赤シャツのレディースのコーデ!人気の赤のシャツを紹介!

赤のシャツレディースにピッタリのカラーです。

 

赤を選ぶことで顔の表情も華やかになり

明るい印象を見る人に与えます。

 

ビビットな赤や優しい赤色など

色のコントラスとも楽しめます。

 

年齢問わず、キュートなレディースコーデが完成します。

 

今回は赤シャツのレディースのコーデと、

人気の赤のシャツを紹介します。

Sponsored Link

 

赤のシャツのレディースのコーデ

赤のシャツは可愛らしくキュートなイメージを与えてくれます。

 

それでは、赤のシャツのレディースのコーデ

画像で紹介します。

 

是非、参考にしてみて下さい。

 

 

赤シャツ×黒パンツ×白スニーカー

1赤シャツ×黒パンツ×白スニーカー

参照元URL http://wear.jp

キュートな赤のシャツのレディースコーデです。

 

チェック柄赤シャツは、

ざっくりとした大きめなデザインです。

 

黒いスリムなデニムと相性ピッタリです。

 

白いスニーカーでカジュアル感をプラスして

アクティブなスタイルにバッチリです。

 

 

 

 

赤シャツ×ショートパンツ×ショルダーバッグ

2赤シャツ×ショートパンツ×ショルダーバッグ

参照元URL http://wear.jp

少しダーク系赤シャツ

チェック柄ですっきりとした印象です。

 

若々しい黒のショートパンツとコーデして、

ロング丈の赤シャツとバランスが良いです。

 

黒いスニーカーで足元はまとめて、

バッグはキャメルのショルダーバッグ

ファッションポイントアップです。

 

 

 

 

赤シャツ×黒パンツ×ハイヒール

3赤シャツ×黒パンツ×ハイヒール

参照元URL http://media-cache-ec0.pinimg.com

大人レディースらしい落ち着きある

チェック柄赤シャツのデザインですね!

 

グレーカラーのゆるいTシャツに、

黒いスリムなパンツとの赤シャツコーデです。

 

黒いハイヒールで足元もすっきりまとめて

レディースらしいシルエットが美しいコーデに仕上がっています。

 

 

 

 

赤シャツ×白Tシャツ×デニム

4赤シャツ×白Tシャツ×デニム

参照元URL http://wear.jp

カジュアルでボーイッシュな、

赤シャツのレディースコーデです。

 

ジャケット感覚チェック柄赤シャツを羽織り

真っ白なTシャツスリムなネイビーデニムのコーデです。

 

ボーイッシュすぎないレディースらしさが魅力的で、

赤シャツが今回のコーデのポイントですね。

 

 

 

 

赤シャツ×スウェットパンツ×ボーダーカーデ

5赤シャツ×スウェットパンツ×ボーダーカーデ

参照元URL http://wear.jp

優しいソフトな赤シャツはナチュラルな雰囲気です。

 

スウェット素材のグレーパンツのコーデで、

ラフなレディースコーデがオシャレですね!

 

優しいソフト赤シャツに、

赤白ボーダー柄のカーデ肩掛けにしてオシャレ度もプラスです。

 

流行のクラッチバッグなど、

ファッション小物も気遣いを忘れていません。

 

 

 

 

赤シャツ×黒プリントTシャツ×黒パンツ

6赤シャツ×黒プリントTシャツ×黒パンツ

参照元URL http://media-cache-ec0.pinimg.com

ダーク系でまとめた辛口のレディースコーデです。

 

タータンチェック柄赤シャツは、

大きめサイズカーディガンのように羽織っています。

 

黒いプリントTシャツと黒パンツは

一体感あるスッキリとした縦ラインコーデが完成です。

 

ワイルドになり過ぎないコツは、

タータンチェック柄の赤シャツがポイントになっていますね!

 

 

 

 

赤シャツ×黒パンツ×黒リュック

7赤シャツ×黒パンツ×黒リュック

参照元URL http://media-cache-ec0.pinimg.com

全体的に黒で統一した赤シャツのカジュアルレディースコーデです。

 

ストレートな黒パンツに同系のショートブーツで、

脚長シルエットをアピールできます。

 

チェック柄赤シャツ少しロング丈で、

ざっくりとトップスを包みインパクトありますね!

 

高級感ある黒のリュックを肩にかけて

カジュアル過ぎないレディースコーデが完成です。

 

 

 

 

赤シャツ×ワイドデニム×ベーレー帽子

8赤シャツ×ワイドデニム×ベーレー帽子

参照元URL http://pds.exblog.jp

若々しいキュートな赤シャツのレディースコーデですね!

