季節の変わり目に重宝するコーディガン

ロング丈のシルエットになっているので、温度調節だけでなく大人っぽく上品に見せてくれるのが魅力ですね。

ただカーディガンとの違いは?など、ハッキリと違いがわからない方も多くいますので、コーディガンとはどんなアイテムなのか?など、着こなし方をマスターして、よりおしゃれに着こなせられるように、コーディガンを徹底解説!

そこで今回はコーディガンの説明と、お手本コーデを使った大人女子の着こなし方を紹介します。

Sponsored Link

コーディガンとは?

コーディガンとは、「コート」と「カーディガン」を組み合わせた造語

2020年の秋に登場した言葉で、カーディガンよりも厚手、コートよりも薄手、フロントボタンのないロング丈が一般的なデザインです。

コートの上品さをキープしつつ、カーディガンのようなやわらかさを出せる大人女子にピッタリなアイテムで、コートを着るほど寒くないけど、何か合わせないと寒いと感じる季節の変わり目におすすめ!

カーディガンとの違い

着丈と生地の厚さが違い。

コーディガン:カーディガンより生地が厚くロング丈でニットに限定されないアイテム

Sponsored Link

【春/秋の季節に向けて】コーディガンのレディースコーデ10選

同じ季節の変わり目でも、春と秋では雰囲気が大きく違いますね。

春は明るく爽やかなイメージですし、秋は落ち着いた雰囲気ですので、いかにこの違いをコーデに映し出せるかがポイント。

それでは春や秋のコーディガンのレディースコーデを紹介していきます。

春スタイル

グリーンのニット×デニムパンツ×白のパンプス

コーディガン×グリーンのニット×デニムパンツ×白のパンプス

参照元URL:https://wear.jp/

しっかりとメリハリを作った大人カジュアルの着こなし。

デニムパンツを合わせたカジュアルスタイルですが、春らしいグリーンのニットが大人の雰囲気をプラス。

そこにピンクベージュのコーディガンを合わせ、ケーブルニットがやわらかい女性らしさを加えています。

白の花柄ワンピース×黒のバレエシューズ×ベージュのショルダーバッグ

コーディガン×白の花柄ワンピース×黒のバレエシューズ×ベージュのショルダーバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

とても春らしいフェミニンなワンピースですね。

ベージュのコーディガンを合わせて上品さをキープしつつ、甘さのある雰囲気を黒のパンプスでしっかり引き締めています。

コーディガンの縦のラインと黒パンプスでコーデにメリハリを出せているのが◎。

グリーンのニット×白のカットソー×グレーのパンツ×黒のローファー

コーディガン×グリーンのニット×白のカットソー×グレーのパンツ×黒のローファー

参照元URL:https://wear.jp/

こちらはグレーのコーディガンで落ち着いた大人の着こなし。

春らしいグリーンニットに足元は素足見せで軽さを演出。

今っぽく少しオーバーサイズな着こなしが◎です。

グレーのニット×白のサロペット×黒のスニーカー

コーディガン×グレーのニット×白のサロペット×黒のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

サロペットにニットの着こなしがとても可愛いですね。

少しルーズな雰囲気もリラックス感があり◎。

そこにやわらかなシャギーニットの様なコーディガンを合わせて品よくまとめています。

白のカットソー×パープルのパンツ×ベージュのパンプス

コーディガン×白のカットソー×パープルのパンツ×ベージュのパンプス

参照元URL:Instagram(@tmk.crystal)

