靴下(ソックス)コーデでワンランク上の着こなしを!

普段から何気なく使っている靴下(ソックス)ですが、おしゃれコーデのアイテムとして使うと、グッとこなれた雰囲気を作ることができます。

Sponsored Link

ただ靴下コーデで気になるのが、「幼く見えないか?」「野暮ったくならないか?」という点。

おしゃれに靴下を見せるには、「靴下の長さ」「色の合わせ方」「靴との組み合わせ」「着こなし方」などを意識することで、イメージ通りの靴下コーデが完成します。

そこで今回は靴下コーデ特集!おしゃれな見せ方と、レディースにおすすめのブランドの靴下も紹介します。

靴下コーデの基本テクニック!

まずは靴下コーデの基本テクニック。

靴下コーデをおしゃれに見せる為には、ボトムスorトップス×靴下×靴のバランスが大切です。

基本テクをマスターすれば、さまざまな応用ができますので、ぜひ参考にしてください。

それではさっそく、靴下コーデの基本テクニックを紹介していきます。

ボトムスの丈

基本は膝下からアンクル丈

靴下コーデをおしゃれに見せるコツ:ボトムスは膝下からアンクル丈

靴下コーデの基本はチラ見せでのおしゃれ。

あまり靴下長く見せてしまうと、子供が靴下を目一杯上げて穿いている感じになってしまいますので、ワンポイントで見せるおしゃれを意識するのが大切ですよ。

ポイント
  • ボトムス:アンクル丈
  • スカート:ミディ丈からロング丈

この丈であれば靴下が見える範囲がチラ見せとなり、素肌とのバランスもちょうどよく、おしゃれに見せることができます。

フルレングス丈はロールアップで調整!

靴下コーデをおしゃれに見せるコツ:フルレングス丈はロールアップで調整!

パンツスタイルのこなれテクニックの1つにロールアップがありますね。

定番のアンクル丈+靴下見せもおしゃれですが、ロールアップ+靴下見せで、クラシカルな足元を演出できますよ。

着こなしのバリエーションとして覚えておきたいテクニックです。

ポイント
  • ールアップの丈の長さはアンクル丈が基本

(ロールアップ+足元別のイメージ)

  • ロールアップ+靴下+スニーカーなら垢抜けた印象に
  • ロールアップ+靴下+パンプスなら大人カジュアルに
  • ロールアップ+靴下+ローファーならクラシカルな雰囲気に

靴下の色は黒か白がおすすめ!

靴下コーデをおしゃれに見せるコツ:靴下の色は黒か白

靴下はモノトーンからカラーまで幅広く揃っていますが、まず最初に取り入れてほしいのが黒か白色。

靴下は色が豊富で、どの色でもおしゃれに見せることはできますが、黒と白であれば、普段から着用の靴とボトムスとも色をリンクさせやすく、初心者の方でも違和感なく馴染ませることができますよ。

ポイント
  • 靴下は靴やボトムスと色をリンクさせる
  • 「黒のソックス×黒の靴」は初心者からでも挑戦しやすい

(関連記事)

Sponsored Link

カラーソックスコーデの差し色に使う!

靴下コーデをおしゃれに見せるコツ:カラーソックスはコーデの差し色に使う!

靴下コーデを最大限におしゃれに見せるなら、カラーソックスの活用も必須ですね。

足元からチラリと見えるカラーソックスが、一気にこなれた雰囲気を作ってくれますよ。

ポイント
  • カラーソックス以外のアイテムはワントーンかベーシックカラーがおすすめ
  • 同系色のコーデに同系色の靴下を合わせるなら濃い色合い

(関連記事)

色の組み合わせ方!

靴下コーデ:色の組み合わせ方!

参照元URL:https://info.alumania.net/

カラーソックスを使う場合に悩むのが、色の組み合わせですね。

色選びが苦手な方は、上記の色相環を使えば便利ですよ。

ポイント

ファッションの基本配色は、「ベース7:主2.5:アクセント0.5

靴下コーデに慣れるまでは、アクセントカラーの割合を靴下に活用すると、綺麗にまとまりますよ。

同系色で合わせる場合

靴下コーデ:同系色と反対色で合わせる!

参照元URL:https://polarcolor.net/

同系色とは、メインに使いたい色を決めると、その色の隣にある色が同系色に入ります。

黄色をメインに使う場合は、オレンジ色や明るいグリーンカラーの靴下を合わせる!みたいな感じです。

反対色(対象色)で合わせる場合

靴下コーデ:同系色と反対色で合わせる!

