LINE@の登録はコチラ

浴衣の人気ブランド!レディースにおすすめのブランドの浴衣も紹介!

夏のファッションの一つといえば浴衣

夏祭りや花火大会など、夏はイベントが盛り沢山ですね。

Sponsored Link

 

浴衣は季節限定アイテムですので、あまりお金をかけずに着る方もいますが、限定だからこそ力は入れたい所!

とくに浴衣は日本の文化であり、和の落ち着いた雰囲気を表現できるので、デートでは普段とはまた違った印象を見せることで、相手をドキッとさせることができますよ。

ただ季節限定が故に着る機会も少ないので、ブランドの浴衣選びには失敗したくない所ですね。

 

そこで今回は浴衣の選び方から、浴衣の人気ブランドとレディースにおすすめのブランドの浴衣を紹介します。

 

浴衣の選び方を紹介!

デザインはもちろん大事ですが、自分の体型や肌の色にあった浴衣を選ぶ事で、グッと浴衣美人へ近づきます。

 

肌に色合わせた選び方

浴衣は普段の服装と違い、肌の露出がとても低い分、肌色=顔色の印象でガラッと変わってしまいますので、肌色と浴衣色のバランスはとても大切ですよ。

 

色白

色白

参照元URL:https://gift-foryou.com/

純和風なイメージの色白の方は、どんなベースカラーとも相性抜群です。

自分が見せたい印象でカラーで選べばOKですので、やわらかく優しい雰囲気であれば、淡いピンクや白色などの淡い色合いですし、顔色をはっきりさせるなら、白色とは対照的な黒色や紺色がおすすめです。

 

日焼けした肌色

日焼けした肌色

参照元URL:https://wowma.jp/

色合いがしっかりしているので、インパクトのある原色系の黒や紺色に黄色などがおすすめです。

ただ反対に肌色に近い茶色や薄いピンクなどはNG。同系色になってしまうので、顔が引き立たなくなってしまいます。

 

Sponsored Link

 

体型に合わせた選び方

こちらも重要なポイントですよ。

体型に合わせて柄の大きさや色合いを決めないと、浴衣が主張しすぎてしまうなどの問題になってしまいます。

 

低身長な方

低身長な方

参照元:URL:https://4meee.com/

小花柄などの細かい柄で膨張色がおすすめです。

大きな柄だと全体のバランスが悪くなってしまい、着られている感が出てしまいます。

 

高身長な方

高身長な方

参照元URL:https://zozo.jp/

暖色系の大柄なデザインがおすすめです。

高身長だと浴衣の面積も広く、浴衣のデザインをしっかりと見せることができます。また淡いピンク色などのやわらかい色であれば、気になる高身長も目立ちにくくできるのも利点ですね。

NGな浴衣は、その逆ですね。

小さな柄を選んでしまうと、高身長が悪目立ちしてしまい、浴衣の品のよさがなくなってしまいます。

 

大柄な方

大柄な方

参照元URL:https://yukata-sienne.jp/

大柄な方には縦ラインを強調した濃いめのカラーがおすすめです。黒色や紺色、水色などの寒色系で、ストライプ柄などですね。

白色などの膨張色は避けてくださいね。

 

スレンダーな方

スレンダーな方

参照元URL:https://4yuuu.com/

淡い色合いで柄が全体に均一に入っている浴衣がおすすめです。

スッキリとしたシルエットなので、ボリュームのある柄でふんわり感を出すのがポイントですよ。

つまりNGな浴衣は細かい柄です。

こじんまりとしてしまうので避けるのが無難です。

 

Sponsored Link

 

浴衣でレディースに人気のブランド10選

それではさっそく、浴衣でレディースに人気のブランドを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

京都きもの町

ブルーベースにヨットとカモメがデザインされており、少しカジュアルに仕上げた浴衣ですね。

帯もセットになっており、上品なシルバーカラーに竹デザインがしっかりと引き締めてくれます。

清涼感たっぷりな青が素敵で、可愛らしく着こなせますよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

和風館

白地ベースに大きな金魚が描かれたデザインで、とてもインパクトある浴衣です。

人気の変わり織りで快適に着こなしができ、やわらかい雰囲気が◎。

品がありながら近づきやすいやわらかさも兼ね備えていておすすめです。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

tsumori chisato(ツモリチサト)

全体に花火のデザインが散りばめられた、ブランドらしい可愛い仕上がりになっています。

また伝統の本染め注染で上品な色合いで、優しく個性的なデザインが素敵です。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

なでしこ

18種類から選べます。

着る機会が少ない浴衣だからこそ、妥協なく選ぶことができますよ。

またただデザインが多くて安いだけでなく、ブランドだからこそのデザイン性、染料にもしっかりこだわりが詰まっています。

平帯タイプに下駄もセットになっており、ここですべてが完成します!