春らしさと上品な雰囲気をしっかり表現した着こなし。

縦に落ちるスッキリとしたシルエットが大人っぽく◎。

鮮やかなパープルカラーが大人の魅力をしっかり引き上げています。

Sponsored Link

秋スタイル

白のロゴTシャツ×ブラウンのスカート×ブラウンのパンプス×黒のベレー帽子

コーディガン×白のロゴTシャツ×ブラウンのスカート×ブラウンのパンプス×黒のベレー帽子

参照元URL:https://wear.jp/

ふわふわニットのコーディガンが上品で可愛いですね。

Tシャツにスカートのシンプルな着こなしも、秋らしい色合いとコーディガンの上品さで大人っぽくまとまっています。

またアクセントにレオパード柄のバッグを合わせ、個性も出しているのもポイントです。

ベージュのニット×ベージュのプリーツパンツ×ブラウンのブーツ

コーディガン×ベージュのニット×ベージュのプリーツパンツ×ブラウンのブーツ

参照元URL:https://wear.jp/

こちらはアースカラーコーデ。

秋らしく上品さと女性らしいやわらかな雰囲気がありますね。

ブラウンのコーディガンは縦に落ちるゆるテロシルエットが素敵で、程よいリラックス感があり◎です。

ベージュのニット×白のパンツ×ベージュのブーツ

コーディガン×ベージュのニット×白のパンツ×ベージュのブーツ

参照元URL:https://wear.jp/

淡い色合いが素敵な着こなしに、ブラウンバッグが大人の雰囲気をプラス。

コーディガンはオーバーサイズのゆったりシルエットで、リラックス感を出しつつ上品さをキープ。

足元はレースアップブーツで適度な辛口感を作ることで、やわらかすぎない大人の雰囲気が素敵ですね。

黒のスウェット×グレーのワイドパンツ×白のスニーカー

コーディガン×黒のスウェット×グレーのワイドパンツ×白のスニーカー

参照元URL:https://wear.jp/

黒・グレー・白のモノトーンコーデ。

そこにブラウンのコーディガンを合わせることで、シックにキメながらもやわらさがあり◎。

全体的にルースなシルエットが今っぽく、しっかり上品さもキープできています。

黒のニット×デニムのセットアップ×黒のローファー

コーディガン×黒のニット×デニムのセットアップ×黒のローファー

参照元URL:https://wear.jp/

こなれ感たっぷりな大人のカジュアルスタイル。

デニムのセットアップと黒色の2色使いでスマートに見せつつ、全体がデニムなので程よくカジュアルダウン。

コーディガンだけでは少し寒い時は、インナーにアウターを重ね着するのも◎です。

ベージュのニット×デニムパンツ×バイソン柄のパンプス

コーディガン×ベージュのニット×デニムパンツ×バイソン柄のパンプス

参照元URL:https://wear.jp/

今時な旬スタイル!

人気の高いセンタープレスのパンツを合わせて品よくクラシカルに決めています。

そこにグリーンで落ち着きのあるコーディガンを合わせ、品よく大人っぽくまとめていますね。

sponsored link

【冬春】コーディガンのレディースコーデ8選

最近の気温は、冬の時期でもまだ暖かい時ってありますよね。

厚手のコートだと少し合わないし、かといって薄手は少し寒すぎます。厚手素材のコーディガンであればちょうどいい暖かさで着こなせますよ。

寒い冬から春に向けても使うことができます。

ミドル丈以上の着丈のコーディガンを使い、インナーにアウターを重ね着することで、こなれた雰囲気を作ることができますよ。

実際の街中のおしゃれさんのコーデを参考にし、着こなし方をチェックしていきましょう!