参照元URL:https://polarcolor.net/

反対色と聞けば、対面にある色と勘違いしてしまいそうですが、対面は補色で、補色の隣にあるのが反対色ですよ。

補色(対面)は光と影のイメージですので、はっきりしすぎると悪目立ちしてしまう場合がありますので、反対色を合わせるのが正解です!

Sponsored Link

【靴別】レディースの靴下コーデ22選!

それでは実践編。基本のコツが掴まめれば、あとは全体コーデともバランス!

街中のおしゃれさんのコーデを参考にし、合わせ方をチェックしていきましょう。

靴の種類別に紹介しますので、気になるところからぜひチェックしてください。

それではレディースの靴下コーデを靴別に紹介していきます。

靴下×パンプス!

黒のスキニーパンツ×カーキのボアコート

白の靴下×黒のパンプス×黒のスキニーパンツ×カーキのボアコート

参照元URL:https://wear.jp/

白の靴下コーデ。

パンツとパンプスをカラーを黒でしっかり引き締めることで、白の靴下がよく映えていますね。

モノトーンで合わせて足元をしっかり主張した、真似もしやすくおすすめです。

白のカーディガン×黒の総柄ワンピース

白の靴下×黒のパンプス×

参照元URL:https://wear.jp/

上品なロング丈の黒のワンピース。

こちらも白の靴下に黒のパンプスコーデですが、今度は全体コーデとのカラーリングさせて統一感を演出!

ショートカーディガンでコンパクトに着こなし、メリハリのある着こなしがキープできています。

ブラウンのフレアスカート×黒のボリューム袖ニット

ベージュの靴下×黒の足袋パンプス×ブラウンのフレアスカート×黒のボリューム袖ニット

参照元URL:https://wear.jp/

とても上品な着こなしですね。

こちらの色の組み合わせなら白の靴下でもOKですが、ベージュにすることでソフトな雰囲気で女性らしくまとまっています。

スカートの裾とパンプスの丈感は、靴下がしっかりバランスをとって◎です。

白デニム×ベージュのニットベスト×チェックのチェスターコート

ブルーの靴下×白のパンプス×白デニム×ベージュのニットベスト×チェックのチェスターコート

参照元URL:https://wear.jp/

ブルーの靴下が映えて春らしいコーデですね。

基本は白とベージュで品よく決めつつ、チェックのチェスターコートでクラシカルな雰囲気に。

そこにブルーの靴下がしっかり差し色になり、コーデを華やかに仕上げています。

チェックパンツ×ベージュのシャツ×ブラウンのニットベスト

柄物の靴下×黒のパンプス×チェックパンツ×ベージュのシャツ×ブラウンのニットベスト

参照元URL:https://wear.jp/

柄物の靴下がアクセントになった着こなし。

ベージュ系のワントーンで女性らしくソフトな雰囲気を作っているので、黒のパンプスでしっかりやわらかさを引き締めつつ、柄物の靴下が可愛らしさを加えています。

sponsored link

靴下×スニーカー!

デニムパンツ×キーネックTシャツ×ストライプシャツ

白の靴下×黒のスニーカー×デニムパンツ×キーネックTシャツ×ストライプシャツ

参照元URL:https://wear.jp/

白の靴下に黒のスニーカーは定番スタイル!

ポイントはデニムをロールアップをして抜け感を出しているところです。

Tシャツをインして、ラフながらメリハリのある着こなしが◎です。

白のスニーカー×白のロングスカート×グレーにニットセーター

白の靴下×白のスニーカー×白のロングスカート×グレーにニットセーター

参照元URL:https://wear.jp/

白とグレーは清楚で上品な雰囲気になりますね。

靴下コーデですので、アクセントに靴下にカラーを入れてもOKですが、品よく着こなすならこちらです!

配色切替パーカー×ベージュのプリーツスカート

ベージュの靴下×黒のスニーカー×配色切替パーカー×ベージュのプリーツスカート

参照元URL:https://wear.jp/

基本色をベージュにしたスポーティカジュアルな着こなし。

足元はベージュの靴下でスカートと色を合わせて一体感を作りつつ、黒の文字デザインでアクセント!

足元もスニーカーとも色を合わせているので悪目立ちもなく、コーデのスパイスに一役買っています。

白のスニーカー×黒のレギンス×カーキのキルティグジャケット

白の靴下×白のスニーカー×黒のレギンス×カーキのキルティグジャケット

参照元URL:https://wear.jp/

メリハリのある着こなしですね。

トップスがボリュームがあるので、足元は黒のレギンスでスリムに演出!

