LINE@の登録はコチラ

ブーツ(白)のコーデ!レディースに人気の白のブーツを紹介!

存在感のある白のブーツは美脚効果抜群で、メリハリもありスッキリとした清潔感のあるスタイルに。

Sponsored Link

ブーツといえば黒や茶系が定番ですが、おしゃれさんが今もっとも注目しているのが白のブーツなんですよ。

ダークな秋冬コーデに華やかさをプラスし、黒や茶系にはない抜け感を演出してくれるのも魅力!

そこで今回は白のブーツのコーデとレディースに人気の白のブーツを紹介します。

 

白のブーツのレディースコーデ!(10選)

白のブーツは着こなし方を間違えるとコスプレ感が出てしまったり、悪目立ちしてしまいそうと敬遠している方も多いのではないでしょうか?

今っぽい着こなしを楽しむならワイドパンツとの組み合わせがおすすめ!

白のブーツの抜け感を生かして、肌の露出を抑えた着こなしに合わせるとうまく着こなすことができるんですよ。

では実際におしゃれ女子の白のブーツのレディースコーデをチェックしてみましょう。

 

ベージュのニット×スラックスパンツ

ベージュのニット×スラックスパンツ

参照元URL  http://wear.jp 

オーバーシルエットのニットのリラックス感が今っぽいおしゃれ感を演出しますね。

グレーカラーのスラックスパンツでマニッシュにまとめて。

そこに白のブーツをプラスすることで軽やかさをキープしながら、上品な着こなしに仕上がっています。

 

 

ノーカラーコート×カーキのキャミワンピ×黒のタートルネック

ノーカラーコート×カーキのキャミワンピ×黒のタートルネック

参照元URL  http://wear.jp 

シックなカラーのコーデに白のブーツを合わせるだけで全体が明るい印象になりますね。

Aラインシルエットでエレガントな雰囲気にまとめて大人なスタイルに。

アースカラーで統一するのも今っぽさを出すポイントですよ。

 

 

茶色のカーディガン×ボーダーTシャツ×デニムワイドパンツ

茶色のカーディガン×ボーダーTシャツ×デニムワイドパンツ

参照元URL  http://wear.jp 

ボーダーTシャツとデニムワイドパンツのカジュアルな着こなし。

カーディガンをラフに羽織ってこなれた印象に仕上がっています。

カジュアル色が強い着こなしにも白のブーツは違和感なく馴染んでいますね。

程よい抜け感を与え、スニーカーよりも上品にまとめてくれますよ。

 

Sponsored Link

 

スヌード×黒ハーフコート

4白のブーツ×スヌード×黒ハーフコート

参照元URL  http://wear.jp 

黒ハーフコートのスタイリッシュな着こなしに、ボリューミーなスヌードがとってもキュート!

ガーリーな着こなしには白の編み上げブーツがクラシカルな雰囲気でマッチしていますよ。

重圧感があるデザインでも白なら爽やかな足元を演出してくれますね。

 

 

白シャツ×ビスチェ×スラックスパンツ

白シャツ×ビスチェ×スラックスパンツ

参照元URL  http://wear.jp 

シアー感のある白シャツにビスチェをレイヤードした旬な着こなしですね。

スラックスパンツでマニッシュな雰囲気を演出するのがポイントですよ。

白のブーツが重くなりがちなシルエットを引き締めつつ、抜け感を与えて女性らしいスタイルに仕上がります。

 

 

黒のカットソー×デニムパンツ

黒のカットソー×デニムパンツ

参照元URL  http://wear.jp 

シックな着こなしが女性らしいシルエットを引き立てますね。

ハイウエストのタックインコーデで、スタイルアップも叶っています。

クールなブラックコーデに白のブーツがよく映え、重心を上げてくれるんですよ。

シンプルだからこそ抜群のおしゃれ感を発揮します。

 

Sponsored Link

 

茶色のブラウス×ロングスカート

茶色のブラウス×ロングスカート

参照元URL  http://wear.jp 

ベージュのロングスカートとフレアスリーブのブラウスの組み合わせは女性らしさ溢れる着こなしですね。

きちんと感がありながらもフェミニンな雰囲気もあり、大人可愛いスタイルに仕上がっています。

そこに白のブーツを合わせることで、スカートのカラーともマッチして脚長効果を発揮してくれますよ。

 

 

ベージュのニット×デニムパンツ

ベージュのニット×デニムパンツ

参照元URL  http://wear.jp 

タートルニットのとデニムパンツの定番スタイルも、白のブーツに変えるだけで都会的な印象に仕上がりますね。

サイドインでこなれ感を演出し、リラックス感漂う着こなしが旬なスタイルを完成させます。

淡いカラーで統一しているので、バッグは黒をチョイスして引き締めるとカッコよく決まりますよ。

 

 

ライダースジャケット×黄色のニット×白のワイドパンツ

ライダースジャケット×黄色のニット×白のワイドパンツ

参照元URL  http://wear.jp 

白のブーツは白やベージュ系のワイドパンツと相性抜群でおすすめです!