続いてはコーディガンのレディースの冬春コーデを紹介していきます。

暖かさが残る冬スタイル

ベージュのパーカー×グレーのタイトスカート×ベージュのレースアップブーツ

コーディガン×ベージュのパーカー×グレーのタイトスカート×ベージュのレースアップブーツ

参照元URL:https://wear.jp/

こちらはグリーンのファーニットコーディガン。

とっても暖かく冬らしい素材で、季節感もしっかりありますよ。

パーカーを合わせてカジュアルダウンしつつ、スカートやブーツで品よく引き締め。

また足元はスクエアトゥのレースアップブーツを合わせ、しっかりトレンドも抑えて素敵ですね。

黒のニット×白のカットソー×黒のスキニーパンツ×バイソン柄のパンプス

コーディガン×黒のニット×白のカットソー×黒のスキニーパンツ×バイソン柄のパンプス

参照元URL:https://wear.jp/

こちらもファーニットコーディガンを使った着こなし。

インナーは黒ニットに白のカットソーでスタイリッシュな重ね着。

黒スキニーで品よくメリハリをつけつつ、ベージュのコーディガンで上品にまとめています。

また足元はバイソン柄を合わせて逃げずに攻めているのも◎。

パープルのニット×ブラウンのプリーツパンツ×白のブーツ

コーディガン×パープルのニット×ブラウンのプリーツパンツ×白のブーツ

参照元URL:https://wear.jp/

こちらは裏ボア仕様のコーディガン。

防寒性もありながら、そこまで厚手の雰囲気を感じずに着こなしができますよ。

またフード仕様でもあるので、上品な着こなしの中で程よいカジュアルダウンもできて◎。

ブラウンのニットワンピース×黒のブーツ

コーディガン×ブラウンのニットワンピース×黒のブーツ

参照元URL:https://wear.jp/

こちらは少し厚手のワンピースを使い、アウターは秋頃に使えるコーディガンで防寒対策。

ベージュとブラウンで落ち着きのある雰囲気も◎

ワンピースはケーブル編みで少しカジュアルな雰囲気もありますが、コーディガンの縦のラインとブーツでしっかり大人っぽくまとまっています。

ベージュのタートルネックニット×ベージュのパンツ×ブラウンのブーツ

コーディガン×ベージュのタートルネックニット×ベージュのパンツ×ブラウンのブーツ参照元URL:https://wear.jp/

ベージュ系で合わせた女性らしい上品コーデ。

コーディガンはウールライクな素材で暖かく、難しい気温時には最適。

パンツスタイルで品よいハンサムスタイルが完成です。

sponsored link

【冬から春に向けて】

デニムジャケット×白のTシャツ×黒のパンツ×黒のスニーカー

コーディガン×デニムジャケット×白のTシャツ×黒のパンツ×黒のスニーカー

参照元URL:Instagram(@nagina001)

ピンクのコーディガンにデニムジャケットの重ね着スタイル。

季節の変わり目にこそ使えるアウターとアウターの重ね着ですね。

春の呼び込む爽やかで女性らしいピンクのコーディガンが映えて◎です。

白のニット×ブラウンのタイダイ柄スカート×ブラウンのブーツ

コーディガン×白のニット×ブラウンのタイダイ柄スカート×ブラウンのブーツ

参照元URL:https://wear.jp/

とても落ち着きのある上品コーデですね。

人気のタイダイ柄のスカートを合わせて春を呼び込み、インナーの白のニットも春の近づきを感じますね。

白のブラウス×ピンクのパンツ×白のパンプス

コーディガン×白のブラウス×ピンクのパンツ×白のパンプス

参照元URL:https://wear.jp/

もうすぐ春かなと感じる着こなし。

白のブラウスにピンクのパンツで爽やかな大人の雰囲気ですね。

そこに黒のコーディガンを合わせて冬らしい落ち着き感もあります。

sponsored link

レディースに人気のコーディガン5選

使い方によっては春や秋だけでなく、ロングシーズンで使えるコーディガン。

あなたはどの時期に活用しますか?

最後はレディースに人気のコーディガンを紹介しますので、ぜひお買物の参考にしてみてください。

やわらかく落ち感のある仕上がり

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4950円(税込、送料別) (2022/8/29時点)

羽織るだけで雰囲気抜群な1着。

ロング丈にサイドにスリットも入っているので抜け感もあります。

やわらかく肌あたりのいい生地は天竺編みでやわらかく、綿100%で風合いもよく高級感抜群!

ほどよいルーズなシルエットで旬な着こなしが叶いますよ。

超ロング丈

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2090円(税込、送料別) (2022/8/29時点)

全体をすっぽりと覆う超ロング丈です。

ドロップショルダーだから、肩のラインを綺麗に見せることができますよ。

シンプルなデザインのコーディガンは着まわし力抜群ですよ。

sponsored link

裏起毛

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3850円(税込、送料別) (2022/8/29時点)

保温性のある裏起毛を使用した1着。

サイドにポケットがついているから、小物をしまうこともできますよ。

リラックスして着ることができるので、デイリーコーデにもおすすめです。

ベーシックデザイン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3990円(税込、送料別) (2022/8/29時点)

コットン100%でできた、敏感肌の方にもおすすめなロングシーズンで使える1着。

ベーシックなデザインは、さまざまなシーンで活躍してくれます。

定番のブラック以外にも、コーデの挿し色になるグリーンやキャメルがありますよ。

ファーニット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:16490円(税込、送料無料) (2022/8/29時点)

袖口がファーニットで仕上げられた高級感のある1着。

手首がもたつかないように、ファーは裏地についているので安心!

また前後差のある着丈になっているので、こなれ感も抜群な仕上がりになっていますよ。

コーデディガンに関連する記事

まとめ

いかがでしたか?

季節の変わり目に重宝するコーディガンですが、コーディガンの素材や着こなし方によっては、ロングシーズンで使えるアイテムでもあります。

ぜひ着こなし方をマスターし、今年は活用してみてください。

そこで今回はコーディガンの説明と、お手本コーデを使った大人女子の着こなし方を紹介しました。

sponsored link