自分の欲しいデザインがきっと見つかりますよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

撫松庵

幾何模様が個性的で、浴衣に感じないワンピース風なデザインが可愛いですね。

また夏の天敵である汗も、吸水性と拡散性のある生地なので、安心して着ることができます。

着用後は洗濯機で丸洗いもでき、シワになりにくいのでノーアイロンでOKなのも魅力ですね。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

夢展望

高校生や大学生から多くの人気を集めている人気ブランドです。

フラワーハンカチーフ柄がとっても甘くて可愛いデザインでですね。

花束にハートなど、女心をくすぐるデザインが散りばめられ、浴衣、作り帯、腰紐の3点になっています。

男ウケもバッチリな浴衣ですよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

PATTiPATTi

変わり織生地を使用しているので暑い夏も肌にべとつきもなく、通気性もよく着心地は抜群です。

落ち着いた花柄デザインで上品な雰囲気を醸し出せますよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

SOUSOU

こちらは綿100%の生地で作られた浴衣です。

紫と白を使った浴衣になっており、北欧分のデザインがブランドらしい仕上がりになっています。

明るくポップな雰囲気ながら、大人っぽさも感じるおしゃれで上品な浴衣です。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

Bonheur saisons(ボヌールセゾン)

淡く上品ななでしこの花柄と金魚柄がデザインされています。

清楚で上品な雰囲気と清涼感が素敵ですね。

暑い夏も爽やかな雰囲気をまとめ、大人女性におすすめな浴衣です。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

IKS COLLECTION

紺色ベースに青色と白色を使った落ち着いた雰囲気の浴衣です。

所々に大きは花柄が散りばめられ、存在感もしっかりとしていますね。

大人の落ち着いた雰囲気を表現できる浴衣です。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

sponsored link

 

レディースにおすすめのブランドの浴衣を4つ紹介!

ブランドの浴衣は、ファッション界の大御所から大人気アイドルがプロデュースしている可愛い浴衣がたくさんあります。

それでは続いてレディースにおすすめのブランドの浴衣を紹介します。

こちらも参考にしてください。

 

 

Mai Shiraishi

黄色の大きなダリアの花が配されたこちらの浴衣は、乃木坂46の白石麻衣さんプロデュースによるものです。

夏らしいポップな明るさの中に、清涼感と上品さがありますね。

また若々しい雰囲気もあり、大人可愛く着こなしができますよ。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

hiromichi nakano

高級生地を使用するだけでなく、染め、デザインも他とは一線を画する仕上がりになっています。

白と黒の市松に赤とピンクの可愛い桜、金のラメ入りの蝶が舞ったデザインになっています。

白と黒の落ち着いた雰囲気ながらピンク系の可愛い雰囲気もあるなど、まさに大人可愛い雰囲気ですね。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

玉城ティナ×キ・ス・ミ・ス

玉城ティナさんとキスミスのコラボデザインですよ。

グリーンベースに、赤、ピンク、オレンジの花が大きく入ったとても可愛い仕上がり!

また変わり織りの高級感のある生地感もおすすめ!

味わい深いモダンな雰囲気が素敵ですね。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

 

HANAE MORI

ひょうたん状に湾曲した不規則な波状の縦縞の生地を使い、落ち着いた色合いが素敵ですね。

縦ラインでスッキリするだけでなく、丸みのある波状が優しい雰囲気も出してくれます。

爽やかさと上品さを兼ね備えたコーデです。

 

この商品をもっと詳しくみる

 

(関連記事)

 

夏の限定アイテムだからこそ、ブランドの浴衣で夏を満喫したい所ですね。

自分の肌色や体型にあった浴衣を選び、友達、彼氏や旦那さんと、夏の季節を楽しんでくださいね。

今回は浴衣の人気ブランドと、レディースにおすすめのブランドの浴衣を紹介しました。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