黄色のニットを挿し色にして華やかさをプラス。

ライダースジャケットでスパイスを与えれば、大人な甘辛コーデの完成です。

 

 

ピンクのトレンチコート×デニムワイドパンツ×白Tシャツ

ピンクのトレンチコート×デニムワイドパンツ×白Tシャツ

参照元URL  http://wear.jp 

デニムワイドパンツとトレンチコートの着こなしも定番ですが、そこに白のブーツがおしゃれ感を発揮!

スニーカーよりもカジュアルになりすぎず、絶妙なバランスでドレスアップしてくれますよ。

デニムはロールアップすることでより抜け感のあるスタイルに。

 

sponsored link

 

レディースに人気の白のブーツを紹介!(6選)

視線を釘付けにする白のブーツは、初心者の方にはシンプルなデザインがおすすめ!

難しく考えすぎずに、モノトーンを意識したり、ベージュや茶系のアイテムとコーデするとうまく着こなすことができますよ。

続いてはレディースに人気の白のブーツを紹介します。

 

レースアップデザイン

ストレッチ合成合皮の白ブーツはスッキリまとめるミディアム丈。

サイドファスナー付きで着脱も楽チンですよ。

柔らかなストレッチ素材を使用しているので脚にフィットして美脚ラインをキープ。

レースアップがアクセントにもなるので、デニムワイドパンツなど裾からチラ見せするとおしゃれ感抜群ですよ。

 
この商品をもっと詳しくみる
 

 

バックサークルジップがアクセント

白のブーツに慣れていない方も、簡単におしゃれに履きこなせるシンプルなデザイン。

チャンキーヒールが旬な雰囲気を盛り上げてくれますよ。

シャープなフォルムでスタイリッシュな足元を演出。

上品さが漂い、大人な着こなしにぜひ合わせてもらいたい1足です。

 
この商品をもっと詳しくみる
 

sponsored link

 

Dr.Martens/ドクターマーチン

ブーツといえばドクターマーチン!クリーンな白が爽やかな足元を演出してくれますよ。

ワーク感のあるデザインは、ハイカットのスニーカー感覚で履きこなすこともでき、初心者の方にもおすすめ!

オールホワイトで統一された無駄のないシンプルなデザインが、あなたの着こなしを洗練された印象に変身させてくれますよ。

 
この商品をもっと詳しくみる
 

 

ピンヒールで美脚シルエット

レディ感抜群のピンヒールが印象的な白のブーツ。

スカートやパンツスタイルを選ばない絶妙な丈感が魅力的ですよ。

シンプルだからこそ美シルエットが引き立ち、女性らしいカッコ可愛いスタイルに仕上げてくれます。

軽やかな履き心地もおすすめするポイント!

人気のフレアパンツと相性抜群で、旬なおしゃれを楽しめますよ。

 
この商品をもっと詳しくみる
 

 

着脱楽チン

こちらも無駄のないシンプルなデザインの白のブーツ。

シャープなトゥデザインに、ストレッチ性抜群のアッパーでこなれた足元を演出。

ロングワンピースやワイドパンツに合わせるだけで高見えコーデが叶いますよ。

S〜LLとサイズ展開が豊富なのも嬉しいですね。

 
この商品をもっと詳しくみる

 

 

歩きやすさを重視した

【お得なクーポン配布中】2020秋冬新作 【送料無料】ブーツ レディース ショートブーツ ブラック 黒 ショート 太ヒール チャンキーヒール 大きいサイズ 歩きやすい スエード エコレザー フェイクレザー ナチュラル ストレッチ

こちらは歩きやすさを重視した白のブーツです。

ヒールもチャンキーヒールと、少し太めのヒールを採用しています。

アウトソールも柔軟性がありますので、歩いていて固い印象は感じれませんでした。

気軽に綺麗目なコーデをされる方におすすめです。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

他の人と同じファッションはイヤ!

個性を活かしたいそんなあなたにピッタリのアイテムが白のブーツです。

うまく履きこなすことができれば、周りと差のつくスタイリングを楽しめますよ。

ぜひ白のブーツでおしゃれ女子を目指しましょう!

今回は白のブーツのコーデと、レディースに人気の白のブーツを紹介しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