足元まで黒だと少し閉めすぎ感があるので、白の靴下とスニーカーで軽やかさも加えてアクセントにしています。

白のスニーカー×デニムパンツ×グリーンのパーカー×キルティングロングコート

白の靴下×白のスニーカー×デニムパンツ×グリーンのパーカー×キルティングロングコート

参照元URL:https://wear.jp/

秋冬の大人のカジュアルスタイル。

キルティングのロングコートが存在感があり重ためな雰囲気でもあるので、足元は白の靴下と白のスニーカーで軽やかさを演出しています。

sponsored link

靴下×サンダル!

黒のシャツ×グレーのデニムパンツ×白のバッグ

白の靴下×黒のグルカサンダル×黒のシャツ×グレーのデニムパンツ×白のバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

こちらは白の靴下に黒のグルカサンダルコーデ。

じわじわと人気が上がっているグルカサンダル。基本は素足が多いですが、靴下と合わせることで、少し寒さを感じる春や秋でも、足元に抜け感を出した大人のサンダルコーデができます。

また足元は全体のモノトーンカラーとリンクさせ、統一感もあるのがおしゃれですね。

白のスカート×ベージュのクロシェ編みスカート

白の靴下×黒のサンダル×白のスカート×ベージュのクロシェ編みスカート

参照元URL:https://wear.jp/

春夏のスカートいえばクロシェ編みスカート。

上品さと程度な透け感のあるカジュアルな雰囲気が◎。

足元は白の靴下でアクセントをつけつつ、黒のスポーツサンダルでこなれた雰囲気に仕上げています。

青のプリーツスカート×白のブラウス×黒のバッグ

オレンジの靴下×スポーツサンダル×青のプリーツスカート×白のブラウス×黒のバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

今度はオレンジの靴下でカジュアルダウンさせた着こなしです。

ブラウスにプリーツスカートで上品な着こなしなので、先ほどとは違い足元で遊びを加えています。

黒のフレアパンツ×黒のニットベスト×白のカットソー

バイカラーの靴下×スポーツサンダル×黒のフレアパンツ×黒のニットベスト×白のカットソー

参照元URL:https://wear.jp/

バケットハットは昨年から人気のアイテムですね。

白と黒でベーシックに着こなし、カジュアルなアイテムでも大人っぽく見せています。

また足元はバイカラーでシックな雰囲気にアクセントをつけていますよ。

sponsored link

靴下×ローファー!

ブラウンのワンピース×ブラウンのバッグ

白の靴下×黒のローファー×ブラウンのワンピース×ブラウンのバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

流行りのレトロガーリーな着こなし。

ワンピスースは襟と袖口がフリルになった、クラシカル+可愛らしさのあるデザイン。

全体をキープするため、足元は白の靴下と黒のローファーで引き締めつつ、靴下はフリルデザインでワンアクセント!

全体のコーデが抜群にまとまった着こなしです。

白のブルゾン×黒のワンピース×リュック

ベージュの靴下×ベージュのローファー×白のブルゾン×黒のワンピース×リュック参照元URL:https://wear.jp/

大人の上品カジュアルコーデ。

白のブルゾンに黒のワンピースでメリハリのある着こなし。

トップスはカラーの強みが強いので、足元はベージュの靴下とベージュのローファーでうまく中和させています。

白のカーディガン×グレーのTシャツ×黒のスカート

黒の靴下×黒のローファー×白のカーディガン×グレーのTシャツ×黒のスカート

参照元URL:https://wear.jp/

モノトーンで合わせた大人の上品カジュアルコーデ。

下半身は黒のワントーンで上品に引き締めクラシカルな雰囲気!そこに白のカーディガンにスポーツブランドのTシャツでラフカジュアルにまとめ、メリハリのある着こなし。

今時なリラックス感が◎。

黒のベスト×白のシャツ×ブラウンのパンツ

白の靴下×黒のローファー×黒のベスト×白のシャツ×ブラウンのパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

こちらは旬な大人のリラックスカジュアルコーデ。

トップスは黒ベスト×白のシャツに、足元は白の靴下と黒のローファーでカラーリンク。

メリハリ色の強いコーデには、茶系のカラーで中和すれば、こなれ感抜群の着こなしになりますよ。

ブルーのフリルニットワンピース×黒のバッグ

黒の靴下×黒のローファー×ブルーのフリルニットワンピース×黒のバッグ

参照元URL:https://wear.jp/

今季のトレンドカラーでもあるブルーのワンピース。

冬らしい寒色系でまとめつつ、他のアイテムは黒でまとめて品よく引き締め。

靴下がスカートとローファーの丈感のバランスもうまく取れていて◎。

ベージュのノーカラーコート×白のニット×チェックパンツ

赤の靴下×黒のローファー×ベージュのノーカラーコート×白のニット×チェックパンツ

参照元URL:https://wear.jp/

赤の靴下にブラウンのローファーでクラシカルさをアップ!

