大人女子の足元に必須なブーティ

ブーツよりも決めすぎないほどよい雰囲気が魅力のアイテムですが、履きこなせていますか?

Sponsored Link

ブーティはブーツとパンプスの中間にくるアイテムです。

大人女子コーデの強い味方になってくれるアイテムですので、しっかり履きこなしテクは身につけて欲しいです。

そこで今回はブーティコーデ15選!大人女子の履きこなし術とおすすめのブーティを紹介します。

ブーティとは?

ブーティと聞くと、イメージできるデザインがあると思いますが、それは本当にブーティですか?ショートブーツと間違ってはいませせんか?

よく混同しがちなブーティとショートブーツですので、まずはしっかりと違いを把握し、ブーティの魅力を再認識しましょう!

ブーティとショートブーツの違い!

ブーティとショートブーツの違い!

この2つはしっかりと見た目に大きな違いがあります。

  • ブーティ:くるぶしが見える丈のデザイン
  • ショートブーツ:くるぶし丈のブーツの総称で、足首が隠れるデザイン

ブーティの魅力を再認識して!

参照元URL:https://wear.jp/

ブーティとショートブーツの違いを見てみると、ブーティとは、ショートブーツとパンプスの中間にあたるデザインですね。

ブーツのような辛口まではいかずパンプスまで頑張りすぎないデザイン

パンプスよりもヒールが太く歩きやすいので、頑張りすぎない上品でスッキリとした見た目で、程よい存在感を演出してくれる大人女子の強い味方です。

カジュアルからキレイめと幅広く活用できる汎用性に、秋から春まで使えるロングシーズン対応も嬉しいポイントですね。

Sponsored Link

ブーティの履きこなしテクニック!

ブーティを履きこなすには、さまざまなコツがあります。

秋冬のイメージがあるので、春の履きこなし方や、丈が短いブーティとフルレングスとの履きこなしテクなど、ベースとばる部分としっかりチェックしておきましょう!

それではブーティの履きこなしテクニックを紹介していきます。

ブーティとスキニーパンツの基本

ブーティとフレレングスパンツの履きこなし方:ブーティとスキニーパンツの基本

参照元URL:https://wear.jp/

ブーティとスキニーパンツは王道スタイルです。

その際はブーティに筒にスキニーパンツをインするのが手軽で簡単なおしゃれな履きこなし方!

黒ベースで合わせてスッキリとしているので、大人っぽ雰囲気になります。

またこちらはレザーのパンツを合わせてクールな雰囲気も高めているので、パンツの素材も雰囲気も変えれるのも魅力な着こなし方です。

ブーティとスキニーパンツに靴下

ブーティとフレレングスパンツの履きこなし方:ブーティとスキニーパンツに靴下

参照元URL:https://wear.jp/

ブーティとパンツの裾の間が広くなる場合ってありますよね。

そんな時は靴下を挟んで調節するのもおすすめです。

こちらは編みタイツを合わせてセクシーな雰囲気にし、ワンランク上の着こなしに仕上げていますよ。

ブーティとスキニーパンツに素足

ブーティとフレレングスパンツの履きこなし方:ブーティとスキニーパンツに素足

参照元URL:https://wear.jp/

今度は素足を見せて抜け感を出すのもおすすめです。

上記の様に少しシックなカラーで着こなしているなら、足首見せで軽さを出して、重たくしすぎないのも大事な着こなしポイント。

ベージュのブーティも合わせてヌーディな雰囲気も◎です。

ブーティとワイドパンツ

ブーティとフレレングスパンツの履きこなし方:ブーティとワイドパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

旬なワイドパンツとの履きこなし方は要チェックですね。

スキニーパンツと違い、合わせる際のパンツの裾の長さはとくに気にする必要がないので、とても合わせやすいのはワイドパンツのいいところ。

こちらは黒のブーティを合わせて少し辛口な雰囲気があるので、ワイドパンツのボリューム感とのバランスが◎です。

Sponsored Link

【春】ブーティのコーデ5選!

秋冬のイメージのブーティですが、くるぶしが見えるスッキリとしたシルエットになっているので、軽やかな春の着こなしにもマッチしてくれるんです。

あとは春らしい色選びや全体のバランスをどうするかかがポイントです。

それではブーティの春コーデを紹介していきます。

街中のおしゃれさんのコーデを参考にしながら、みていきましょう!

