークレットヒールで高さを感じさせにくいデザインなので、ナチュラルにスタイルアップができます。

ふわふわの高反発クッションが足にかかる負担を軽減してくれるので、履き心地も抜群。

カラーやデザインだけでなく、サイズ展開も豊富!あなたにぴったりの一足に出会えますよ。

クールなパイソン柄

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:7678円(税込、送料無料) (2021/4/21時点)

ヒールは3.5cmで、パイソン柄がとてもワイルドな雰囲気ですね。

インパクトが強めですが意外とレディースコーデに馴染みやすく、おしゃれにアップグレードしてくれますよ。

やわらかい本革を使用しているので足に馴染みやすくて、その上質さで一気に大人らしい足元に。

かっこいいパイソン柄で、スパイスの効いたクールな着こなしを楽しんでくださいね。

実用性抜群のスポーティータイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3450円(税込、送料無料) (2022/4/22時点)

メッシュ素材のスポーティカジュアルなデザインで、今季トレンドのスポーツミックススタイルにもぴったり。

通気性がありムレにくく、ストレッチ素材にエアクッション付きで歩きやすいので機能性抜群!

ソールは5cmで美脚・脚長効果もしっかりありますよ。

ニットのように編み込んだフライニット素材なので、オールシーズン使うことが可能。

スポーツシーンだけでなく、旅行やアクティブに動きたい日にも活躍間違いなしのアイテムです。

sponsored link

豪華なラインストーン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3980円(税込、送料無料) (2022/4/22時点)

つま先とソールにラインストーンが豪華にあしらわれていて、ラフ感のイメージがあるスリッポンとは一味違うアイテム。

コーデに合わせやすいモノトーンカラーの2色から選べますよ。

SNS映えする華やかさが魅力で、キラキラ好き女子の心を掴みますね!

コーデはシンプルに決めて、足元にアクセントとして取り入れたい主役級スリッポンです。

キャンバス/スウェット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3480円(税込、送料別) (2022/4/22時点)

キャンパス生地のブラック・ホワイトと、スウェット生地のグレーの3色から選べます。

オールシーズン使える素材とカラーなので、1足は持っておくとコーデの幅が広がりますね!

カジュアルな見た目ですが、ヒールは4cmなのでスタイルアップ効果もしっかりありますよ。

飾らないリラックススタイルがお好きな方におすすめです。

上品なモカシン風デザイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3750円(税込、送料無料) (2022/4/25時点)

アクセントカラーになるピンクやイエローなどを含めた、7色の豊富なカラー展開から選べます。

リボン付きのモカシン風デザインで、足元が一気に上品な印象になりますね。

ボリュームのある6cmヒールですが、ソールがやわらかいので歩きやすくて疲れにくいですよ。

関連記事

まとめ

気軽にサッと履けるのに、こなれ感と程よいリラックス感を与える厚底スリッポン。

ペタンコのスリッポンと変わらずに歩きやすく、華奢見えしてスタイルアップも叶う優秀なアイテムです。

デザインが豊富で好みのものを見つけやすく、幅広い年代から大人気のシューズですよ。

いろんな着こなしに合わせやすい魅力たっぷりの厚底スリッポンで、足元のおしゃれを楽しんでくださいね。

今回はレディースに人気の厚底スリッポンと、おしゃれな厚底スリッポンを紹介しました。

sponsored link