ブラウンのチェックパンツとも相性抜群なので、旬なレトロ感を加えることができますよ。

靴下×ブーツ!

ベージュのロンT×黒のタイトスカート

白の靴下×黒のブーツ×ベージュのロンT×黒のタイトスカート

参照元URL:https://wear.jp/

ブーツに靴下の組み合わせは、コーデに奥行きを作ってくれます。

ベージュ×黒の相性抜群な着こなしコーデに、白の靴下が程よくアクセントになりおしゃれ!

ベージュのジャケット×黒のジャンパースカート×白のフリルトップス

白の靴下×黒のブーツ×ベージュのジャケット×黒のジャンパースカート×白のフリルトップス

参照元URL:https://wear.jp/

大人可愛い着こなし。

黒のジャンパースカートと黒のブーツで上品に引き締めつつ、ジャケットの袖から見せるフリル袖の可愛らしさを中和。

ジャケットできちんと感も作りつつ、上品さとやわらかさが見事にマッチしています。

sponsored link

おすすめのブランドの靴下5選!

ベーシックなカラーで合わせたり、アクセントになるカラー使い、またはデザイン入りで個性を出したりなど、工夫すれば足元だけでもさまざまなおしゃれがありますね。

拘ったコーデをするなら、靴下もただの靴下でなくブランドの靴下がおすすめでです。

それでは最後におすすめのブランドの靴下を紹介していきます。

rasox(ラソックス)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1430円(税込、送料無料) (2022/1/28時点)

女性らしく美しいシルエットで履ける靴下が揃っているブランド。

最大の特徴は世界初の人間工学に基きL字型に作られたシルエットですよ。

靴下を履いた時にシワにならず、綺麗なシルエットで履くことができますので、お出掛けして靴を脱がなくてはいけなくなった場合も、とても綺麗な足元を見せることができます。

ベーシックカラーでコーデにも合わせやすくおすすめです。

FLAKE(ファルケ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1799円(税込、送料無料) (2022/1/28時点)

こちらも人間工学に基づいたモノ作りに定評があるドイツのブランド。

履き心地がとてもよく、少しでも快適な靴下ライフを追求するならこちら!

靴下のサイドにはブランドネーム、甲部分には左右に「R」と「L」が非対称に入っています。

TRICOTE’(トリコテ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2530円(税込、送料別) (2022/1/28時点)

2011年にスタートした国内ブランド。

生産をすべて国内で行い、オリジナルのテキスタイルデザインから生地の開発まで一貫して行っています。

大きな特徴は綺麗な色味!

履くだけでこなれた大人な雰囲気を演出してくれますよ。

marimekko(マリメッコ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1980円(税込、送料無料) (2022/1/28時点)

フィンランドのブランドです。

トレンドに流されない安定感のあるデザインや、ブランド定番のウニッコ柄など可愛いデザインも豊富です。

こちらはウニッコ柄が全面に入った可愛い靴下。

女性らしさを出してくれるアクセントアイテムにピッタリです。

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1056円(税込、送料別) (2022/1/28時点)

大人のリラックスナチュラルが叶うブランド。

細いリブで編みたてられた日本製の靴下です。

やわらかい素材で締め付け感もなく快適ですよ。

ベーシックなカラーが揃っているので、コーデにも合わせやすく、上品な足元を作れます。

まとめ

靴下コーデはいかがでしたか。

少し意識するとこれはどうしたらいい?と思う部分が出てきますが、靴下コーデに大切なのは色とバランスです。

  • 色相環図を活用
  • 最初は黒か白の靴下
  • 靴下と他のアイテムの色を合わせる
  • ボトムスとのバランス

ただの靴下でなく見せるテクニックですので、ぜひポイントを抑えて、うまくコーデに取り入れてくださいね。

今回は靴下コーデ特集!おしゃれな見せ方と、レディースにおすすめのブランドの靴下を紹介しました。

sponsored link