黒の花柄ワンピース×バイカラーのバッグ

ブーティ×黒の花柄ワンピース×バイカラーのバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

花柄デザインが可愛いですが、黒のベースでしっかり引き締められたお嬢様スタイル。

足元も黒のブーティを合わせ、甘くなりすぎない上品さがキープできています。

アクセントにバイカラーのバッグを合わせ、ピンクカラーは春らしさと女性らしさを高めています。

白のTシャツ×デニムワンピース

ブーティ×白のTシャツ×デニムワンピース

参照元URL:https://wear.jp/

白のTシャツにデニムワンピースの重ね着。

少しカジュアルな雰囲気ですが、ワンピースはプリーツデザインでもあるので、程よい上品さがありますね。

そこに黒のブーティを合わせ、カジュアルなデニム素材をぐっと大人な雰囲気に高めています。

ブラウンのニット×ベージュのスカート

ブーティ×ブラウンのニット×ベージュのスカート

参照元URL:https://wear.jp/

こちらは旬なアースカラーコーデ。

ベージュのスカートをブラウンカラーでサンドし、上品にまとめています。

ブーティは素足で合わせて春らしさを出し、歩く度に揺れるロングスカートが春の雰囲気を高めてくれます。

ブラウンのニット×カーキのスカート×ゴールドのバッグ

ブーティ×ブラウンのニット×カーキのスカート×ゴールドのバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

今度はブラウンとグリーンのアースカラーコーデ。

ブラウン×ベージュとは違い、グリーンカラーが落ち着いた雰囲気をプラスしてくれます。

足元は黒のブーティにベージュのソックスでバランスを取り、ゴールドのバッグで高級感を高めています。

グリーンのコート×パープルのカーディガンカーディガン×ネイビーのワイドスラックス

ブーティ×グリーンのコート×パープルのカーディガンカーディガン×ネイビーのワイドスラックス

参照元URL:https://wear.jp/

落ち着いた大人な着こなしですね。

パープルのカーディガンをトップス風に着こなし上品カジュアルに。

そこにネイビーのワイドスラックスにグレーのブーティで品よくまとめています。

sponsored link

【秋冬】ブーティのコーデ10選!

ブーティと本番といえば秋冬!

大人女子はどのようにおしゃれに履きこなしているのか?

続いてはブーティの秋冬コーデを紹介していきます。

パンツスタイル!

白のマルチスエット×白のロゴTシャツ×グリーンのパンツ

ブーティ×白のマルチスエット×白のロゴTシャツ×グリーンのパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

白とグリーンで鮮やかな秋スタイル!

Tシャツにパンツのメンズテイストな着こなしですが、スエットをカーディガン風に着こなしやわらかな雰囲気に。

そこにシルバーのブーティを合わせて品よくエレガントにまとめています。

白のブラウス×ネイビーのストライプワイドパンツ

ブーティ×白のブラウス×ネイビーのストライプワイドパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

オフィスでも使える着こなしですね。

ブーツの辛口感とパンプスのキレイめ感が見事に合わさったデザインが◎

アイテムはシンプルな着こなしなので、足元でしっかりアクセントになっています。

黒のテーラードジャケット×青のシャツ×ストライプパンツ

ブーティ×黒のテーラードジャケット×青のシャツ×ストライプパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

少し夏らしさも感じる大人のハンサムコーデ。

人気のテーラードジャケットに青のシャツで上品カジュアル。

アクセントにストライプのシャツで決めつつ、黒のブーティでしっかり引き締めています。

ベージュのリブのセットアップ×白のシャツ×黒のバッグ

ブーティ×ベージュのリブのセットアップ×白のシャツ×黒のバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

今時なリラックス感のある着こなしですね。

ベージュのリブアイテムでやわらかな雰囲気なので、黒のブーティとバッグでしっかり引き締めています。

メリハリのある大人の上品カジュアルコーデです。

ベージュのアウター×ブラウンのブラウス×黒のパンツ

ブーティ×ベージュのアウター×ブラウンのブラウス×黒のパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

落ち着いた秋冬な雰囲気がある色合いと着こなし方ですね。

ロングコートで縦のラインをしっかり作りつつ、アースカラーで上品さとやわらかな雰囲気を表現。

黒のパンツで引き締め、ベージュのブーティで品よくまとめています。

sponsored link

スカート・ワンピーススタイル!