 

鮮やかでベーシックデザイン赤シャツ

ワイドなデニムコーデし、ふんわりとした雰囲気です。

 

黒のベレー帽子もアクセントになり

おしゃれ度アップします。

 

 

 

 

赤シャツ×黒ニット×革パンツ

9赤シャツ×黒ニット×革パンツ

参照元URL http://media-cache-ec0.pinimg.com

大胆なチェック柄赤シャツは、

大きめサイズでゆるく羽織っています。

 

大人の雰囲気を漂わす黒いVニットに黒い革パンツのコーデで、

辛口なレディースコーデが完成しました。

 

チェック柄の赤シャツはファッションアクセントになり、

丁度良いカジュアル感をプラスしています。

 

 

 

 

赤シャツ×ショートパンツ×キャップ

10赤シャツ×ショートパンツ×キャップ

参照元URL http://wear.jp

カジュアル感ある若々しい赤シャツのレディースコーデですね!

 

デザイン性があるチェック柄の赤シャツに、

デニム素材のショートパンツのコーデに仕上がっています。

 

足もとをスラッと美脚に魅せて、

シルエットもレディースらしくオシャレです。

 

ボーイッシュなアクセントになるキャップが

バランス良いポイントになりますね。

 

Sponsored Link

 

レディースに人気の赤のシャツ!

赤のシャツは明るく魅力的なシャツです。

 

自分が買うとなると、

周りのレディースに人気の赤シャツが気になるところですね!

 

続きまして、レディースに人気の赤のシャツを紹介します。

 

是非、参考にしてみて下さい。

 

 

形状記憶の赤シャツ

ワインレッドイメージさせる大人レディースに、

カッコ良くコーデできる人気の赤シャツです。

 

しっかりとしたデザインで、

シルエットもレディースらしくキレイですね。

 

綿とポリエステルの混合素材で、

丈夫なところもポイントですね!

 

形状記憶シャツですから、

気持ち良くレディースコーデが完成します。

 

 

タータンチェック柄の赤シャツ

カジュアルコーデ最適な、

キュートチェック柄赤シャツです。

 

ゆるっとコーデできる鉄板のタータンチェックシャツで、

赤シャツはミニスカートやデニムコーデにピッタリです!

 

少し長めの丈はヒップラインが隠せるところも嬉しいです。

 

腰に巻きつけても可愛いコーデが完成しますのでとても人気ですよ。

 

 

男女兼用サイズの赤シャツ

男女兼用サイズだから誰でもおしゃれ

赤シャツコーデ完成します。

 

オーバーサイズでゆるっとカジュアルコーデやピッタリサイズで、

シャープなコーデも良いですね!

 

サイズはSS~4Lまで豊富に対応しているから、

必ず自分にピッタリのレディースコーデが見つかりますよ。

 

とてもリーズナブルで人気がある赤シャツです!

 

 

ワンピースタイプの赤シャツ

大きいサイズが嬉しい

ワンピースタイプ赤シャツです。

 

ロング丈でふんわりとしたバルーンデザインの赤シャツは、

キュートなレディースコーデが完成します。

 

コットン素材で半袖タイプですから、

今からの季節にピッタリでとても人気です!

 

キュートな細かなチェック柄でスッキリとした印象です。

 

(関連記事)

白シャツのレディースコーデ!人気の白シャツを紹介!

白シャツとチノパンのコーデ!インナーや靴でおしゃれにキメるコツ!

ギンガムチェックシャツのレディースのコーデ!人気のシャツを紹介!

ストライプシャツのレディースのコーデ!人気のストライプシャツを紹介!

ネイビーシャツのレディースのコーデ!人気のネイビーシャツを紹介!

黒シャツのレディースのコーデ!人気の黒シャツを紹介!

ピンクシャツのレディースのコーデ!人気のピンクのシャツを紹介!

春のシャツのレディースのコーデを画像で紹介!シャツを着こなすポイントは?

シャツのブランドでレディースに人気は?おすすめブランドも紹介!

黄色シャツのレディースのコーデ!人気の黄色シャツを紹介!

 

いかがでしたか?

 

今回は、赤シャツのレディースのコーデと、

人気のシャツを紹介してきました。

 

赤シャツは派手なイメージがあるから・・・と

避けていたレディースの方もいたと思いますが、

基本的にチェック柄や無地、ボーダー柄など豊富なデザインなので、

赤シャツはキュートな印象をアピールしてくれますよ!

 

是非、赤シャツコーデにチャレンジしてみてくださいね。

sponsored link

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