白のタートルネックニット×ブラウンのチェックスカート×ブラウンのバッグ

ブーティ×白のタートルネックニット×ブラウンのチェックスカート×ブラウンのバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

ブラウンを主体とした上品コーデ。

程よいボリューム袖のニットを合わせて可愛く見せつつ、チェックスカートとブラウンのブーティで大人なクラシカルな雰囲気。

また黒のソックスを合わせてブーティとスカートの間のバランスを取っているのも◎です。

ネイビーのトレーナー×白のスカート×黒のレギンス

ブーティ×ネイビーのトレーナー×白のスカート×黒のレギンス

参照元URL:https://wear.jp/

大人可愛い着こなしですね。

清楚な白のスカートにネイビーのスエットを合わせてカジュアルに。

足元は黒のブーティで程よく引き締め、大人カジュアルにまとめています。

ピンクのファーコート×白のタートルネック×グレーのチュールスカート

ブーティ×ピンクのファーコート×白のタートルネック×グレーのチュールスカート

参照元URL:https://wear.jp/

くすみピンクのファーコートで甘すぎないコートが◎

白のタートルネックニットと合わせて、女性らしい雰囲気が抜群。

そこにグレーのチュールスカートと黒のブーティで程よく引き締め、甘すぎない大人の冬スタイルが完成しています。

黒のシャツワンピ×配色ソックス×クラッチバッグ

ブーティ×黒のシャツワンピ×配色ソックス×クラッチバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

黒のワントーンコーデ。

足元は黒のブーティにアクセントに配色ソックスでアクセントに。

バッグもシックな配色で上品カジュアルな着こなしです。

白のカーディガン×グリーンの花柄ワンピース×ベージュのもこもこバッグ

ブーティ×白のカーディガン×グリーンの花柄ワンピース×ベージュのもこもこバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

グリーンの花柄ワンピースに白のカーディガンで甘めな着こなし。

グリーンカラーで合わせているので秋っぽさと程よい大人っぽさが◎

ブーティもグリーンカラーで大人可愛くまとまっています。

sponsored link

人気のブーティ5選!

コーデに合わせやすいブーティは、一足は揃えておきたいですよね。

続いては人気のブーティを紹介しますので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

スクエアトゥ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3499円(税込、送料無料) (2021/7/14時点)

トレンドのスクエアトゥで大人な足元を演出できます。

ベーシックなデザインで着こなしもしやすく、サイドゴアになっているので脱ぎ履きも楽ちん!

また太めのヒールで安定感もあり、無理なくスタイルアップができます。

クロスデザイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4299円(税込、送料無料) (2021/7/14時点)

フロント部分がクロスデザインになってアクセントになっています。

また程よく丸みのある、スッキリとしたポインテッドトゥデザインが可愛いですね。

サイドはジップで脱ぎ履きもしやすく、カジュアルからキレイめまで幅広く使えますよ。

ポインテッドトゥデザイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2480円(税込、送料別) (2021/7/14時点)

トレンドであるマニッシュなハンサムコーデが実現しますよ。

すごしやすいローヒールで安定感があり、合皮ですが適度な光沢もあり上品!

秋らしく落ち着いた大人な着こなしが完成します。

バイカラーデザイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2999円(税込、送料無料) (2021/7/14時点)

シンプルなデザインですが、異素材や前後の色や柄が違うデザインになっています。

大人な遊び心としておすすめで、コーデにインパクトを与えてくれますよ。

また高反発のクッションにサイドゴアで脱ぎ履きも楽ちんです。

ファー付きデザイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2990円(税込、送料無料) (2021/7/14時点)

ファーがついた秋冬らしい1着です。

つま先までぎっしり入って足元をしっかり温めてくれますよ。

また内側にはファスナーもついて脱ぎ履きもしやすく、スエード素材で高級感もあり大人な足元に仕上がります。

ブーティに関連する記事

まとめ

ブーティコーデ

参照元URL:https://www.junonline.jp/

ブーティな大人女子の強い味方!

グッと大人っぽく上品に演出してくれるだけでなく、長いシーズンで使えるのも魅力。

履きこなしテクニックを駆使し、魅力的な足元を作ってくださいね。

今回はブーティコーデ15選!大人女子の履きこなし術とおすすめのブーティを紹介しました。

sponsored link